東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

≫ EDIT

2018年3月10日(土)13:30〜 3.11から7年―原発避難者と仲間たち全員集合!大集会&デモ@大阪市中央会館1Fホール

20180310ゴーウエスト@大阪

3.11から7年―原発避難者と仲間たち全員集合!大集会&デモ

3月10日(土)
13時開場、13時半集会開始 大阪市中央会館1Fホール(地下鉄長堀橋駅徒歩5分)

地図:http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016607.html

16時半~デモ出発→難波→中央会館ゴール。18時~交流会(第2会議室)

参加費:500円(避難者無料、交通費補助・保育マットあります)

―避難者はここにいる!集まり、つながり、より幸せに生きのびよう
―放射能被害は拡大中。避難できる住宅、仕事、コミュニティを!
―政府は事実を明らかにし、棄民政策をやめて、避難政策を!
―大飯、玄海…全ての原発再稼動反対!

内容:関西と全国の避難者集合!体験と思いのパネルトーク
・川口真由美さんの歌、山本太郎さん(依頼中)、他
・7年の映像、ピアノ、みんなで歌など
→国内外から大勢集まる難波中心部へデモ行進




【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【院内集会のお知らせ】2018年3月8日(木)「国連人権理普遍的・定期的レビュー(UPR) 福島原発事故関連の勧告の意義とは」11:30-13:00(開場11:00) @参議院議員会館 B104会議室

院内集会の詳細は以下の通りです。

『国連人権理普遍的・定期的レビュー(UPR)福島原発事故関連の勧告の意義とは』

日時: 3月8日(木)11:30-13:00(開場11:00)

場所: 参議院議員会館 B104会議室

講師・発言
伊藤和子:弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
海渡雄一:弁護士、多くの福島原発訴訟を手がけている
ヤン・ヴァンダ・プッタ: グリーンピース放射線防護スペシャリスト ※逐次通訳つき
松本徳子:避難の協同センター代表世話人、避難区域外から神奈川県へ避難
森松明希子:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・原発賠償関西訴訟原告団代表、避難区域外から関西へ避難 

参加費:無料      
*当日は、参議院議員会館ロビーにて通行証配布を行います。
お申し込み:http://bit.ly/2C4hGBE


【勉強会のお知らせ】原発事故と人権侵害:国連人権理普遍的・定期的レビュー(UPR)
福島原発事故関連の勧告の意義とは

2017年11月に、国連人権理事会作業部会で、日本に対する217もの勧告が各国から出されました。勧告のテーマは、死刑廃止、女性差別、移住労働者の権利、児童の権利など多岐に渡っています。
そのうち、オーストリア、ポルトガル、ドイツ、メキシコは原発事故被災者対応について勧告しています*1。日本政府は3月16日、国連人権理事会本会合(2月26日〜3月23日まで開催)で、受け入れについて態度表明をする予定です。
それに先立ち、この国連人権理事会作業部会で出された日本政府への勧告は、どういった意義をもつものなのか、さらには福島県での放射線調査の最新報告も交えた院内勉強会を開催します。
講師として、これらの勧告の被災当事者および日本にとっての意義を、被災当事者、福島裁判を多く手がける海渡弁護士、UPR(人権理事会とその普遍的・定期的レビュー)プロセスに積極的に関わってきた伊藤弁護士のお二人から、国連勧告の意義についてお話しいただきます。なお、福島県での放射線調査を2011年から継続してきた、グリーンピースの放射線防護スペシャリストから最新の調査報告をします。そして、避難区域外から避難されている当事者の方々からも発言をしていただく予定です。
多くの市民のみなさんの参加をお待ちしています。
ぜひお集まりください。


(参照)【勉強会のお知らせ】原発事故と人権侵害:国連人権理普遍的・定期的レビュー(UPR)福島原発事故関連の勧告の意義とは | 国際環境NGOグリーンピース http://bit.ly/2sDEVD9

20180308UPR院内集会


| まなび隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年3月4日(日)「見て、聴いて、考える 7年目の福島」展示会・講演会「母子避難、心の軌跡」(森松明希子)のご案内@香川県高松市

20180304@高松講演

イベント名  「見て、聴いて、考える 7年目の福島」

開催期間 2018年3月2日(金)〜2018年3月4日(日)

3月2日は12:00から。
3月4日は18:00まで。

森松明希子さん(東日本大震災避難者の会「Thanks&Dream」代表)の講演会は
3月4日(日)14:00~16:30 瓦町FLAG8階 高松市市民活動センター会議室

開催時間 10:00~20:00

料金 料金 写真展は無料 講演会は500円(学生無料)

開催場所 瓦町FLAG8階 アートステーション ギャラリー

住所 香川県高松市常磐町1丁目3-1

アクセス [公共交通]ことでん瓦町駅

駐車場 あり 448台
     瓦町駅ビル地下駐車場、その他、周辺の駐車場多数

お問い合わせ 087-813-0715
        NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト


聴いてください、福島の声
広河隆一さんの写真と「DAYS JAPAN」の福島関連記事のパネル、県内高校書道部の書による「避難者あるある五七五」の展示と、郡山市から大阪に母子避難している森松明希子さんの講演を通して、今、福島で何が起きているのか、そして、私たちに何ができるのかを考える。 ※講演会は託児あり(無料・3月1日までに要予約)協力:コープ自然派しこく、後援:香川県、香川県教育委員会、高松市、高松市教育委員会

避難者のお話は
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 00:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年3月2日(金)〜2018年3月4日(日)「見て、聴いて、考える 7年目の福島」展示会・講演会のご案内@香川県高松市

20180304@高松講演

イベント名  「見て、聴いて、考える 7年目の福島」

開催期間 2018年3月2日(金)〜2018年3月4日(日)

3月2日は12:00から。
3月4日は18:00まで。

森松明希子さん(東日本大震災避難者の会「Thanks&Dream」代表)の講演会は
3月4日(日)14:00~16:30 瓦町FLAG8階 高松市市民活動センター会議室

開催時間 10:00~20:00

料金 料金 写真展は無料 講演会は500円(学生無料)

開催場所 瓦町FLAG8階 アートステーション ギャラリー

住所 香川県高松市常磐町1丁目3-1

アクセス [公共交通]ことでん瓦町駅

駐車場 あり 448台
     瓦町駅ビル地下駐車場、その他、周辺の駐車場多数

お問い合わせ 087-813-0715
        NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト


聴いてください、福島の声
広河隆一さんの写真と「DAYS JAPAN」の福島関連記事のパネル、県内高校書道部の書による「避難者あるある五七五」の展示と、郡山市から大阪に母子避難している森松明希子さんの講演を通して、今、福島で何が起きているのか、そして、私たちに何ができるのかを考える。 ※講演会は託児あり(無料・3月1日までに要予約)協力:コープ自然派しこく、後援:香川県、香川県教育委員会、高松市、高松市教育委員会


| 避難者の「声」をとどけ隊 | 01:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【毎日放送ラジオ】 2018年2月25日(日)午前5時半~6時の「ネットワーク1・17」で3.11避難者の学校授業の様子が放送されます!

東桃谷小学校で東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)森松明希子さんが行った(1月20日)講演の模様が、
2月25日(日)午前5時半~6時の「ネットワーク1・17」で放送されます!


23日(金)に番組ホームページで告知されます。
http://www.mbs1179.com/117/


朝早い放送なので聞いていただくのは難しいと思いますが、
放送後1週間はラジコのタイムフリーでいつでも無料で聞いていただけますし、
http://radiko.jp/#!/timeshift
放送の3日後以降は、番組のポッドキャストで聞いていただけます。
http://www.mbs1179.com/117_p/

できるだけ沢山の皆さまにお聴きいただければ幸いです。


東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)メンバーは、結成当初から、
沢山の学校・教育現場の皆さまに3.11を「伝える」、
原子力災害を含む複合的大災害の事実を共有し教訓としてご一緒に考えていただく機会に
数多く参加・参画させていただきました。
これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から7年目を迎え、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com


| 【学校に声をとどけ隊】 | 00:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT