東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「必要だから避難した。本当に悲しい」母親コメント全文

2016年12月14日 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJDG5HKVJDGUTIL02P.html

東京都千代田区の区立中学校で、原発事故のため福島県から自主避難している生徒がいじめを受けた問題で、母親の代理人弁護士が14日、会見を開いた。「悲しみで胸が張り裂ける思いです。子供にどんな非があるのでしょうか。避難者ということで揶揄(やゆ)されること自体、理解に苦しみます」との母親のコメントを発表した。
「福島さん」といじめられ… 原発避難生徒におごり要求
 学校の調査で、この生徒は同学年の3人におごるよう要求され、お菓子など計約1万円分を買わされていたことが判明。区教委が第三者による調査を進める。弁護士は「避難者を差別し、さげすんでもいいんじゃないかという風潮がある。大人の社会の避難者いじめが根本的にあり、子供がまねをしているのが原因。いじめが行われなくなるような調査を期待する」と述べた。

 
■いじめを受けた生徒の母親のコメント

「福島菌」「うつすなよ」 母親が明かす避難生徒いじめ
なぜ、こんなに辛(つら)い思いをしなければならないのか。

どれだけガマンして来たのだろうか。

どんな思いで毎日を過ごしていたのか。

私に必死に隠し続けたこれまでの出来事を知り、悲しみで胸が張り裂けるおもいです。

原発事故からもうすぐ6年。

子どもは、人生の約半分の時間を避難先である東京で過ごし、もはや、福島の方言すら話すことはできません。

他のお子さんと何ら変わらない、普通の子です。

時々おどけてみたり冗談を言って私を笑わせたり、家庭内ではとても楽しい子ですが、学校の話はあまりしたがらない事が気掛かりではありました。

そんな折、横浜の件が報道され、新聞を目にした子供が発した「避難者あるあるだね。少なからずこんなの誰でもされてること」という一言が今回の件が発覚する足掛かりとなりました。

私たちは親として子を思い、必要だと思ったからこそ避難するという道を選びました。

それが結果としてイジメにつながるとは本当に悲しいことです。

区域外避難なので、私たちに多額の賠償金はありません。

福島に仕事を持つ夫を残し、母子避難を続けているので、決して生活に余裕があるわけではありませんが、とりたてて誰に迷惑を掛けることもなく、ひっそりと生活しています。

私たちは何も悪いことをしていません。

まして子供は、親が避難を決めたが為に、自身の考えとは無関係に東京で避難生活を送る事になったに過ぎません。

その子供にどんな非があるのでしょうか。

避難者ということで揶揄(やゆ)されること自体、理解に苦しみます。

| 【学校に声をとどけ隊】 | 14:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【学校に声をとどけ隊】からのお願い

※【学校に声をとどけ隊】からのお願いです。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)はこれまでも
学校教育の現場で、防災教育や災害時における人権擁護の観点からも
特に事実や実体験をお伝えすることで今後の教訓として活かしていただけますよう
お話しの機会の提供をお願いしてきました。

このたび、横浜自主避難者いじめ事件の報道を受けて、
ますます事実を知っていただく必要性を感じております。

特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、それ以外でも311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層いただけましたら幸いにございます。

避難者の会サンドリは、
『当事者自身がアーカイブ♪』をモットーに、
活動を続けています。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
sandori2014@gmail.com

サンドリロゴ小

(参照記事)
【毎日放送】2016年11月16日「原発避難者に対するいじめについて」再発防止は事実(何が起きていたかという被害の事実)と向き合わずしてはありえないと思うのです。 いじめも原子力惨禍もそれは同じ。(情報番組「ちちんぷいぷい」) 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html

【関西テレビ】2016年12月5日 「原発避難でいじめ 氷山の一角か」今こそ周りの大人たちは事実を正しく理解してほしい(ニュース情報番組「みんなのニュースワンダー」)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1347.html

| 【学校に声をとどけ隊】 | 01:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年11月25日(金)『福島から大阪 へ 母子避難、心の軌跡 〜「避難の権利」と憲法 〜』同志社大学科学史・科学論ゲスト講演・森松明希子・講演@同志社大学

11月25日(金)同志社大学今出川キャンパスにて

「福島から大阪へ 母子避難、心の軌跡
    〜「避難の権利」と憲法 〜」

ゲスト講演・森松明希子

 
同志社大学(科学史・科学論)で教鞭をとられている藤岡毅先生からのご案内です。

11月25日(金)同志社大での私の講義の中で
森松明希子さんに
「福島から大阪へ 母子避難、心の軌跡
    〜「避難の権利」と憲法 〜」

というタイトルでゲスト講演をしていただきます。

講義は3限目(13:05〜14:40)、4限目(14:55〜16:25)に今出川キャンパスで行われ
ます。この講義自体は同志社学生の正規の授業なので公開授業ではありません。しか
し、森松さんの講演活動のサポートという位置付けでしたら、事前に私の方にメール
などでご連絡いただければこの講義に参加していただけるように計らいます。

藤岡毅
同志社大学嘱託講師(科学史・科学論)
工学修士・博士(比較文化)
Jcf10563@nifty.com


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


(参照)
20151120@同志社大学 感想800人分
2015年度の講演→【感想が届きました!】11月20日(金)午後~ 同志社大学の科学史・科学論 ゲスト講義「原発事故 福島からの母子避難 ~福島の現 実と避難者の苦しみ、そして訴訟へ~ 」@同志社大学今出川キャンパス 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1282.html

2014年度の講演→【感想】2014年11月14日「科学史・科学論」森松明希子氏講義(藤岡毅先生)@同志社大学 を聴いて下さった同大生の皆さんのご感想
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

| 【学校に声をとどけ隊】 | 00:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【報告】7月6日@旭区民ホールでの人権教育講演会「母子避難 心の軌跡」~子どもたちに安心できる未来を~の感想文が届きました。

【報告】7月6日@旭区民ホールで行われました
人権教育講演会「母子避難 心の軌跡」
~子どもたちに安心できる未来を~


お聞きくださった先生方からの感想文が届きました。

20160906 人権教育講演会@旭区(感想)


| 【学校に声をとどけ隊】 | 17:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者の報告】9月6日(火)、教職員地域研修 旭区人権教育講演会@旭区民センターで 大阪市立校園の教職員の方々に 3.11避難をお話しさせていただきました。


「行ってらっしゃい
子どもを送り出した瞬間から
先生方には子どもの"命"預けてます。」

9月6日(火)、教職員地域研修 旭区人権教育講演会@旭区民センターで
大阪市立校園の教職員の方々(現職の小・中学校の先生方)を前に
3.11避難をお話しする大変貴重な機会をいただきました。

先生方が本当に熱心に耳を傾けてくださり、
沢山の3.11避難の事実を先生方と共有していただくことができました。
心から感謝です。

私は大阪の小学校で育ちましたが、
大阪は昔から人権教育に熱心に取り組まれてこられていました。
そのことにも深い感謝と尊敬の思いをもっていますが、
昨日もまた、お忙しい先生方であるにもかかわらず、
本当にたくさんの先生方が参加してくださり、
熱心に聞いてくださる学校の先生方の真摯なお姿に、
本当に感銘を受けました。
ありがとうございました。

私の話は、
避難者が100人いたら、その100分の1でしかありません。
それでもその100分の1を言葉に変えて伝える、
その意味はあると思うのです。

まだもう少し、「避難」を続けさせて下さい。
そしてそのことをご理解下さい。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

子どもたちが最も多くの時間を過ごす学校生活でも、
そして防災、減災および人権教育でも
3.11の事実と避難が教訓として活かされますように・・・

心からの願いと感謝をこめて
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
代表 森松明希子

ブログ  http://sandori2014.blog.fc2.com
連絡先  sandori2014@gmail
20160906旭区民センター

【3.11避難者の声(報告)】20160907

| 【学校に声をとどけ隊】 | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT