東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【朝日デジタル】核時代を終わりに チェルノブイリ30年、大阪でシンポ(04月03日 18:48)

核時代を終わりに チェルノブイリ30年、大阪でシンポ

04月03日 18:48

(朝日新聞)

 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故から今月で30年になるのに合わせ、発生5年を迎えた福島原発事故とともに考える国際シンポジウムが3日、大阪市内で開かれた。参加者らは、広島・長崎で始まった核時代を福島で終わりにしよう、と訴えた。

 チェルノブイリ事故で放射能汚染地区から移住したベラルーシのジャンナ・フィロメンコさんは「『平和の核』と呼ばれる原発が故郷の大地に黒い傷痕を残した。住んでいた家を捨てることがどんなにつらいことか」と発言。汚染地区に住み続けるロシアのパーベル・ブドビチェンコさんは「原発事故が起きても、政府は真実を隠す。原発推進の国際組織に対抗するためにも、市民が世界の核被害者をつなげていく必要がある」と強調した。

 福島から参加した馬場有・浪江町長は「風化と風評被害。この二つの風に悩まされている。事故原因と責任の究明もなく、再稼働に動いている。(東京電力幹部の)強制起訴による究明に期待している」と述べた。(核と人類取材センター・副島英樹)


(記事引用)http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASJ434CM5J43PTIL00B.html

関連記事

| ニュース・関連報道 | 00:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT