東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月5日(土)「フクシマ 5年の今」 ー子どもたちの命と健康を守るー 〜チェルノブイリ30年に学ぶ ●保養の経験 ●避難者の声〜


「フクシマ 5年の今」 ー子どもたちの命と健康を守るー
〜チェルノブイリ30年に学ぶ ●保養の経験 ●避難者の声〜

日時:3月5日(土)12:00〜21:00
場所:ひとまち交流館 大会議室 http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
   河原町五条下がる東側
   京都市バス 4、17、205系統「河原町正面」下車
参加費:1000円(開催中の出入りは自由です) 避難されている方500円
 ☆高校生以下無料
保育:要予約 090−1248−3321 佐竹

プログラム
プロローグ:(12:00〜13:30)DVD上映「福島のいま・日本のいま」
(講演・小出裕章 博愛社2015.2収録)
◇第1部 「保養・避難について」(14:00〜17:30)
●DVD上映「ベラルーシのこども 京都での受け入れ」(チェルノブイリ連帯基金
京都 1992記録)
●映像報告「チェルノブイリ28年目のこどもたち ? 低線量被曝の現場から」

◇保養の取り組みから
・まつもと子ども留学基金(松本)
・シェアハウス やすらぎの泉(岡山)
・びわこ☆1・2・3キャンプ(滋賀)
・元気いっぱいびわこキャンプ(滋賀)
・ゴーゴー!ワクワクキャンプ(京都)
・「丹後の海(たんごのかい)」(京都)
 ほか

◇ウクライナダンス・寺田バレエアートスクール

◇休憩(17:40〜) DVD上映「チェルノブイリ28年目のこどもたち ? 
いのちと健康を守る現場から」

◇第2部 「避難者の声を聴く」(18:30〜19:30)
●避難者の声を聴き合いましょう(避難者の皆さんのリレートーク)

◇第3部 講演(19:30〜21:00)
●阪南中央病院副院長 村田三郎
 「福島原発事故による健康被害にどう向き合っていくのか
   〜被曝労働者に向き合ってきた経験から考える〜」

主催:日本チェルノブイリ連帯基金京都 (075−591−7772 馬庭)
   鉄道展・東北を旅して実行委員会 (090−1248−3321 佐竹)

協力 3.11後の健康被害を考える会


同時開催:鉄道写真展ー東北を旅して(その8)
 3月4日(金)〜11日(金)10:00〜17:00 (5日は21時まで)
 ひとまち交流館京都1階展示コーナー
 ●フクシマ(避難者の声)コーナー
 ●DVD上映
協力:同志社大学鉄道同好会OB会 クローバー会
展示協力 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
関連記事

| おはなし隊 | 02:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT