東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.7

【神戸ルミナリエ企画2014 避難者の声 No.7】

福島県郡山市から大阪府高槻市に家族で避難しています。もう「移住」と言ってもいいのかもしれません。「子供たちが大きくなるまでは帰らない」と決めているのですから‥
私はこの高槻市に越して来るまでに避難所も含め、三ヶ所移動をしました。どの場所でも本当にいい方との出逢いに恵まれ、関西の人たちの心の温かさ、懐の深さを感じました。もちろん今の土地でも感じます。本当に有難い気持ちでいっぱいです。
それまで、私達夫婦は一度も福島県を離れて暮らしたことがありませんでした。「避難」は大きなチャレンジであり、冒険でした。「子供たちを守りたい」気持ちは一緒でも、夫婦だからと言って同じことを感じるとは限りません。子供たちも然りです。
慣れない土地での生活で、それぞれに頑張ったと思うのですが、比較的子供たちは周りに溶け込むのが早かったと思います。大変だったのは夫ではないでしょうか?仕事に慣れず、会社を辞めては探すのを繰り返し、焦ることもあったと思います。最後は「福島県に帰って除染の仕事をしようか」とも思ったそうです。今は、そんなこともなく、なんとか大阪府で仕事をしています。「子供たちのために‥」と歯を食いしばって頑張っている夫にも感謝です。
震災によって日々の当たり前のことに、感謝し、幸せを感じる(アップダウンありますが(笑))毎日です。ただ、大阪も大好きですが、本当だったら福島県に帰りたいです。「単純には帰れない」そんな土地になってしまい、悲しんでいいのか怒っていいのか、感情の行き場がないときもあるのが実情です。

                       福島県郡山市→大阪府高槻市
関連記事

| 【2014年神戸ルミナリエ企画】 | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT