東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【3.11避難者の感想】映画「小さき声のカノン」@東大阪〜すべてが私自身の311後の行動や気持ちと重なり、 涙なしには観ることができませんでした(東京→奈良)

9月22日「小さき声のカノン-選択する人々」@東大阪イコーラム
20150922小さき声のカノン@東大阪
映画「小さき声のカノン」を観た3.11避難者から感想を頂きました!

日本中のすべての人に観ていただきたい映画です。
特に、311は過去のこと、遠い世界の出来事だと思っている方達に。

パートの仕事を探している最中で、
映画、観にいけないと思っていましたが、
予定を前倒しで終わらせ、観ることができました。

関東の子供たちも保養に出ないと!と
重要なメッセージがありました。
大切な人たちを
置いて来てしまった、捨てて来てしまった、という後悔もありながら、
「大丈夫」「風評被害」という大きな流れを
変えられないまま4年が過ぎてしまいました。

「私たちは国に捨てられたんです。」という
野呂さんの言葉、
福島で子供たちが内部被爆しないように頑張るママたち、
北海道に保養に行って、移住しようか迷うママたち、
すべてが私自身の311後の行動や気持ちと重なり

涙なしには観ることができませんでしたが、
避難移住ママたちに会え、
胸の中の気持ちを吐き出し、
また頑張って生きていくことができます。

2015年9月25日
                       東京→奈良 匿名
関連記事

| 【映画「小さき声のカノン」】 | 15:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT