東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

9月12日(土)14時〜 第23回避難者・原告交流会in豊中@とよなかステップ

第23回避難者・原告交流会in豊中

日時  9/12(土)14時~ 

場所  とよなかステップ(阪急豊中駅西すぐ)

参加費 300円 避難者は無料 

問合せ 090-6324-6971

内容 千葉県から避難したお母さんのお話など

主催  放射能から豊中の市民・子どもを守る会


20150912豊中


■主催者様よりメッセージ■

今回の「避難者交流会」は、思春期になった子どもは今何を思うのか —、
子どもの視点で話していただきます。
千葉県松戸市から大阪市に避難されたお母さんのお話し。
親子で原発事故被害損害賠償裁判原告になっておられます。

これまで22回の避難者交流会を積み重ねてきました。
振り返ってみると、過去の避難者・原告の皆さんのお話しは、
すべて、母親の視点、父親の視点、
総じて「大人の視点からの避難の経緯・思い」のお話しでした。

原発事故から4年半、
あの時点では幼く自分の思いを語れなかった子どもたち
今は、中学生、高校生・・・になっています。
今回の「避難者交流会」では、
4年半経った今だから親にも言えた、書けたとい
う子どもの側の思い・事実を(保護者による子どもの手記の代読と補足という形
で)語ってもらいます。


子どもたちは3.11をどう受け止めていたのか、またこの4年半を避難先の学
校で地域でどう生きてきたのか、そして現時点でどう受けとめているのか・・・、
多くの不安の中で逞しく生きている子どもたちの声を聴き取る場になることでしょ
う。

そして、私たちの取り組みが、避難者・原告の方々の想いをしっかりと受けとめ
つつ、脱原発・脱被ばくの行動によりいっそう確かに深くつながっていくものに
していきたいと思います。

・日時:2015年9月12日(土) 14:00(13:30開場)〜16:30
・会場:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ・セミナー室2A
    (阪急豊中駅すぐ隣「エトレ豊中」5階)
・参加費:300円/避難者、高校生以下無料
*保育:同室にお入りください。

*詳しくは、ブログのチラシをご覧ください。
http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/
関連記事

| おはなし隊 | 08:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT