東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【みんな地球の子どもじゃん】パパに会いたいプロジェクトの報告記事より【3.11母子避難者の声】

NPO法人 みんな地球の子どもじゃん様の
【パパに会いたいプロジェクト】のおかげで、
2015年GW,
この関西の地でも多くの避難世帯が家族再会を果たすことが出来ました。
避難世帯にとって5年目の今、
真に必要なご支援に、心より感謝申し上げます。

Webサイトにて、報告レポート記事を掲載していただきました。
多くの避難者の感謝の【声】も寄せられています。
 ↓
http://chikyuunokodomo.wix.com/papaniaitai#!readyfor-report1/clzz
 ↑
「レディーフォー報告」1〜6および「寄せられた声」メッセージ1〜6
どうぞすべてお読みくださいm(_ _)m

是非広く皆様に、災害により一家離散生活を送りつづけている
「避難者の声」を多くの方々にお読みいただけましたらと思います。

【3.11母子避難者の声】

今回、パパに会いたいプロジェクトに参加させて頂き、ありがとうございます。
初めて参加させて頂きますが、このようなご支援は本当にありがたいです。
大阪に母子避難をして4年目になります。

今回はゴールデンウィーク中の企画でしたので、とても助かりました。
なぜなら、今までゴールデンウィーク中に主人が来阪したことはないからです。
理由は交通費が高いからです。
お陰様で、家族4人で外出することができ、子供達も大喜びでした。

3ヶ月に一度くらいは主人は来阪しますが、
平日も含まれているため、母親である私が仕事だったり子供達が学校だったりで、
思うように出掛けられないのが現実でした。
ですが、ゴールデンウィークは私も子供も休みのため、
家族4人で過ごす時間が多かったので有意義な時間を過ごすことができました。

主人はいつも言います。「一番かわいい時期を見逃して悔しい。」
慰める言葉もなく、二人で黙ってしまいます。
今、小学4年の息子は数年で反抗期がきます。
その時に「私一人で対応できるのか…」先の見えない生活なので、不満不安も沢山あります。
それでも家族の結束を強めるために、少しでも多く家族4人揃って、話したり笑ったりすることは大事だと思います。

今回、このようなご支援があることを知って
「なんてありがたい支援なんだろう!」と衝撃的でした。

本当に感謝しています。ありがとうございます。

(NPO法人みんな地球の子どもじゃん様[パパに会いたいプロジェクト]
クラウドファンディング報告2015年2015年5月1日~5月6日N様より)


☆2015年夏 パパに会いたいプロジェクト夏休み募集記事はコチラ

(参照)
NPO法人 みんな地球の子どもじゃんWeb Site
関連記事

| 避難者の「声」をとどけ隊 | 06:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT