fc2ブログ

Entries

国連人権理事会で原発事故避難者が支援訴え | NHKニュース 2018年3月20日 5時33分

20180320NHKnユース.jpg

国連人権理事会で原発事故避難者が支援訴え | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/.../20180320/k10011371701000.html
3月20日 5時33分

東京電力福島第一原子力発電所の事故をめぐり、国連人権理事会で、ドイツなどが日本政府に避難者への支援の継続などを勧告するなか、避難者の1人がスイスで開かれている国連人権理事会で演説し、国際社会に支援を訴えました。
演説を行ったのは原発事故のあと、福島県郡山市から大阪市に避難した森松明希子さん(44)です。
国連人権理事会では去年11月、ドイツなどが、原発事故の影響を受けた住民や自主避難者への支援を継続するよう勧告していて、森松さんは19日、NGOの招きでスイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会で演説しました。
このなかで森松さんは、「日本政府は、汚染された地域への帰還を進める政策にばかり力を入れている」と批判したうえで、原発事故の2か月後に当時3歳と生後5か月の2人の子どもを連れて避難した自身の経験を踏まえ、「子どもたちをさらなる被ばくから守ることに力を貸してほしい」と国際社会に支援を訴えました。
これに対し、日本政府の代表は「原発事故の被災者や避難者が今もなお不自由な生活を送っていることを念頭に復興を加速させることに全力を尽くす」と述べました。
日本政府は、原発事故をめぐる国連人権理事会での勧告を受け入れるとする一方で、法律に基づき必要な支援は行っているという立場を示しています。
森松さん「世界の共通認識に」
演説の後、森松さんは「耳を傾けているような空気感がすごく伝わってきたので、原発事故の後の人権状況をちゃんと伝えることができたと思う」と手応えを述べたうえで、「平和な暮らしは目に見える戦争などの惨禍で失われるだけでないというのを原子力災害を通じてわたしたちは日本で経験したので、世界の共通認識にしてほしい」と話していました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2798-f4af357a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

01 | 2024/02 [GO]| 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム