fc2ブログ

Entries

2021年12月11日(土)特集上映&避難者トーク企画 「3.11を改めて考える~原発問題を中心に~」第2回:海外とつながり、海外に学ぶ@シアターセブン(大阪・十三)

上映作品決定‼
チェルノブイリに学ぶ
『真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って』
(2004年/ウラディミール・チェルトコフ監督/51分)


20211211「真実はどこに?」野呂美香さんトーク@シアターセブン(大阪).jpg

特集上映&避難者トーク企画
「3.11を改めて考える~原発問題を中心に~」
第2回:海外とつながり、海外に学ぶ


開催日
2021年12月11日(土)

時間
17:15開場/17:30開演

タイムテーブル
・17:30〜開会あいさつ:森松明希子さん
・17:40〜映画『真実はどこに?』上映
 避難者からの一言:下澤陽子さん 他
・18:45~トーク
 ゲスト:野呂美加さん(NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」代表)

イベント概要
2011年3月11日に発生した東日本大震災より10年が経ちます。
ここ関西でも、多くの避難者を受け入れ、被災地支援・避難者支援・脱原発など、様々な活動が展開されてきましたが、いまだ明らかにならない問題も多いまま、原発問題・避難者への対策・被ばく対策など、不十分なまま、風化が進んでいます。

3.11関連の映画・映像作品も数多くとられましたが、十分に観る機会がないままの作品も多い状況です。
10年という節目に原点に立ち返り、被災者・避難者の声に耳を傾けながら、作品をみて考える特集上映を継続して行っていきます。

各回上映後には、監督や出演者をはじめゲストをお迎えしてのトークも、リモートを活用しながら開催予定です。

<協力:東日本大震災避難者の会 Thanks &Dream、関西平和映画祭実行委員会>

※第1回:2021年3月13日(土)・14(日)開催
https://www.theater-seven.com/ev/ev_s210313.html
上映作品
チェルノブイリに学ぶ
『真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って』
(2004年/ウラディミール・チェルトコフ監督/51分)

チェルノブイリの原発事故から、15年がたった2001年。
キエフで開かれた、チェルノブイリの健康影響を評価するための国際会議の様子を収めたドキュメンタリー。

ベルラド研究所創設者の故ワシリー・ネステレンコ教授や、311後講演のため来日された故ミシェル・フェルネクス博士も登場します。
この会議の直後に、冤罪で8年の刑が言い渡されたバンダジェフスキー博士の姿も描かれています。

良心的な科学者・医師たちが子ども達の健康を守るために何を武器に、何と闘ったのか。
フクシマ事故後10年を生きる日本の私達にとって、今こそ学ぶべき貴重な映画です。

監督は「チェルノブイリの犯罪」の著者でもあるウラディミール・チェルトコフ。
ベラルーシの子ども達の保養を26年間続けてこられた野呂美加さんのトークとともに、お送りします。

<ヴラディーミル・チェルトコフ監督>
ジャーナリスト、ドキュメンタリー作家。
1935 年 ロシア移民の子としてセルビアで生まれる。イタリア国籍。
パリで勉学した後、60 年代初頭にイタリアに定住。その後、30年以上、イタリア放送協会(RAI)、そしてルガーノ・スイス・イタリア放送局と仕事をする。
70 本近いドキュメンタリー番組を制作し、社会、政治、経済分野のテーマを取り上げ、とりわけ権力構造を分析的に表現した 。

1990年からチェルノブイリ原発事故の被害地にはいり取材を続け、六本のドキュメンタリーを製作した。

主著『チェルノブイリの犯罪 核の収容所』(2006 ACTES SUD社)が翻訳され、2015年日本語版が出版された(上下巻 緑風出版)


トーク出演者プロフィール

野呂美加さん
NPO法人「チェルノブイリへのかけはし」代表
1992年からチェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシの子ども達を日本に1か月転地療養させる「保養里親運動」を行う。19年間に延べ 648人を招待する。
こうした活動が認められ、2005年に国際交流基金より『地球市民賞』を受賞。
東日本大震災以降は、フクシマ原発事故による被災者のためのお話会や北海道での保養受け入れに取り組む。
映画「小さき声のカノン」(2015年)に出演。
著書「放射能の中で生きる母たちへ」(2011年)等。

下澤陽子さん
東京国分寺から娘さんの体調改善のために、2014年兵庫県へ避難移住。二児の母。ピアノ教師。

森松明希子さん
福島県在住中に東日本大震災及び福島原子力惨禍に被災。
0歳と3歳の2児を連れて大阪へ母子避難。
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰。
原発賠償関西訴訟原告団代表、原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表、を務める。 国内外で講演を続け、災害による被災者・避難者・原発事故被害者の人権について訴え る。
2018年スイス・ジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ。
参議院東日本大震災復興特別委員会に参考人として招聘され、被災当事者として陳述を 行う。
2019年3月フランス・イギリス・ドイツ・ベルギーで訴える。
2019年10月31日「黒田裕子賞」受賞
著書に『母子避難、心の軌跡』(かもがわ出版、2013年)、『災害からの命の守り方ー 私が避難できたわけー』(文芸社、2021年)
共著:「3.11避難者の声 当事者自身がアーカイブ」など。

料金
一般:1,500円
シニア:1,200円
学生・会員:1,000円

<会場観覧チケット>

●インターネット販売(クレジットカード決済のみ)
12/4(土) 朝9時~下記URLにて販売開始。
但し、お座席がなくなり次第販売終了。
当日券は、残席があった場合のみ、当日開館時間より窓口にて販売。
→チケット販売ページはこちら
https://nanageitheater7.sboticket.net/reserve?schedule=4623

●劇場窓口販売(現金・paypay決済)
12/4(土) 当館開館時間より販売開始。最終作品上映開始30分後まで受付。
但し、お座席がなくなり次第販売終了。
当日券は、残席があった場合のみ、当日開館時間より窓口にて販売。

会場
シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:http://www.theater-seven.com/

※詳細はシアターセブンのHPを御覧ください。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2605-53293ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2022年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2022/08 [GO]| 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム