FC2ブログ

Entries

【3.11避難者の声を聞いた高校1年生の感想文⑥】避難が非難されるというこの世の中は、国や行政を含め、この国に住んでいる国民全員で考えるべき問題であると思います。

【感想文】20210203@舞子高校1年生.png

【3.11避難者の声を聞いた高校1年生の感想文⑥】

今回お話を聞かせていただき、当時のリアルな声というものが力強く伝わってきました。
まず、この文章を書くにあたり、お話をまとめようと書き始めましたが、森松さんの講義を受け、伝えるという本当の意味を知り、文として伝えられた内容をこの三枚の紙(に)まとめ、文をまとめるということに初めて難しさを覚えました

東日本大震災から今年で10年となり、発災当時テレビのライブでその状況を見ていた私は震災のことを知った気でいました。
地震が起き、津波が来て、原発事故が起こった。その程度のことしか分かっていなかった私は森松さんの力強いお話を聞き、自分の中で「原発事故」この四文字で収められていた中に、このような事実があったのか、と考えさせられるような内容のお話ばかりでした。

 私が今回聞いたお話の中で一番印象に残ったお話は各分野に専門家はいても地震、津波、原発事故、この三つの複合災害に完璧に対応できる人はいるのか、というところでした。今回のコロナと交えてわかりやすくお話ししていただきましたが、誰もが初めての出来事で模索しながら解決へと進む中、そんな中だからこそ、問題の本質を見て、実際被災してしまった人の声をいかしていかないといけないのだということを聞き、本当にその通りだと思いました。
 原発事故が起き、自分の家を離れて遠くまで自分の命を守るために国内避難している人が実際にいるのにもかかわらず、その人達に対する保障(補償)や援助というものもなく、解決したかのように進んでいるこの現状ではいけない、ということを感じました。
 避難が非難されるというこの世の中は、国や行政を含め、この国に住んでいる国民全員で考えるべき問題であると思います。
 森松さんのお話を聞き、整理できていない部分もまだ多くありますが自分の中で実際の声というものをしっかりと理解し、少しでも多くの人に伝えていくと軽い言葉では言えませんが、共有していきたいと思います。本当に貴重なお話をありがとうございました。


感想文が届きました。ご自分の言葉で書かれた素晴らしい感想文やご意見に感謝です。
2021年2月3日(水)3.11避難者による「自然環境と防災Ⅰ」の授業「福島からの避難者の『今』」@兵庫県立舞子高校で環境防災科1年生の皆さまにお話しさせていただきました。


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2465-55efd1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2021/05 [GO]| 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム