FC2ブログ

Entries

【書評】「触れると熱く感じるぐらいの熱量や、命懸けの圧力を感じます。」by津久井進弁護士/ 森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)

【書評】津久井進先生.jpg
災害ケースマネージメント◎ガイドブックのご著者で
日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長の
津久井進先生より素晴らしい書評をいただきました☆
感謝ですm(__)m


【書評】津久井進さん
森松 明希子著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』
は、2021年1月17日発刊です。
全473頁というブ厚い本で、まだ一部拾い読みしたに過ぎませんが、ご紹介せずにいられません!

「ことだま(言霊)」にあふれているというか、
1ページ1ページに綴られた言葉の群れが、
彼女が、守り抜いて、苦しみ抜いて、悩み抜いて、闘い抜いて、考え抜いた末に、全力で絞り出した「ことば」の数々で、
触れると熱く感じるぐらいの熱量や、命懸けの圧力を感じます

・大多数の「ふつう」が突然にマイノリティになる、災害
・助けて!と言えない社会、逃げることを否定する社会
・声を上げなければ、時機は来ない
・メディアが作り上げる言葉、「言い換え話法」
・「原発いじめ」問題は、社会の縮図
・「調べない、知らせない、助けない」ノーカウント戦法
「被ばくからの自由」「避難の権利」は憲法の基本的人権
感染症も災害。3.11後をトレースしているかのよう。
・自由な思考の連続によって、命は紡がれ、繋がれ、守られる


キリがないぐらい圧倒的なメッセージを送り続ける森松さんは、
ラストの締め括りで、これは「苦渋の決断の連続だ」と言ってます。

私たちが、この彼女の状況・心境を少しでも想像できたとき、
「災害からの命の守り方」が獲得できるのだろうと思います。

この本をゆっくり最後まで読む前に、今のこの私の興奮を、皆様と共有させて下さい!

(津久井 進先生Facebookより・2020年12月12日 15:17)


森松...

津久井 進さんの投稿 2020年12月11日金曜日


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2409-534a502f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2021/05 [GO]| 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム