FC2ブログ

Entries

【3.11避難者の声】大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る(毎日新聞2017年6月10日)について

【3.11避難者の声】

3.11被災者・避難者に寄り添いお支えくださる皆さまへ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
避難当事者の森松明希子です(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)。

毎日新聞 (2017年6月10日)
大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る
https://mainichi.jp/articles/20170610/k00/00e/040/280000c

先日より指摘させていただいていました大阪府下への避難者数矮小化問題について、
表題の通り記事がでました。
web上でも確認できます。 ぜひご確認ください。


大阪府下への避難者数の矮小化問題について、
確認を怠ったのは果たして「大阪府」だけなのでしょうか?

福島県民健康調査検討委員会の資料には、
都道府県別県外検査実施状況2017年2月28日現在という表があり、
3巡目の数です。以下の13ページ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/219705.pdf

大阪府の受診者数140人、京都府67人 兵庫県65人 奈良県13人となっています。24歳までの数だと思います。
避難してるから大阪で受診するのですよね。
子どもだけで避難して受診するわけがないですよね。

大阪府には少なくとも24歳以下だけでも140人以上は避難者の存在が認められるということです。

大阪府の隣県と比較しても、この割合(実数ではなく「割合」です)が避難者の実状の割合に近いのではないでしょうか、
ということは統計学の「専門家」でなくとも容易に想像がつきます。

一事が万事、この調子です。
「福島県」および福島県に雇われている方々も
矮小化に気付かないのでしょうか?それとも気付かないフリ?
「一人一人に寄り添う」姿勢は残念ながら何処にも感じられず、
福島県からのいち避難者として残念でなりません。

「復興庁」も同様の指摘ができます。
「システム上の避難者数(1230人)と復興庁への報告人数(88人)に10倍以上の差が生まれた」=一年以上この状態がつづいています。
担当行政官は全く疑問に思わないのでしょうか?
隣県と比べて、また、福島県の発表している県民健康調査等の他府県での受信者数、
実際の「避難者」「被災者」の当事者の声をいかに聞いていないかがよくわかります。

なるほど前・復興大臣の「自主避難は自己責任」ほか数々の暴言、
まさに当事者が指摘しないと疑問にすら思わない、
いやむしろ意図的でさえあると感じる避難者数矮小化問題。

この背景には「災害避難者に対して人権にもとづく保護をしなければならない」という,地方公共団体としての自覚が欠けていることがあると思います。

同様の指摘が国に対しても出来ます。
避難者保護には非常に消極的であり,
国際法や国連システムのことを指摘しても無関心,無反応というのが実態です。
国連の特別報告者グローバー氏の勧告に対して
あろうことか日本国政府は内容の修正や一部削除を要求までしています。
この点についても復興庁はじめ所管するところの見解を
きちんとお尋ねしたいです。

行政の公表データに対する信頼・・・どうやって取り戻すつもりなのでしょうか。

本当に困っている避難者に寄り添いお支えくださる皆さま方のおかげで、
大阪の避難者数矮小化問題が報道機関に報道されるに至りました。
ですが、すでに「避難者数10万人を切る!」という報道を
無批判・無点検で流布されている中、
母子避難をはじめとする分散型避難や福島県以外からの避難者など
本当に救済の手が必要とされるところが孤立している現状があります。

また、全国の避難者からも同様の声が聴かれています。

国の帰還政策と,復興庁や福島県から多額の活動助成金を受けて帰還政策に協力する「避難者支援団体」の問題,当事者と支援者の関係のありかた(支援者の発想で当事者の意向を無視し方向性をリードしようとする)など,いろいろ問題があるように感じます。

市民社会全体の課題として位置づけがなされなければ、結果、当事者が展望を持てなくなると思うのです。

実際に、関東の方では先に共有・報告していただいた通り、
住宅提供を打ち切られて納得して出たと思われた矢先に母子避難の母親が自死するに至っています。

大阪での避難者数矮小化問題が明るみに出たことを契機に、
ぜひ、原子力災害も含んだ災害救助法ではカバーしきれない
今回のような3.11の複合的な災害は
この先いつでもどこでも起こりうることとして、
人権保障に基づく恒久救済の制度の確立がなされますよう、
困っている被災者・避難者が誰一人取り残されないで救われますよう、
ご一緒に歩みを進めていただけましたらと思います。

今後とも、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

原発賠償関西訴訟原告・
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)
代表 森松明希子

(参照)
Sent: Sunday, June 11, 2017 3:29 PM
Subject: [kansai-supporters:3680] 【毎日新聞】大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る(2017年6月10日)
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2377-5dcd7c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2021/05 [GO]| 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム