FC2ブログ

Entries

【アンケート結果が届きました】「 福島原発被災者だからこそ見えてきたこと 〜マスコミが伝えない福島と避難者の実態〜」の講演会アンケートが届きました!

20190922@八尾プリズムホール全体写真.jpg

「 福島原発被災者だからこそ見えてきたこと 〜マスコミが伝えない福島と避難者の実態〜」
(2019年9月22日@八尾プリズムホール)の講演会アンケートを届けていただきました!
ぜひ、ご一読下さい。

《9・22講演会アンケート》


〇オープニングはすてきでした。講演は森松さんのあふれる思いがしっかり伝わりました。
 本当に関心のうすい社会になってしまっている。
 自由にものを言い、何でも聞けることから自分のこととして、考えることから始めたいと思う。

○森松さんもう少し「ゆっくり」話してほしいです。
 今後のエネルギーのお話もあれば……と思いました。

○国から、メディアから発信する言葉、文字の意味をとらえなおすこと。

○やはり「知る」ということは基本ですね!
 私たちは無知であってはいけません。
 無知な国民になっては今の政府の思うつぼです。
 改めてそう思った講演でした。
 今後もこういう企画をお願いします。
 ありがとうございました。

〇森松さんの話を聞いて本当に良かった。
 自主的に健康で文化的な生活を営むことは必然であると思う。
 心から共感しました。
 “汚染水は完全にブロックされている″何度も何度も強い口調で繰り返してきた安倍首相の「まやかし」の発言と汚染水の課題、廃炉への工程の不明確さ、技術の開発も大きな困難に直面しながら、大阪湾へタンクを持ってきて流しても良いなどと大阪市長松井氏、あんたの海じゃないと声を大にして言いたい。
 元復興(?環境)大臣の原田氏は何をしてきたのか、あまりに不明なのに“希釈”して海洋放出を言っただけではないのか。そこを通じて松井氏の話になるのだが、これほどのリスクのある原発促進をしているこの政権を何としても倒すことが必要だ。
 すべての出来事や、現状や、この後やらねばならい事を真実を伝え、国民と共にある(国民の幸福のためにある)マスコミであってほしい。
 そういう運動を大きく育て頑張らねばと思う。

〇現場であの災害を経験した人ならではのリアリティのある熱のこもったお話でした。
 原子力は人間の力でコントロールすることは不可能だと思います。湯川博士が世界政府の実現を訴えたのもこのことを確信していたからでしょう。
 自然エネルギーへの転換を実現することは人類史的な選択であり、人類の生存のための条件だと思っています。
 福島の原発災害がこのことを明確にしたのです。

〇報道だけでは知ることが出来ない現実を知りました。
 風化させないために頑張っていきたいと思います。

〇すごく分かりやすかったです。
 すごい行動力だなと尊敬します。
 これからも考えつづけていきたいです。

「避難の権利」はじめて知った言葉です
 これは本当に重い意味があることを知りました。
 普通のくらしがどれだけ大事であるか、それを失うととりもどすことがどれだけむつかしいか・・
 本当のことを知らされない私たち。少しでも知らなければ。

〇福島での体験、避難されてきた大阪での活動など、実体験の訴えの話だけに迫力もあり、心に響きました。
 私は生健会の活動をしています。
 福島でも佐藤八郎さんという会の役員が頑張っておられます。
 今日はありがとうございました。

〇原発は全部なくしてほしいです。

〇「自主避難」の本当の意味を知ることが出来た。
 10・20集会に参加したいと思います。
 森松さんの話から、福島の人びとの苦悩が少しでもわかって良かったです。これからも関心を持ち、考え、行動していきたいと思います。お話ありがとうございました。

〇オープニングに関して・・・ 阪神大震災で被災されたあと、ガッキーズの演奏、思いが詰まっていた。
 正垣さんの夫さんの笑顔、良かった。
 人柄がよく分かった。
 原発・命・平和・核兵器の歌良かった。
 森松さんの話・・・ 福島にボランティアに行って8年。
 私は子供たちを励ますために行った。
 私が聞いたり見たりしたことをまとめるのに、森松さんの話は分かりやすかった。
 生きる権利を訴えて、子供たちのを守るために森松さんの訴訟されている。
 メディアの問題-報道されてない事実。  
 ありがとうございました。
 知る権利を奪われている私たちのおかれている立場にショックを受けました。
 今の日本の国は総てにおいておかしいと思います。
 これからも森松さんの動きに注目していきたいし応援することイコール私たち自らが考えていかなくてはいけないことだと感じます。

〇9月25~27日迄、高齢者大会で福島県郡山市に行きます。
 もちろん会場での分科会でテーマごとに参加者が自由に集います。
 私は何といっても福島原発事故のことに関心を持ち、現地に触れてきてみたいと思います。

マスコミが伝えない避難者の実態が強力なインパクトで伝わってきました。
「風評被害」の話は、これまで他の分野で云われてきましたが、おっしゃる通りだと思います。
 汚染ゴミが山積みされ、行くたびに増大している状況を見て、国は本当にその処理のことを考えているのか。
 何故原発ゼロへカジを切らないのか怒りがわいてきました。

〇現安倍自公政権はなぜ原発に固執するのか? 
 なぜ故郷を追われ生業を奪われても誰も責任を取らないのか? 
 司法判断も行政にまるめ込まれて、東電の経営陣3人に無罪を言い渡した。
 大資本や株主は儲かりさえすれば地球環境がどうなろうとも、国民のくらしがどうなろうともどうでもいいのだ。
 大資本の代弁者である安倍自公政権を退陣させる以外に道はない。
 野党共闘がもう一段ギアアップして、野党連合政権を樹立して原発即時廃止、廃炉、自然エネルギー促進、大手電力資本の送配電網を地域の自然エネルギー団体に開放させ、核兵器を撤廃させるため、米国に安保条約の廃棄通告をして“人間が人間らしくいきること”ができる世の中を創らなければ真の解決にはならない。
 「平和」というのは何も戦争だけがない世の中を指すのではない。
 日々の生活、健康な生活を脅かす放射能汚染も「平和を脅かす」ものだ。
 だから放射性廃棄物を垂れ流しておいて、誰も責任を取らない国なんておかしい。
 東電と政権が原発立地の候補地をなんで首都圏から離れた所に選んでいるのか。
 それは原発が危険だと知っているから。
 そんなきけんなものにしがみついている大資本と政権の「理性」を疑う。
 大体原発の過酷事故を起こしたのは東京電力という資本と原発推進の旗を振り続けている安倍自公政権であって、強制避難区域以外の避難民を自主的避難として賠償から外している。こんなバカな話はない。「阿倍官邸」の地下に汚染度を埋めてから行ってくれ!災害多発の日本の国に、原発もオリンピック万博誘致もリニア新幹線もいらない。
既存のインフラ整備と自然エネルギー立国を目指す政権を樹立する以外に道はない。

当局と避難者の間に差がこんなにあるなんてびっくりです。

〇とても分かりやすかったです。

〇原発ゼロまで講演続けてください。
 私たちもみんなで力を合わせて頑張りたいです。

〇熱のこもった訴えを聞くことができてよかった。感動しました。

〇原発はすぐに止めてほしい。

〇ガッキーさんの演奏、歌良かった。ひかえめの曲も自作の曲も素晴らしかった。
 森松さんのお話で「自主」にごまかされるな!
 自分も少しごまかされていた。
 すっきりした。
 そして、原発惨事だけでなく、多くの被害者が権利のあたりまえの行使者でなければとよく分かりました。
 日本国憲法はあらためてすごい憲法だと再認識出来ました。
 迫力のあるお話、ありがとうございました。

〇国民のふつうの権利を「ふつう」に言うことの大切さを学んだ。
 森松さん頑張ってください。
 私ができることは、最大限がんばりたいと思いました。
 勉強になりました。

〇近所に3・11の後毎年福島に行かれている方のお話を聴く機会に恵まれています。
 でもやはり福島のことを忘れがちな昨今、現状をお聞かせ頂き有難く思います。
 “オリンピック”の言葉を聴くたびに、安倍さんの誘致活動の言葉が頭をよぎり、先日の東電の旧経営者に対する判決に、思いをあらたにしなくてはならないと思いました。
 風評被害と実害、自主(?)避難という言葉のまやかし等、考えさせられることばかりでした。

〇福島からの避難者の方の生の声を聞いたのは初めてでした。
 メディアが報道しているのは、ほんの一部だと言われてて、今、私が感じていることと全く同じ思いだったので「やっぱりなぁ」と思いました。
 合わせて、「放射能ばらまき」の原発は絶対に人類と共生はできないこともよく分かりました。
 東電責任者3人の無罪への怒りも含めて「原発ゼロ」へ、共に頑張りましょう。

本当に当事者の声を聴く機会がなかったので、たとえ1/100の話だとしても貴重でした。
 今まで森松さんの話をきいてなかったなんてもったいないことしてたと自分が恥ずかしいくらいです。
 子供のたちの生きる権利、自分たちが避難する権利。
 まさに、今後どの原発が大惨事になってもおかしくない現実にわずかな人数で立ち上がっている事実。
 私たちが、自分ごとにしていかなければいけないと感じました。一緒に頑張りましょう!

〇原発問題―放射能バラまき事件なのに、東電の幹部が無罪になったこと、また国も正しく報道しないので国民はもう解決しているかの様に感じていると思います。
 メディアの怖さを感じます。
 私達も少しでも正しく伝えていかないといけないと思います。
 今日はお話が聞けて良かったです。

自主避難の意味をもっと深く考えなければならないと反省させられました。
 真実を伝えないマスコミだから、国民の知る権利を本当に求めていきたいです。

風評被害についてよく考えたいと思いました。
 助けたい(応援したい)との気持ちからいろいろな物を買うことが自分に対して許すという感じなのではないかと見たことを思い出しました。
 少しすっきりし、また考えることにしたいと思います。

〇自主避難に至るまでの家族の決意の上に周りの支援がなければできないこと。
 政府の無責任さ、今回の東電の責任者の裁判等日本は三権分立の国かと思う。
 福島の事件はヒロシマ、ナガサキに次ぐ放射能の被ばく者という当たり前のことが、何故日本では広まらないのか。
 今日のお話を広めたいと思う。

〇ご苦労様です。学習会とか集会などの情報がもっと広く伝わる方法はないのだろうか。

〇福島の県で復興をさせてはいけないと思う。住めない県としておくべきである。

〇もっと時間をかけて聞きたかったです。森松さんのパワーに圧倒されました。
 裁判行きます。

〇福島から避難するのは思っていた以上に大変なこと。
 どこまでも事件を隠して被災者に負担を押し付け、被害者なのに非難される事実。
 メディアがそれを進めていることを知り、怒りしかありません。
 もっと真実を知らせていかなければと思いました。

〇大変有意義な話で良かったです。

〇2か月間郡山にとどまった当事者である森松さんの8年余りの生活と闘いの中から経験したお話は、今の日本のゆがみをわかりやすく伝えてくれたと思います。

〇森松さんの行動力はすばらしいです。
 私達も力をもらいました。
 原発神話が崩れた今、原発はやめるべきです。
 しかし国は、原発稼働をやめることが出来ない。
 その国の姿が東電経営陣の責任者3名を無罪という判決を下した裁判に明確にあらわれています。
 行政に司法が忖度している現状、三権分立が現政権によってなきものになっています。
 日本の民主主義も政権によって崩壊しています。
 今こそ、私達の未来に向かって声を上げ、おかしいもの変なものにはNOと声を上げましょう
 現政権の動きを許すことができません。

〇事実を知ること、そして声を上げることは大切だとあらためて感じました。
 原発はいらない、なくすために国が動いてくれたらいいだけなのに・・・。
 原発ゼロめざしてがんばりましょう。
 知は力、法律を知ること。
 憲法にこめられた私たちの権利を多くの人に伝えていかねばと思います。

〈アンケート結果について〉

回収総数:47枚

〇お住まい
八尾:32 柏原:6 その他:9

〇何で知ったか
    チラシ:13 新聞:4 知人:16 その他:5

〇オープニングは
    良かった:38 普通:2 良くなかった:0

○講演は
    良かった:45 普通:0 良くなかった:0


許可を得て、WEB上に掲載させていただきました。
また、お写真のご提供もありがとうございました。
貴重なご意見、ご感想を、どうもありがとうございます!

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sandori2014.blog.fc2.com/tb.php/2266-70cc95c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2020/08 [GO]| 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム