FC2ブログ

Entries

1月20日(土)KANSAIサポーターズ主催の訴訟学習会 薬害エイズ訴訟、薬害肝炎訴訟などの弁護団をされ、 行政交渉にも関わってこられた山西先生(関西訴訟弁護団副代表)「草の根運動が政策を変えるために!〜さざ波が大きなうねりになる時〜」@大阪弁護士会館

………… 訴訟学習会のご案内…………


KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

関西訴訟の目的は、
(1)東電原発事故の真相の究明と責任の追及、
(2)損害の完全賠償、
(3)被災者全員に対する行政施策の実現、です。

(1)と(2)については、裁判の中で直接主張していることですが、
(3)の実現のためには法廷の外での活動も視野におかなければなりません。

原発以外では、これまで水俣病、大気汚染公害、薬害など、さまざまな公害問題について、
裁判に始まり粘り強い行政交渉を経て対応施策による解決に結びつけてきた歴史があります。

そこで今回は、薬害エイズ訴訟、薬害肝炎訴訟などの弁護団をされ、
行政交渉にも関わってこられた山西先生(関西訴訟弁護団副代表)に、

==================
 草の根運動が政策を変えるために!
 〜さざ波が大きなうねりになる時〜
==================

と題してお話をしていただくことになりました。

他地域での裁判が結審・判決を迎えていく中で、過去の薬害・公害問題から何を教訓にして
問題の解決に結びつけていくのか、その方向性をみんなで考えたいと思います。

学習会のあと、原告・弁護士・サポーターの間での情報交換の時間、それから
原告定例会、サポーター事務局会議(サポーターならどなたでも参加できます)をします。

■日時■
2018年1月20日(土)
13時〜14時30分
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)

■場所■
大阪弁護士会館 904号室
大阪市北区西天満1−12−5

■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。

■今回の内容■
「草の根運動が政策を変えるために!
 〜さざ波が大きなうねりになる時〜」

講師:関西訴訟弁護団 山西美明弁護士



20180120_訴訟勉強会案内

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2020/08 [GO]| 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム