東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年9月2日(土)11:00~原発損害賠償請求千葉訴訟 判決前決起集会~歴史に耐えうる司法判断を求めて~@千葉県弁護士会館

20170829223156f8f.jpg
来たる9月22日、『原発損害賠償請求千葉訴訟』の判決言い渡しが千葉地裁であります。
全国で約30ほど提起されている原発賠償の集団訴訟では、前橋地裁に続き2つ目の判決となります。

判決を前に、歴史に耐えうる司法判断を求め、原告、弁護団、支援者、全国で同じ思いで取り組んでいる人たちの団結を強めるため、「判決前決起集会」が9月2日(土)に開催されます。
どなたでも参加できるそうなので、ご都合のつく方はぜひ参加お願いします。

=========================
原発損害賠償請求千葉訴訟
判決前決起集会 ~歴史に耐えうる司法判断を求めて~

2011年3月11日に起きた福島第一原発事故から6年が経過しました。事故による被害はいまだに続いています。事故から2年後、福島県から千葉県等へ避難した私たち原告は東京電力と国に対し、原発事故による損害賠償を求める裁判を提起しました。この裁判の判決期日が、2017年9月22日(金)午後2時、千葉地方裁判所にて行われます。同様の裁判において、去る3月17日、前橋地方裁判所が、国の責任を認める判決を言い渡しました。全国各地で原発事故の責任を問う裁判が提起されていますが、千葉の裁判は、全国で2番目の判決です。千葉の裁判でも、何としても国の責任を認めさせ、原告勝訴判決を勝ち取らなければなりません。
本決起集会では、作家の落合恵子氏、弁護士の井戸謙一氏をお招きし、以下の講演を行っていただきます。また、私たち原告も、判決を目前とした現在の心境を訴えます。この他にも、原発事故の責任を問う裁判を提起した全国各地の原告や弁護団より、支援のメッセージを頂きます。弁護団より、千葉の裁判の概要も説明いたします。

日時:2017年9月2日(土) 11:00~16:30(10:30開場)
会場:千葉県弁護士会館3階講堂
   千葉県千葉市中央区中央4丁目13-9
会費:入場料無料 事前申込不要
主催・お問い合わせ先:
千葉県原発訴訟原告と家族の会・原発被害救済千葉県弁護団・千葉県原発訴訟の原告と家族を支援する会
(藤井・滝沢綜合法律事務所内 TEL:043-222-1831)


原発賠償訴訟KANSAIサポーターズさんFacebook情報より
関連記事

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT