東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」(登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

2017年5月28日@京都「あるものをなかったことにはさせません」

「あるものを なかったことには させません」

前事務次官の言葉に世論が反応していることが救いです。

あるのに無いことにすることはできないって、それ、
放射能汚染、有るのに無いことになってませんか?
原発避難民、居るのに居ないことになってませんか?

黒を白だと言うことはできませんよね。
それと同じなのですよね。

事実に目を向けてほしいだけなのです。

権力に忖度し、多勢に流され、大勢でよってたかって
「絆」とか「復興」とか「ガンバロウ」とかいう「美談」に仕立て上げ、
黒いものを白だと言い切る。

原発事故により空・海・大地に放射能がばらまかれました。
放射能汚染は「あるのです」。

そして被曝の影響を避けるために
原発避難民は確実にこの国に存在して「いるのです」。
私たちが身をもってそれを証明しているのです。

国と東電がごめんなさいといって
原発事故被害に対してきちんと目を向け、
謝罪し、
人の命と尊厳が護られ、
恒久救済の制度が確立するまで、
私は絶対避難者で「ある」ことを言いつづけるつもりです。

※6月1日@大阪地裁「避難の権利」裁判
(原発賠償関西訴訟)の傍聴・ご支援、
よろしくお願い申し上げますm(._.)m

2017年6月1日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第14回口頭弁論期日
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1456.html

【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」
(2017.5.28登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

関連記事

| おはなし隊 | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT