東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年5月28日フクシマ6年の今 菅谷 昭氏講演 @京都ひとまち交流館

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ表

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ裏

「フクシマ6年の今ー子どもたちの命と健康を守るー」

日時 2017年5月28日(日)13:20 - 19:00

会場 ひと・まち交流館 京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
 京都市バス4番 17番 205番「河原町正面」下車すぐ
  〒600-8127 京都市京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 (河原町通五条
下る東側)

<1部>
13:20 プレ上映「日本チェルノブイリ連帯基金京都のあゆみ」
        「フクシマ5年の今」
13:40 菅谷 昭氏講演
  講演「原子力災害による健康および環境への長期的影響
      -チェルノブイリ30余年、福島5年余が経過してー」

休憩

<2部>
16:00 映画「抱く【HUG】(ハグ)」上映(69分)
http://kanatomoko.jp/hug/

17:15 海南友子監督と避難者からのメッセージなど
森松明希子さん 萩原ゆきみさん 下澤陽子さん 、
井上玲さん(予定) 園良太さん(予定)

参加費:1000円
(避難されている方、ハンディのある方は500円、高校生以下無料、親子室あり・保
育は要予約)

主催:フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会
   日本チェルノブイリ連帯基金京都
   鉄道展ー東北を旅して実行委員会
連絡先:075-591-7772(馬庭) 090-1248-3321(佐竹)

☆プレ企画として、「ワシリー・ネステレンコ」(2008年 19分 エマニュエル監督)
の特別試写会をひとまち交流館一階展示コーナーにて 11時からと12時からの二回開催
します。

ネステレンコ氏は核物理学者で、ベルラド研究所を創設された方です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3
%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3
パンダジェフスキー博士とともに、国が汚染隠しをする中でも、住民の命と健康を守る
ために命がけで取り組まれた方です。

この映画は、ヨーロッパからチェルノブイリ救援に入られて、「サクリフェイス」「真
実はどこに?」をとられたチェルトコフ氏の助監督をされてい
たエマニュエル監督の貴重なドキュメンタリーです。
今回はフランス語字幕のみで、日本語字幕はありませんが、当日あらすじは配布いたし
関連記事

| ブース隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT