FC2ブログ

Entries

2017年4月22日(土)22歳が見た、聞いた、考えた『被災者のニーズ』と『居住の権利』借上復興住宅・問題  著者トークライブ@隆祥館書店 


出版記念イベントin大阪
「22歳が見た、聞いた、考えた、『被災者のニーズ』と『居住の権利』~借上復興住宅・問題~」

■日時■
4月22日土曜日14:30開場15:00開演
■場所■
隆祥館書店5階 多目的ホ-ル(要予約・事前購入制・申込み順)    
大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目駅7番出口向かい
■主催・申込み・お問合せ■
隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 
Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp
http://atta2.weblogs.jp/ryushokan/2017/03/2017422-%E5%B8%82%E5%B7%9D%E8%8B%B1%E6%81%B5-%E4%B9%85%E4%B8%80%E5%8D%83%E6%98%A5-%E4%BA%8C%E6%9D%91%E7%9F%A5%E5%AD%90%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96-no157.html
■後援■
クリエイツかもがわ
■FBイベントページ■
https://www.facebook.com/events/289914428112067/


●ご出演の久一千春さんのコメント(抜粋)●
借上げ住宅問題は、2011年に初めて知ったものの、当事者に会う事もなく、市川英恵さんの活動から、よく知るようになりました。
本はデータもあり、よく調べているのが分かります。
それでいて、とても分かりやすく書かれています。
3月4日出版イベントの様子がサンテレビで放送されましたが、
この中で当事者の声があります。
https://youtu.be/XUJflNV4uRc
『人間らしく生きて 人間らしく人生を終えたい それが私たちの願い』
この言葉が響きます。
現在、(大阪の支援グループが)避難者住宅問題で動いてくれていますが、大阪市の対応を見ていると、避難者に寄りそっているとはとても思えず、冷たい対応です。
被災者・避難者が守られてないです。
2016年2月6日に開催された
ヒューマンライツ・ナウさんの「ビジネスと人権連続講座」に参加した時に、居住福祉学会のSさんとお話する機会をいただき、ウトロ地区のこと、運動のこと知りました。
その時すでに避難者の住宅問題がありましたが、
「居住の権利」というものを知り、考えるようになったのです。
その後、7月17日に、開催してくれた『公開学習会 国際人権法における「居住の権利」』で更に考えるようになりました。
借上げ住宅問題にしても、救うためにはどうしたらよいかと考えると、国際人権法における居住の権利という観点の必要性も感じつつ、世論も変えたいと思うと、これらを伝えていきたいと思う日々です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

07 | 2020/08 [GO]| 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム