東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サンテレビニュースPORT(2017/3/7) 東日本大震災6年、福島原発事故、自主避難者の現状、迫られる選択

福島→兵庫の避難者の皆さん、東日本大震災6年、福島 原発事故で自主避難者の災害救助法に基づく住宅の無償提供は打ち切られて、32世帯92人が兵庫に来られて、宝塚市は無償提供を継続、篠山市は家賃補助、しかし他の自治体は有償になります。
三木市の木幡さん一家、2011/5に三木市に自主避難、生活で仕事を見つける必要があり、当初は
三木市の公営住宅→家を三木に建てて、三木の生活も6年目、子供たちも三木氏になれて、東北からの避難者との交流もしている木幡さん、避難者が大変と言われて、家族バラバラの避難者は、こちらでも、福島でも家賃が発生して生活は大変になり、もっと避難者に寄り添って考えてほしいと言われます。
3/7サンテレビ
3/7サンテレビ2

 避難者の方も、今帰っても、将来の不安は消えず、迷って将来を決めており、自信をもって将来を決めたのではないと言わ れます 。
3/7サンドリ3


 鳥取県は無償提供を続けるものであり、兵庫の支援も問われています。
3/7サンテレビ4
避難者のフリートークのイベントも、大阪・梅田の阪急三番街であります。
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1428.html

6周年企画チラシ調整

関連記事

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT