東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連続勉強会◆第1回 「チェルノブイリとフクシマ」◆

◆第1回 「チェルノブイリとフクシマ」◆

日 時:2月14日(火)19時~21時

会 場:西宮大学交流センター(セミナー室2) 西宮市北口町1番2号 ACTA西宮東館6階

ゲスト:阪田 晃一 氏(神戸YMCA)

聞き手:赤松 由梨(神戸YMCAリーダー会)

参加費:100円


事前申込: ksakata@kobeymca.org までメールでご連絡ください

内 容:
チェルノブイリ原発事故から25年後に福島第一原発事故は起こった。
国際原子力事象評価尺度(INES)で最も深刻な「レベル7」に分類されている。
その事故の脅威は、廃墟となった街や人々の健康被害に現在も尚影響 を及ぼしている。
私たち日本人はチェルノブイリ事故から何を学ぶか。チェルノブイリの教訓からフクシマを考え る。
そして6年前、福島で起こった原発事故により、16万人以上が県外へ避難するという選択をした中、
生まれ育った故郷に残るという選択をした人々も多い。
避難指示区域から同じ福島県内の別の地域に避難されている方も多くいる。
そのような現状の中、福島の中で起こっている分断。
2016年秋に福島県南会津を視察し、保養のあり方を考えます。


kobe_ymca勉強会

関連記事

| まなび隊 | 18:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT