東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月19日(日)14時~裁判勝利!福島切り捨てを許さない2・19決起集会@東京大塚 ラパスホール

2月19日の原発事故被害者訴訟原告団の総会・決起集会@東京大塚 ラパスホール

と き  2017年2月19日(日)
       午後2時より決起集会 (1時より総会)
ところ  東京労働会館ラパスホール
     豊島区南大塚2-33-10東京労働会館8F
     JR大塚駅南口  徒歩5分
      丸ノ内線新大塚駅 徒歩7分

名 称  裁判勝利!福島切り捨てを許さない
      2・19決起集会


内 容  原発被害者原告の訴え
       国会議員 弁護団のお話 支援者の激励

主 催  原発被害者訴訟原告団全国連絡会

連絡先  原発被害者訴訟原告団全国連絡会(原発訴訟全国連)
     973-8402 福島県いわき市内郷御厩町3-101 いわき教育会館内  
      090-3363-5262 fax 0246-68-6771
      メール gensoren@zpost.plala.or.jp



私たちは、福島原発の損害賠償を求める、全国の21の集団訴訟原告団の連絡会です。
原発事故は収束していません。地震が起きたり、台風が来たりすると、原発は大丈夫かと心配させられます。
福島県内に滞在していても、県外に避難していても、原発事故による被害を同じように受けています。
最近、原発被害者の子どもに対するいじめが明らかになり、12月22日に声明を発表しました。
いじめは、子どもたちに対してだけでなく、原発事故の被害者全体が被っているのが現実です。
今年2017年は、福島原発被害者と原発訴訟にとって、大変重大な年です。
まず、賠償裁判の結審・判決が続きます。群馬訴訟(前橋地裁)は昨年10月31日に結審し、
3月17日に判決の日を迎えます。千葉第1陣訴訟(千葉地裁)が1月31日結審、
生業訴訟(福島地裁)が3月21日結審、避難者訴訟(福島地裁いわき支部)が10月結審の予想です。
勝利判決が続けば、安倍政権が行っている原発政策が断罪され、東電は原発事故の責任が明確になります。
また、3月には帰還困難区域を除く区域の再編、帰還強要、賠償打ち切り、住宅支援打ち切りが画策されています。
原発事故被害者切り捨てが強行されようとしています。
このたび、私たちの裁判の状況と被害者の思い聞いていただきたいと考え、決起集会を開くことにしました。
ぜひご参加の上、福島原発被害者をご支援・激励してください。


20170219.jpg
関連記事

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 03:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT