東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10月22日(土)原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会結成のつどい@滋賀・守山

20161022-2 滋賀

20161022-1 滋賀

10月22日(土)
受付13:00 開会13:30
ところ守山コミュニティーホール(セルバ守山の3階)
原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会結成のつどい
◇13:30~ シンポジウム
報告者福島敦子さん(避難者)
井戸謙一弁護士
コーディネーター井戸謙一弁護士
パネリスト4人の避難者
◇15:40~ 請願に向けた提案と討論
あの福島原発事故から、すでに5年7ヶ月。核燃料の在処すらわかりません。
汚染水は増える一方です。地域全体の除汚も、廃炉の見通しも立ちません。安心して住める地域に戻るのか。
でも、政府は来年3月で「避難者への住宅支援」を打ち切るつもりです。
避難者は「避難する権利」も「留まる権利」も「帰還する権利」もないのです。
この酷い仕打ち、福井で事故が起これば、「明日は我が身」です。
私たちは、22日(土)、「原発事故避難者の住宅支援継続を求める滋賀の会」を結成し、県と19全ての自治体に請願を行います。こぞってご参加を。

※彦根・愛知・犬上原発のない社会をつくる会ニュース133号
2016年10月16日(日)発行連絡先杉原(電話・FAX 0749-28-2745 メールs19500213@nike.eonet .ne.jp)



避難者のお話(スピーチ)は、
 原発賠償京都訴訟原告団共同代表の
福島敦子さん(福島→京都)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


関連記事

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT