東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本大震災5周年 避難者の「声」 NO.3 R.H さん 福島県郡山市→大阪府八尾市

震災から5年となりました。今も変わらずご支援いただいている皆様ありがとうございます。
 我が家は2年半の母子避難生活ののち、夫が大阪へ転勤となり今は大阪で家族そろって暮らしています。普通の生活を送れるありがたさを身に染みて感じています。
 夫は震災後、目の周りの湿疹がひどく真っ赤になっていました。大阪に来てから皮膚科に行き、大学病院でも検査を受けましたが、結局原因がわかりませんでした。しかし、大阪へ来て1年ほどすると、福島にいる間全然治らなかった湿疹がだいぶよくなり、今ではほとんど目立たなくなりました。他にも福島にいる間に、単身生活のストレスや週末に福島と大阪を往復する生活の疲れが出たせいか、慢性扁桃炎や逆流性食道炎にもなりましたが、昨年ごろからずいぶんと良くなりました。健康面では、まだまだ子供の甲状腺検査のことなど気になることもありますが、我が家は良い方へ向かっていると思います。
 我が家はたまたま大阪への転勤で母子避難を終えることができましたが、夫の勤務先の配慮がなければ今も母子避難を続けていたと思います。
各家庭の事情で、母子避難や家族避難、帰還など、やむなく何かを選択し何かを犠牲にして生活しています。元の生活に戻ることはできませんが、各家庭が何を選択したとしても良い方へ向かっていけるような支援はまだまだ必要だと思います。5年という月日が流れて、避難者の生活状況もさまざまだと思います。各家庭に必要な支援が届くよう願っています。
  R.H さん (福島県郡山市→大阪府八尾市)
                      (2016年2月8日執筆)
関連記事

| 【東日本大震災5周年企画】 | 19:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT