東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本大震災5周年 避難者の「声」 NO.1 福島県いわき市→埼玉県子供二人と避難生活中

日に日に5年目の311が近づいていく。
心がなんだかサワサワする。
311をどう過ごすか、、、。どこかの追悼の集まりに行きたいかな。
一人でいつもと変わりない日にしたいかな。答えが出ない。
なぜ?東日本大震災という未曾有の大災害については、哀悼の意もあるし、忘れてはならない災害という意味で大事な節目であり、5年目の311として忘れかけていた人々の心を呼び覚ますためにも追悼のの集まりや、メディアの報道は大事だ。そういう意味では大事にしたい節目と思う。だからどこかの集まりに行こうかなという自分もいる。
逆に福島第一原発事故に対する311にたいして、なにも思うところがない。5年目のということで、この事故の被害者として取材、伝えてくださってる方々には感謝している。でも、原発事故に対しては、5年の節目ってなんの意味もない。だって避難者の状況は変わらないどころか、心無い政策によって私たちの心を日々不安で満たしている。5年間、日々変わりなく繰り返されてる不安。5年目の311だからってなんらなにも変わらない。日々毎日が311であって311でないような不思議な感覚。だから5年目って言って特別な感情が沸くわけでもなんでもない。だから、何事もなかったかのように、いつもと変わらない日常を過ごしたい。5年目だからって、特別こころを揺り動かしたくない。胸にポッカリ空いた穴が広がるだけだ。
でもテレビの報道は、東日本大震災と原発事故を一緒くたにした意味のわからない報道をしていて苛立ちを覚える。
それぞれの復興と題した福島応援プロジェクトならぬもの報道したり、福島風評被害に負けない、なんて番組作りしたり。
そんなの私からしたら、ふざけてるなと思う。福島県民のこころを置き去りにした形だけの復興だ。そんなの復興でもなんでもない。
本当の復興とは、みんなの心から不安がなくなり、なんとか前に進もうって思えることなんじゃないの。そしてそれが形に残る復興という行動につながってくるんじゃないの。
原発事故の事他人事に思ってる人にとったら、5年も立つのにいつまでも甘えてんじゃないだとか、いい加減前向きになりなよって思うかもしれない。
私だってできればそうしたいって思ってるしできる範囲で努力している。
でもね、なんで私達の傷が癒えないかわかる?
原発事故はまだ継続中だし、東電は黒字で大儲かりしてるのに、誰一人謝罪せず、罪に問われていない。反省すらなく、国は原発再稼働を推し進めている。
そして、今度はやっと住み慣れてきた住居をまた奪おうという心無い政策を推し進めている。心にポッカリ空いた無の穴をさらにさらに大きなものにしようとしてくれる。そのうち穴が広がって心がなくなってしまんじゃないかって思ってしまう。
どうしたら心の穴が埋まるかって、私が心を取り戻せるかって、それはただ一つ。
心ある謝罪と反省の意を示して欲しい。その謝罪と反省を活かした行動をして欲しい。
それがあるのなら、五年という歳月で心の穴は埋まってたように思う。
謝罪なし反省なし、さらに心無い政策の積み重ねでどんどん私達の心の穴は広がっていくよ。
お金いくら積まれたって、その穴はふさがるはずないんだよ。
誠心誠意謝ってる人に対して怒り続けるなんてしないよね。もういいよ、顔上げてって言えるよね。
それを国も東電もしないから私達はあなた方々を許せないし、こころのポッカリ空いた穴はふさがらないんだよ。
とはいえ311を一人過ごすのは辛いんだよね。メディアはそればっかりになるし、あの時の辛かった思いがどこにいても蘇る。
平日で子供は学校。金曜日だからパートも塾もあるから、なんとか乗り切れるか。
何事もないように心ゆり動かないようにいつも通りでいよう、、、、。  
                             
       福島県いわき市→埼玉県子供二人と避難生活中
               (2016年1月31日執筆)
関連記事

| 【東日本大震災5周年企画】 | 18:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT