東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7 月 24 日(日)14:00~16:30 DVD「チェルノブイリ 28 年目の子どもたち2」上映と森松明希子さん(福島→大阪・母子避難者)のお話@ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター)

DVD「チェルノブイリ 28 年目の子どもたち2」上映と森松明希子さんのお話

チェルノブイリのいま、
      フクシマのこれから


福島原発事故から 5 年が過ぎました。
子どもたちを守るために私たちおとなができることは何なのか?
30 年前にチェルノブイリ原発事故のあとウクライナではどのような支援策がと
られ、今、現在はどうなのか?
福島から関西へ母子避難の生活を続けている森松明希子さんのお話しをお聞き
し、私たちにできることについてみんなで話し合いましょう。

■日時:7 月 24 日(日)14:00~16:30(開場 13:30)
■会場:ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター)会議室2&3
(阪急千里線「南千里」駅下車すぐ)
■資料代:500円/人
■ お 問 合 せ : 0 8 0 - 1 5 2 2 - 9 8 1 7 ( ま つ む ら )
midoriosaka7@gmail.com

■スケジュール
13:30~ 受付
14:00~ DVD上映『チェルノブイリ・28年目の子どもたち2』
14:50~ 休憩
15:00~ 森松明希子さんのお話し
15:40~ Q&A、フリートーク

■主催:緑の大阪

ラコルタグリーンズカフェ


●「チェルノブイリ28年目の子どもたち2~いのちと健康を守る現場から」
チェルノブイリ原発事故から 30 年。ウクライナでは、「チェルノブイリ法」によっ
て、年間 0.5 ミリシーベルトを超える地域の住民には、今も様々な支援策が講じら
れている。子どもたちへの健診も、保健省が詳細なガイドラインを作成して実施。
子どもたちの体調の把握に務めている。
この DVD は、福島原発事故の被害にあった子ども達を支援する人達の、チェルノブ
イリを取材して欲しいと言う声から、アワープラネット TV の白石さんが 2012 年と
2014 年の 2 度にわたりウクライナの取材し作られたものです。

●森松明希子(もりまつ・あきこ)
兵庫県生まれ。大阪府大阪市在住。福島県郡山市在住中に東日本大震災に
被災。2011 年5月から、大阪市へ母子避難。原発賠償関西訴訟原告団代表・
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表。「母子避難、心の軌跡」
(かもがわ出版)著者。
関連記事

| おはなし隊 | 17:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT