東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【テレビ報道】原発事故で避難 継続支援要望(NHK神戸放送局)07月07日 18時19分

【NHK神戸放送局】原発事故で避難 継続支援要望

東京電力福島第一原発の事故で、避難指示が出ている区域以外から自主的に避難している住民への公営住宅などの提供が来年3月で打ち切られることを受け、兵庫県に避難している女性などが、兵庫県に住宅への継続入居を求める要望を行いました。
要望を行ったのは、福島県から兵庫県に自主的に避難している女性3人などです。
福島県は、これまで、避難指示が出ている区域以外から自主的に避難している住民に、無償で公営住宅などの提供を行ってきましたが、実質的に家賃を負担する国と協議した結果、来年3月で打ち切ることを決めました。
兵庫県内にはことし1月現在、48世帯135人が福島県から自主的に避難していてこうした人たちへの住宅の提供も打ち切られるということで、女性たちは、県の担当者に継続入居を求める要望書を手渡しました。
福島市から宝塚市に避難した石塚路世さんは、「自主的に避難した人たちは、原発事故の影響への不安も残っているうえ、生活の拠点が変わることを望んでいない。避難者の思いを受け止めて欲しい」と訴えました。
これに対し、兵庫県公営住宅課の出野上聡課長は、「避難している人たちに対する公営住宅の入居要件を緩和するなどして対応していきたい」と話していました。
07月07日 18時19分

記事引用 http://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/2023796931.html

20160707
関連記事

| ニュース・関連報道 | 23:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT