東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月3日 (日)「不思議なクニの憲法」 上映会(朝昼2回)&3.11避難者スピーチあり@北千里

「不思議なクニの憲法」上映後、3.11避難者スピーチがあります!
憲法を駆使して福島原発事故による人権侵害からの救済を訴える
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream代表・森松明希子のスピーチ
映画上映後(朝・午後)あります!
ぜひお聞き下さい!!

不思議なクニの憲法チラシ表

7月3日(日)映画「不思議なクニの憲法」上映会@北千里
時 間 午前と午後2回上映します。
    10:00~
    14:00~
    *開場30分前
    (上映時間2時間2分)
場 所『わかば』吹田市古江台4-2-9 (北千里駅すぐ)ウィング北千里ビル3F 。1Fは『ミスタードーナツ』です。
入場料 500円
問合せ先〈 TEL 〉090-1591-8920(服部)
    〈MAIL 〉athumhum@r6.dion.ne.jp(水野
)

不思議なクニの憲法チラシ裏


7月3日(日)映画「不思議なクニの憲法」上映会@北千里


※主催者の皆さま、
スピーチの時間を設けてくださいまして、
心から感謝申し上げます。


これからも避難者のお話しの機会のご支援・ご提供をどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


【3.11避難者の声】

憲法は身近です。
市民社会にとって、現在の日本国憲法は今こそとっても大切で、
そして身近な存在であると気付き始めた人が、
この映画をきっかけに、さらに気付いて、そして伝える・・・
そこにしか今、希望の光はないのかもしれません。

憲法は、今、
もしかしたら私達(国民すべての人々)の身を守る唯一の法源かもしれません。

「危機感」にも温度差がある、
それでも危機感を感じた人は、それを伝えても良いのではないか、
いや、むしろ伝えるべきなのだと思うのです。

どれくらい身近で大切か、
ご一緒に考えて下さい。

平和憲法を使いこなす、
日本国憲法を隅から隅まで使いこなす、
つまり、市民社会の「憲法リテラシー」が、今こそ問われていると、
私は思うのです。

一般市民社会の憲法リテラシーが
改憲を議論する大前提ではないでしょうか。

参議院議員選挙の投票前に、ぜひ、投票行動のご参考に、
この映画、絶対見てほしい!って思います。
(そして、街頭演説にでている未来の国会議員(候補者)に、
党派を超えて、色々質問ぶつけてみるといいかもですね!)
今なら、親切に演説してくれる、はず?

2016年6月24日

森松明希子(福島→大阪・母子避難)

関連記事

| おはなし隊 | 12:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT