東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月19日(日)13:30~15:30東日本大震災復興支援・さよなら原発・北千里駅前チャリティーフェスタ実行委員会主催イベント「知ろう考えよう命のために~原発のこと・震災のこと~」@ディオス北千里1番館

東日本大震災復興支援・さよなら原発
北千里駅前チャリティーフェスタ実行委員会主催イベント

知ろう考えよう命のために
~原発のこと・震災のこと~

上映映画
「チェルノブイリ 28年目の子どもたち2~いのちと健康を守る現場から」
昨年4月に公開した映像報告「チェルノブイリ28年目の子どもたち~低線量被曝の現場から」から1年。その第2弾となる本作のテーマは、子どもたちの健康を守る仕組み。ウクライナでは、チェルノブイリ事故から28年経った今も「チェルノブイリ法」によって、年間0.5ミリシーベルトを超える地域の住民には、今も様々な支援策が講じられています。
 
中でも政府が重視しているのが、保養と健診。ウクライナ政府は2013年12月に、社会政策省に新たに「保養庁」を設置し、手厚い保養政策を展開しています。また子どもたちへの健診も、保健省が詳細なガイドラインを作成して実施。子どもたちの体調の把握に務めています。毎年、子どもの半数が参加する保養のシステムやきめこまやかな健康診断などについて取材しました。
予告編
https://www.youtube.com/watch?v=fi6TkvraEWE


トークイベント1
森松明希子さんと語ろう。
2011年、福島から母子避難。現在様々な活動を通して原発事故により体験したことや、
現在の状況などを講演会やメディアや書籍を通して発信されています。
上映会の後は森松さんにトーク形式で様々なお話しを伺います。


トークイベント2
●熊本震災を身近に考えてみませんか
熊本地震から1カ月半、最大震度7の激震が2回、
多くの人命を奪い、家屋が倒壊するなど今も1万
人が避難所生活です。失業や家業破壊など先の不
安が襲い掛かっています。「阪神」と同じ直下型
でした、活断層が日本列島を走り抜けます。
北千里周辺の活断層はどこ?
南海トラフ巨大地震は30年以内に発生する確率は
70%だそうです。地震発生は止められませんが、
震災から学ぶことはいっぱいです。
原発も心配ですね。


トークイベント3
●地域防災を一緒に考えてみませんか
●阪神、東日本、そして熊本と被災地の高齢者施設で、
 現地の支援にあたった「いのこの里」(市内の特養)の職員の方から、その経験と吹田市に生かす教訓についてうかがいます。
●坊島断層が、地域の北部を走る北千里。いざというときの避難所はどこ?水は?食料は?なにを備えればいいの?市の備えは?吹田市の防災計画についておはなしします。
*吹田市の「防災ハンドブック」保存版を
 お持ちの方は御持参ください。


サンドリブース出店します!

是非お越しください(^^)/


6月19日北千里
関連記事

| ブース隊 | 08:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT