fc2ブログ

Entries

2024年5月30日(木)「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判(原発賠償関西訴訟)第47回口頭弁論期日@大阪地方裁判所202号法廷大法廷 #本人尋問

20240530関西期日.jpg

第47回期日 2024年5月30日(木)10:00~17:00 
大阪地方裁判所 202法廷(原告本人尋問9回目)
集合:午前9:00

【訴訟学習会のご案内】2024年5月18日(土)映画『決断』について、みんなで語りましょう ~映像作品をどう活用していくか~@訴訟学習会(オンライン・無料)

20240518『決断』@関西訴訟学習会.jpg

原発賠償関西訴訟の応援団・KANSAIサポーターズからの訴訟学習会のお知らせです!

………… 訴訟学習会のご案内…………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
コロナ禍以降はZoomのオンラインで開催しています。

3月8日から全国で公開されているドキュメンタリー映画『決断 運命を変えた3・11母子避難』(監督 安孫子亘)
関西訴訟や京都訴訟の原告のことも取材して描かれています。

原発事故から13年経ち、世間の関心が薄れていく中で、このように避難者に焦点を当てた映画が公開された意義は小さくないと思います。

今回はこの映画をテーマにして、観た人で感想をシェアしたり、原発避難の理解を世間に伝えるツールとしてどのように活用していけるか、などについて話し合う会にしたいと思います。

映画を観られた方も、まだの方も、お気軽にご参加ください。
(※映画の上映はありません)


■今回のテーマ■
映画『決断』について、みんなで語りましょう
~映像作品をどう活用していくか~

■日時■
2024年5月18日(土)
14時~15時30分
※この後、関西訴訟原告・弁護士・支援者による情報交流会があります。
学習会だけのご参加も歓迎です。

■Zoom参加ご希望の方■
kansaisapo@gmail.com
上記アドレス宛に、
件名:◆5月18日訴訟学習会参加希望◆
メールアドレス、氏名、所属団体等(あれば)をご記入の上、お申込みください。
折り返し、ZoomミーティングID,パスコードをお知らせします。

2024年5月17日(金)午後は、最高裁判所請願行動→東京司法記者クラブでの会見、からの、国会議員まわり(陳情) #原発被害者訴訟原告団全国連絡会(民事集団訴訟、国家賠償請求訴訟)


昨日2024年5月17日(金)午後は、最高裁判所請願行動→東京司法記者クラブでの会見、からの、国会議員まわり(陳情)を全国の原発被害者訴訟(民事集団訴訟、国家賠償請求訴訟)のみなさんと手分けしてまわるという…万歩計でカウントすればよかった…足が棒のようです😿
大阪から上京した私は、福島から上京された生業訴訟の2陣の原告さんとペアを組んで、衆議院議員会館第二の上層階に国会議員事務所のある国会議員に陳情にまわったのですが…
「衆議院東日本大震災復興特別委員会」
「衆議院災害対策特別委員会」
「衆議院原子力問題調査特別委員会」
の委員を中心にまわったのですけど…
お渡しした資料をしっかり熟読して、原発被害をきちんと国会議員として把握していただきたいなと思います。
全国民の代表として、一部の原発で潤う人だけの利権を守るのではなく、きちんと原発被害とは何か、をしっかり把握した上で、本当に必要な立法や施策を実施してほしいと心から陳情します。

2024年5月14日(火)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI@大阪市立社会福祉センター #カフェイモニカイ 

はじめましてサンドリです.jpg
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。
ご都合のつく方は是非ご参加ください。


※2024年1月1日に発生した能登半島地震により関西に避難してこられた方に心よりお見舞い申し上げます。
避難の経験、国内避難民として同じ立場の被災者も集っておりますので、必要に応じてどうぞご利用ください。


【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:2024年5月14日(火) 

    10:30~15:00



    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物は各自でご用意ください。
     お昼をまたぐ方は、昼食も各自でご用意ください。

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
    差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。


《ご参加の際の注意点とお願い》
(1)当日はご自宅で検温の上、風邪の症状(37.5度以上の発熱、喉の痛み、咳、強い倦怠感)や味覚嗅覚障害などがあれば、参加をお控えください。
(2)入室する際には事前の手洗いや消毒をお願い致します(入口に消毒用のジェルを置いておきますのでお使いください)。
(3)必要に応じてマスク着用をお願い申し上げます。
(4)発声等による飛沫感染防止のため、座席の配置はできるだけ間隔を空けるようにお願い致します。
(5)万が一、感染者が発生した場合に備えて、リストに参加者の皆さまのお名前、及びご連絡先(メールアドレス、お電話番号)をご記入いただきます。
(6)皆さまからの差し入れは本当にありがたく、お心遣いにいつも感謝しております。ただ感染予防のため、今回は大皿での食べ物のシェアを避けたいと思います。差し入れして下さる場合は、個別包装のものをお願いできれば嬉しいです。


※会場使用が不許可となった場合はこのページでお知らせいたします。
お出かけ前に必ずご確認ください。



今後の予定: 2024年6月10日(月)、7月9日(火)、8月21日(水)、9月12日(木)

 ※ご来場前に必ずこちらのWEBページにてご確認をお願いします。


お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)


協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)

♪2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは、2012年の夏からずっと続いています。
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・東北名物の「芋煮」は出てきません(;^_^

♪3.11東日本大震災および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブーは一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
ご支援頂いた13年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


サンドリロゴ
はじめましてサンドリです.jpg

映画「決断」上映と支援する会総会  3・11私たちの決断  避難する権利の実現を求めて@こどもみらい館 #原発賠償京都訴訟

20240512決断上映会@京都訴訟.jpg
https://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/event/20240512ketsudan.html

原発賠償京都訴訟団からのメッセージです。

5月12日に以下のとおり、映画「決断」の自主上映会と支援する会総会を計画しました。
映画「決断」は関西ではアップリンク京都とシアターセブン(大阪市)で上映され、多くの方が鑑賞されていま
す。
まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ、京都で開催する自主上映会にご参加ください。避難原告のトークの時間
もたっぷりあります。

<大拡散希望>
+++++++++++++++++++++++
 映画「決断」上映と支援する会総会
 3・11私たちの決断
 避難する権利の実現を求めて
+++++++++++++++++++++++
https://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/event/20240512ketsudan.html
・日時:5月12日(日)
・場所:こどもみらい館4F 第2研修室(京都市営地下鉄丸太町駅下車徒歩5分)
・開場:13:15 開会:13:30
・参加費:1,000円   *どなたでも参加いただけます。
・プログラム(予定)
 13:30 1部 上映会 映画紹介
 13:40 映画「決断」上映(90分)
 15:20 避難原告のトーク
 15:50 2部 支援する会総会
     あいさつ(原告団・弁護団)/活動総括・方針の提案/
     決算・予算案の提案/質疑・討議/採択
 16:30 終了予定

 京都訴訟は2013年9月に京都地裁に提訴し、2018年12月からは大阪高裁に舞台を移して闘ってきましたが、いよ
いよ5月22日に結審を迎えます。私たちは、大阪高裁で国の責任と被害者への完全賠償を認める「公正な判決」を
かちとりたいと思っています。
 結審期日を前に、映画「決断」の上映と支援する会の総会を計画しました。映画に出演した原告のトークもあ
ります。多くの方のご参加をお待ちしています。

(20240501MLより引用ここまで)

「被ばくしたくないから避難するという、 人間として当たり前のことが認められ ない問題をこの映画で共有してほしい」 映画『決断』 (神戸新聞2024年4月26日)

20240426明日のあなたの問題@神戸新聞(三木版)

3.11被災者・避難者に心を寄せてくださるすべての皆さまへ

原発賠償関西訴訟原告で東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表の森松明希子です。

シアターセブン(大阪)でのドキュメンタリー映画『決断』には、多くの皆さまに、劇場に足をお運びいただき、
また、避難者トークセッションにも多くの方々が最後まで残って耳を傾けてくださいましたこと、誠にありがとうございました。

神戸新聞の記者さんより、掲載紙をお送りいただきました。

関西原告でもあり、強制避難区域からの避難のご経験もあり、原発賠償関西訴訟原告だけでなく、老朽原発訴訟(名古屋地裁)原告、海を汚さないで! ALPS処理汚染水差止訴訟の原告でもある菅野みずえさんにインタビューされた記事ですが、秀逸で、論点を的確に報じてくださっていると思いますので、文字起こしをしてみました。

ぜひ、お時間ある時、ご一読ください。
 ↓
【神戸新聞】2024年4月26日(金)の記事より

「明日のあなたの問題」
🔹原発事故避難家族の映画「決断」大阪で上映中
東京電力福島第1原発事故をきっかけに、
福島県から日本各地に避難した10家族を追っ
たドキュメンタリー映画「決断 運命を変えた
3.11母子避難」(安孫子宣監督)が、シアターセ
プン(大阪市淀川区)で公開中だ。福島県浪江
町から三木市に避難してきた菅野みずえさん
(71)は、「人ごと」としてではなく作品を見て
もらえるよう願っている。
(小西隆久)
ーーーー
映画は、福島県から北海道や沖縄県など
に自主避難した10家族を7年かけて追跡
し、苦悩と現状を取材。家族が離れ離れで
暮らす様子や、新たな土地で地方議会選挙
に挑む姿に密着し、避難者の率直な思いを
インタビューで紡いでゆく。
ー自主避難とは。
「私は原発から30キロ圏内の福島県浪江町
に住んでいたので全住民に避難指示が出さ
れ、いや応なく避難しました。自主避難と
は、そうした指示が出された区域の外に住
んでいながら、自ら考えて避難すること。
映画は、その自主避難者にスポットを当て
ています」
ー避難指示が出ていないのになぜ避難す
るのか。
「原発事故に伴う被ばくから、子どもた
ちを守るためです。国は、原発からの距離
で強制避難する地域を一律に決めましたが、
放射性物質は人間が考えたとおりに飛
ぶとは限らない。いつ被ばくするかも分か
らないような状態で、子どもを育てられな
いと思うのは親として当然のこと。家族を
守るために取った行動であり、自主避難を
した人たちは称賛されるべきです」

映画に登場する伊丹市出身の森松明希子
さん(50)は、原発賠償関西訴訟の原告団代
表を務める。20日の上映後、トークステージで
「被ばくしたくないから避難するという、
人間として当たり前のことが認められ
ない問題をこの映画で共有してほしい」

訴えた。
ー映画のタイトル「決断」とは、どうい
う意味だと思うか。
「彼女たちは、国からの情報も何もない中、
子どもを守るために自分たちで覚悟を
決め、自主避難という決断を迫られた。
しかもそれで終わりではなく、それからも常に
決断を迫られる人生を送っています。
でもそれは彼女たちだけの問題ではなく、
あすのあなたかもしれない。いつか自分たち
もそうした決断を迫られるのかもしれない
と思って映画を見てもらいたい」

「決断 運命を変えた3・11母子避難」
は5月3日までシアターセプンで公開。
29日午前10時40分からの上映後、菅野さんが
アフタートークに出演する。映画の製作委員会は、
自主上映の希望も募っている。
アターセプン206・4862・7733
🔹 三木の菅野さんが29日トークショーに出演
「子ども守るため」決めた覚悟
🔸(写真キャプション)
上映後に舞台あいさつする
(右から)安孫子亘監督、森松
明希子さんらー大阪市淀川区
十三本町1、シアターセプン


※神戸新聞2024年4月26日(金) の記事の引用はここまで。

大阪十三のシアターセブンでの劇場公開は終了していますが、
添付のとおり、5月12日(日)京都で、6月16日(日)東京@明治大学リバティーホール(こちらはなんと400人収容のホールでの無料鑑賞会です!)で、上映される機会があります。

是非この機会に、皆さま、ご鑑賞のうえ、ご感想やご意見をあちこちでお届けいただけましたらありがたく存じます。

☆『決断』上映情報
(自主上映の詳細もこのページにあります!)
https://mirufilm.jimdofree.com/%E6%9C%80%E6%96%B0%E4%BD%9C-%E6%B1%BA%E6%96%AD/

原発賠償関西訴訟は、現在、全世帯、1~2時間かけて、本人尋問がつづいていますが、
この映画は、本人尋問を見ているようでもあると、私は感じました。

裁判の原告になっておられるかたも原告でないかたも出ておられますが、大変重要な証言が記録されていると思います。
この国に暮らす、すべての方、特に司法を担う裁判官、立法を担う国会議員、さまざまな政治判断も含め行政を担う政治家や官僚、閣僚の皆さんにはぜひ一度は通して観て、避難の実相を知って頂きたいと、切に願っております。これらの方々が、間違った方向に進まないように、市民社会にとって正しい「決断」をそれぞれの権力機関の中で下していけますよう、その耳に届きますよう、みなさまのお力をお貸しください。

引き続き、原発賠償関西訴訟とともに歩んでください。

原発賠償関西訴訟原告団代表
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表
森松明希子(福島→大阪・子ども2人と母子で国内避難中)

2024年5月3日(金・祝)映画『決断』運命を変えた3.11母子避難 上映&トークセッション #羽石敦さん(茨城県→大阪府、関西原告、単身・男性避難者)×#森松明希子

20240503決断@羽石敦×森松明希子

大阪(十三)シアターセブン『決断』トークご案内
🔹4月
20日(土)安孫子監督×森松明希子(福島県郡山市→大阪市・母子避難・関西原告)
21日(日)川崎あやこ(茨城県→京都、母子避難・京都原告)×森松明希子
27日(土)上前昌子(郡山市→海外へ避難を経て兵庫県、母子避難)
28日(日)曽我礼子(郡山市→大阪、関西原告、母子避難からの家族移住避難)×森松明希子
29日(月・祝)菅野みずえ(浪江町→兵庫県・関西原告、強制避難)

🔹5月
3日(金・祝) 羽石敦さん(茨城県→大阪府、関西原告、単身・男性避難者)×森松明希子

※4/21川崎さん、4/28曽我さん、5/3羽石さんは、森松明希子と対談形式
※関西原告:原発賠償関西訴訟原告、京都原告:原発賠償京都訴訟原告の略です。

🎥会場
シアターセブン
〒532-0024
大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com

ドキュメンタリー映画『決断~運命を変えた3.11母子避難~』@シアターセブン(大阪)
https://www.theater-seven.com/mv/mv_s0734.html

羽石敦さん
羽石敦さんプロフィール◆
原発賠償関西訴訟原告。
震災直後に茨城県ひたちなか市から大阪へ単身避難。
2017/3月に自身の大阪市営住宅打ち切りに直面、支援者と共に運動や交渉の末、
単身60歳以上入居要件が撤廃され、継続入居が可能になった。
その後も原発避難者の住宅問題を支援している。
共著書 『3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ』



プロフィール写真母子
森松明希子さんプロフィール◆
福島県在住中に東日本大震災及び福島原子力惨禍に被災。
0歳と3歳の2児を連れて大阪へ国内避難(母子避難)。
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰。
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表、原発賠償関西訴訟原告団代表を務める。
国内外で講演を続け、災害による被災者・避難者・原発事故被害者の人権について訴える。
2018年スイスジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ。
参議院東日本大震災復興特別委員会に参考人として招聘され、被災当事者として陳述を行う。
「黒田裕子賞」受賞。
著書に『母子避難、心の軌跡』(かもがわ出版、2013年)、『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社、2021年)など。
資料: 意見陳述書(全文)@原発賠償関西訴訟第33回口頭弁論期日(2022年5月26日)#森松明希子

http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2678.html



【3.11避難者の声】
3.11避難者の声に耳を傾けてくださる皆様へ

大阪・京都でのドキュメンタリー映画『決断』の上映日程と
監督舞台挨拶・トーク日程、登壇者が決まりました。
この国に暮らすほぼ全ての皆様に関わる問題を共有していただき、ご一緒に考えてほしいと心から願っています。
ぜひ劇場まで足をお運びいただけましたら大変ありがたいです🙇
周知のご協力も重ねてお願い申し上げます🙇

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表
森松明希子(福島→大阪・子ども2人と母子で国内避難中)




Appendix

Categories Archives

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2024/05 [GO]| 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム