fc2ブログ

Entries

ドキュメンタリー映画「決断」運命を変えた3.11母子避難 2024年春、公開予定

20240311公開予定映画「決断」@安孫子監督クラウドファンディング.jpg

福島原子力惨禍の被災者・被害者に心を寄せてくださるすべての皆様へ

原発賠償関西訴訟原告で、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表の森松明希子です。

2011年3月11日に起きた東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故のため、福島と大阪に居所と家族を分散させて国内避難を続けています。

母子避難を開始した当時0歳と3歳だった子どもたちも、中学生と高校生になりましたが、無用な被ばくを避けるために母子避難を続行しています。

いつも世界中の皆様からの応援メッセージやご支援に心身ともに支えられています。本当にありがとうございます。

さて、表題の通り、「知事抹殺の真実」という元福島県知事の汚職冤罪事件をテーマにした映画を撮られた安孫子亘監督から、
ドキュメンタリー映画「決断」運命を変えた3.11母子避難 の公開予定の情報を頂きました。
https://readyfor.jp/projects/fukushima311

スポンサーは付けずに、クラウドファンディングで全国を上映して回る予定だそうです。

日本全国で声を上げている自主避難者・母子避難者に取材・インタビューを重ねたドキュメンタリー映画で、
私も7年間の間に何度か密着のご取材を受けました。

原発被害、原発避難、母子避難の被害の実相を伝えるために、映画が公開されましたら、
ぜひ3.11避難者や原発被害者の皆様とともに、上映後のトーク企画などでも私は全力で協力したいと思っています。

映画だけで伝えきれていない部分などがあれば、ぜひとも上映会の機会に避難者トークでフォローと対話を重ねなければ、
おそらくこの映画が上映されると、また激しくバッシングもされるだろうことも覚悟しています。

または、バッシングよりも、もはや、興味や関心も薄れて国内ではあえての「無視」とか「なかったこと」の扱いの可能性も高いですが・・・
原発被害はまだ続いています。

区域内外を問わず、避難を続けている人も、何万人もこの国には存在しています。

国連の国内避難民の人権に関する特別報告者のご指摘にもありましたが、原発事故がひとたび起きたときに、ふつうに暮らしている私たち誰もが原発被害を被ること、
あらゆる基本的人権の侵害が今なお続いています。

そして、被害が共有されないまま、避難が簡単にできると多くの人が思わされ続けています。

この映画が、原発被害と原発避難の実相をを理解する一助となりますように・・・
そして、お一人でも多くの皆様に見ていただいて、ご一緒に考えていただける機会が一つでも増えますように・・・

大小様々な映画館や市民集会でも上映されますよう、皆様のお力をお貸しください。
クラウドファンディングのご寄付のご協力はもちろんのことですが、ご無理なさらず、情報をあちこちで広げてくださること、
映画の上映と、全国各地で声を上げる避難者や被害者のお話し会とセットでご企画くださることなど、
原発被害について皆様と共通の認識が持てる機会を増やすためのご協力をお願いいたします。

「避難者いじめ」の根絶のためにも、学校や教育機関、でもより多く上映されるといいなと思います。

下記は、安孫子亘監督からのメッセージです。

現在、2024年3月11日の公開(上映)を目標に最終の制作作業が進行中です。
7年前に映画「知事抹殺の真実」(元福島県知事、佐藤栄佐久収賄額0円の収賄
事件を描く:監督安孫子亘)を全国各地の自主避難者が主催上映をしてくれた事
をきっかけに撮影が始まったこの映画。途方もない時間と制作費がかかってしま
いました。今回、クラウドファンディングを立ち上げ日頃お世話になっている皆
様へご理解とご支援を募らせて頂く事となりました。
年末のお忙しい事とは思いますが、何卒宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------------
★映画の概要とクラウドファンディングはこちら★
【ドキュメンタリー映画「決断」運命を変えた3.11母子避難の全国公開】

https://readyfor.jp/projects/fukushima311

--------------------------------------------------------------------


◆運命を変えた瞬間は、突然やってきた。地球が揺れてる? 津波って? 原発がどうなったって?何が何だかわからない。何をすればいいの。うちの子は? 母親はうろたえた。翌朝、店先に子供と一緒に並んだ。何も知らされずに。そこには放射能が降り注いでいた。 そして浴びた。何の知識もない普通のお母さん。わずかな情報源さがし、原発事故の恐怖に震えた。もう誰の言葉も信じない。とにかく子供と遠くへ、遠くへ逃げた。それがまさか、今の今まで続くとは誰も思わなかった。

◆被災地から逃げて、安らぎを得た人は一人もいなかった。夫も一緒に行きたかった。しかし、避難先で同じ給料の職に就けるか?両親の面倒はだれが?家のローンは?一緒に行ける夫は限られた。ほとんどは母子避難。夫は福島に留まり二重生活。まもなく住宅支援(家賃支援)も打ち切られ経済は困窮した。強制避難と自主避難の線引き(保障)は明白。自主避難者はやがて社会から見えない存在になっていった。

◆しかし、避難を決断させる要因はひとつ「福島原発事故」である。これは紛れもなく「無かったことに出来ない」最大の原因である。未だ円滑な廃炉作業も出来ない「魔物」は、どこにも隠せない、避難者にとって最大かつ決定的な「証拠」である。

◆世間では「いつまで避難者やってんだ!」という声がある。

◆国と東電への原発訴訟は全国で30にも及ぶ。一様に避難の権利を主張。法の裁きが下されるまでには途方もない時間とエネルギーが必要だ。

◆数年後、争いの決着が着いたとしても、この「決断」を迫られた要因は、ひとかけらも消える事はない。原発を爆発させ生命を脅かせた事実を、いま必死に忘れさせようとしている。

◆忘れてはいけない。3.11福島原発事故の被災者の「今」は、時がたつごとに存在自体も薄れていく。この映画では、その人たちの生の声を聴いてきた。そしてカメラの前に立ってくれた。子供と一緒に。そんな貴重な記録を皆さんに知ってもらいたい。観てもらいたい。聴いてほしい。

(◆はHPより引用)

お一人でも多くの方に、広めていただけましたら大変ありがたく存じます。
年末のお忙しい中、長文・乱文失礼いたしました。

原発賠償関西訴訟原告・
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表
森松明希子(福島→大阪・子ども2人と母子で国内避難中)


続きを読む

2023年12月17日(日)特集上映&避難者トーク企画 「3.11を改めて考える~原発問題を中心に~」 第9回:薬害エイズの闘いに学びつながる『人間の尊厳をかけて 薬害エイズ10年のたたかい』 @シアターセブン(大阪・十三)

20231217薬害エイズ10年のたたかい@シアターセブン.jpg

🎥開催日
2023年12月17日(日)

🎥時間
10:50開場/11:00開演(13:30終演予定)

🎥上映作品
『人間の尊厳をかけて
薬害エイズ10年のたたかい』

(1998年/40分)

薬害発生から現在(※1998年製作当時)までの経過と、被害者のいのちをかけた約10年の運動の記録

🎥トークゲスト
保田行雄 さん(東京HIV訴訟弁護団事務局次長、東京ヘモフィリア(血友病)友の会 元会長 ※リモート登壇)
花井十伍 さん(大阪HIV薬害訴訟原告団代表、全国薬害被害者団体連絡協議会代表世 話人)
佐藤勝十志さん(福島から滋賀に避難移住、原発賠償関西訴訟原告団 副団長)

司会:上前昌子さん(福島から兵庫に避難移住)

※登壇者は予定です。

🎥トーク内容
(保田さん)
・負けない裁判をするために 専門家証人を相手側から出させなかった闘い
・匿名裁判で始まった裁判をいかに国民にアピールしたか
・海外被害者とのつながりが開いたもの 
・当事者は、加害者を追い詰めるために何をしてきたか

(花井さん)
・裁判に参加するまでのことと、その時の思い
・映画を観ての感想と、当時の大阪HIV訴訟の様子。
・500人の原告団の代表を引き受けてから、薬害根絶を目指した27年間のご活動について

🎥料金
前売:1,500円
当日:1,700円

<チケット購入>

●インターネット販売(クレジットカード決済のみ)
但し、お座席がなくなり次第販売終了。

→チケット販売ページはこちら
https://nanageitheater7.sboticket.net/reserve?schedule=13072

●劇場窓口販売(現金・paypay決済)
お座席がなくなり次第販売終了。

🎥協力
東日本大震災避難者の会 Thanks &Dream(代表:森松明希子)、311特集上映実行委員会

🎥会場
シアターセブン
〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
TEL:06-4862-7733
MAIL:info@theater-seven.com
WEB:https://theater-seven.com/ev/ev_s231217.html?fbclid=IwAR0kyRnWIcZOcfchCBSJo76TKKkrnwv6qssZogqD4V8nPQQ9zA0F6MLjHSY

【訴訟学習会のご案内】2023年12月16日(土)『最高裁後の仙台高裁・名古屋高裁判決を読み解く~6.17最高裁判決を乗り越えるために~』 講師:白倉典武先生 (原発賠償関西訴訟弁護団)@オンライン・無料

20231216仙台高裁・名古屋高裁判決解説@関西訴訟学習会.jpg

原発賠償関西訴訟の応援団・KANSAIサポーターズからの訴訟学習会のお知らせです!

………… 訴訟学習会のご案内…………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。コロナ禍以降はZoomのオンラインで開催しています。
去年(2022年)の6月17日、先行する4訴訟団について最高裁は、国の責任を認めないという判決を下しました。法律の研究者からも数々の問題が指摘されるような判決でした。
その後、いわき市民訴訟とだまっちゃおれん(愛知・岐阜)訴訟の高裁判決が言い渡されましたが、それぞれどのような内容だったかを読み解くことで、6.17最高裁判決を乗り越える手掛かりについて考えていきたいと思います。

■今回のテーマ■
最高裁後の仙台高裁・名古屋高裁判決を読み解く
~6.17最高裁判決を乗り越えるために~
講師:白倉典武先生
(原発賠償関西訴訟弁護団)

■日時■
2023年12月16日(土)
14時~15時30分
※この後、関西訴訟原告・弁護士・支援者による情報交流会があります。
学習会だけのご参加も歓迎です。

■Zoom参加ご希望の方■
kansaisapo@gmail.com
上記アドレス宛に、
件名:◆12月16日訴訟学習会参加希望◆
メールアドレス、氏名、所属団体等(あれば)をご記入の上、お申込みください。
折り返し、ZoomミーティングID,パスコードをお知らせします。

2023年12月9日(土)15:00~17:00文藝春秋発刊 『なぜ日本は原発を止められないのか?』~ジャーナリスト・原発被害者・市民の視点から〜青木美希&森松明希子 リアル&リモートトークイベント 二村知子氏司会@隆祥館書店多目的ホ-ル

20231209青木美希&森松明希子@隆祥館書店.jpg

『なぜ日本は原発を止められないのか?』文藝春秋発刊

テーマ 『〜ジャーナリスト・原発被害者・市民の視点から〜』
ゲスト: 青木美希さん 森松明希子さん
司会: 二村知子さん 
開催日 : 2023年12月9日 
時間 : 15:00~17:00 

 
隆祥館書店多目的ホ-ルからリアル&リモ-トで配信
(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)
隆祥館書店多目的ホ-ルにて、リアル(限定50名) &リモート(定員100人)トークイベント

申し込み・お問い合せ:隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 
住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目⑦番出口向かい
Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp
主催:隆祥館書店
協力:文藝春秋
詳細:https://ryushokanbook.com


プロフィール 青木美希
ジャーナリスト、作家。札幌市出身、北海タイムス、北海道新聞、全国紙で新聞記者を務めてきた。現在は個人でジャーナリスト活動を行っている。『北海道警裏金問題』『プロメテウスの罠』『手抜き除染』で各取材班で新聞協会賞3度受賞。初の単行本『地図から消される街』(講談社現代新書)で貧困ジャーナリスト大賞、日本医学ジャーナリスト協会賞特別賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞を受賞。『いないことにされる私たち』(朝日新聞出版)は全国学校図書館協議会の選定図書に選ばれた。

プロフィール 森松明希子(もりまつ・あきこ)
兵庫県生まれ。福島県在住中に東日本大震災及び福島原子力惨禍に被災。
0歳と3歳の2児を連れて大阪へ国内避難(母子避難)。
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰。
原発賠償関西訴訟原告団代表を務める。
国内外で講演を続け、災害による被災者・避難者・原発事故被害者の人権について訴える。スイスジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ。「黒田裕子賞」受賞。

司会:二村知子 (ふたむら・ともこ)
井村雅代コーチ(当時)に師事し、シンクロナイズドスイミングを始め、現役時代はチーム競技で2年連続日本1位、日本代表として2年連続世界第3位に。現役引退後、隆祥館書店に入社。2011年から「作家と読者の集い」と称したト-クイベントを開催、2016年からは「ママと赤ちゃんのための集い場」を毎月開き、2019年4月からは、宝上真弓先生と子育てに悩む親御さんのために絵本選書のサ-ビス、2020年6月より、お客様からのリクエストを受け一万円選書を始めている。

12/9(土)『なぜ日本は原発を止められないのか?』文藝春秋発刊 テーマ 『〜ジャーナリスト・原発被害者・市民の視点から〜』ゲスト: 青木美希さん 森松明希子さん|二村知子 隆祥館書店 @ryushokanbook
https://note.com/ryushokanbook/n/n3ac267685024?sub_rt=share_h #note
より引用

2023年12月7日(木)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI@大阪市立社会福祉センター #カフェイモニカイ

はじめましてサンドリです.jpg
毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。
ご都合のつく方は是非ご参加ください。



【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:2023年12月7日(木) 

    10:30~15:00



    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物は各自でご用意ください。
     お昼をまたぐ方は、昼食も各自でご用意ください。

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
    差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。


《ご参加の際の注意点とお願い》
(1)当日はご自宅で検温の上、風邪の症状(37.5度以上の発熱、喉の痛み、咳、強い倦怠感)や味覚嗅覚障害などがあれば、参加をお控えください。
(2)入室する際には事前の手洗いや消毒をお願い致します(入口に消毒用のジェルを置いておきますのでお使いください)。
(3)必要に応じてマスク着用をお願い申し上げます。
(4)発声等による飛沫感染防止のため、座席の配置はできるだけ間隔を空けるようにお願い致します。
(5)万が一、感染者が発生した場合に備えて、リストに参加者の皆さまのお名前、及びご連絡先(メールアドレス、お電話番号)をご記入いただきます。
(6)皆さまからの差し入れは本当にありがたく、お心遣いにいつも感謝しております。ただ感染予防のため、今回は大皿での食べ物のシェアを避けたいと思います。差し入れして下さる場合は、個別包装のものをお願いできれば嬉しいです。


※会場使用が不許可となった場合はこのページでお知らせいたします。
お出かけ前に必ずご確認ください。



今後の予定: 2024年1月10日(水)、2月8日(木)、3月4日(月)

 ※ご来場前に必ずこちらのWEBページにてご確認をお願いします。


お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)


協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)

♪2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは11年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
「芋煮」は出てきません(;^_^

♪3.11東日本大震災および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
ご支援頂いた12年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


サンドリロゴ
はじめましてサンドリです.jpg


#311子ども甲状腺がん裁判 の皆様、頑張ってください✨ 応援しています💞 できるだけ多くの人にこの裁判の情報が伝わりますように…



#311子ども甲状腺がん裁判 の皆様、頑張ってください✨
応援しています💞
できるだけ多くの人にこの裁判の情報が伝わりますように…

◯第8回口頭弁論期日のお知らせ◯
東京電力福島原発事故に伴う放射性物質による被ばくにより、甲状腺がんとなった若者7人が東京電力を訴えた「311子ども甲状腺がん裁判」の第8回口頭弁論が12月6日(水)に開かれます🌼
弁論更新があり、原告の意見陳述が行われる予定です。入廷行進の応援、傍聴券協力、支援者集会にぜひご参加ください!
------------------
日時:12月6日(水)午後2時
口頭弁論:東京地方裁判所
12時30分 地裁前アピール
13時00分 入廷行進
13時20分 傍聴整理券配布予定
13時40分 整理券配布締切•発表
14時00分 開廷(103号法廷)
支援者集会:日比谷コンベンションホール
13時50分 開場
14時15分 支援者集会開始
16時30分 終了予定
✳︎本裁判のテーマカラー緑色を身につけてご参加ください🌳🌲
------------------
最新情報はホームページをご覧ください。
https://www.311support.net/
当団体の期日チラシの配布にご協力いただける方はこちら↓
https://forms.gle/CTdpvxhHB6bN55Nf7
#311甲状腺がん子ども支援ネットワーク
#甲状腺がん #甲状腺 #原発事故 #原発
#311子ども甲状腺がん裁判
#人権 #東北 #福島 #東日本大震災

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2023年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

11 | 2023/12 [GO]| 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム