fc2ブログ

Entries

「(ウーマンラッシュアワーの)村本さんの漫才だけは、子どもたちとテレビの前に正座して観てる」 @ ウーマンラッシュアワー村本大輔さんの独演会in隆祥館書店



隆祥館書店・二村知子さんFacebookより

ウーマンラッシュアワー村本大輔さんの独演会in隆祥館書店

今回、村本さんをお呼びしようと思ったきっかけは、
昨年1月に『災害からの命の守り方 私が避難できたわけ』を上梓された
森松明希子さんのひと言から
でした。

森松さんは、11年前の福島原発事故のあと、
0歳の赤ちゃんと3歳のお子さんを連れて大阪に母子避難して来られた方です。

ご著書には、これまでの経緯が書かれており、イベントでは、当事者の思いをお
聞きし、この国の被害者に対する姿勢のあまりの酷さを知り、込み上げる涙を抑
えきれないほどでした。

そんな森松さんが、
「村本さんの漫才だけは、
子どもたちとテレビの前に正座して観てる」

って仰ったんです。これは、森松さんのために、絶対にイベントしな
あかん!と思ったのでした。


被災地、原発、朝鮮学校、基地問題……など、当事者以外のほとんどが関心を持
たない、目をそむけている問題に対し、あえてそこに足を運び、感じたことを
「ネタ」にして伝え続ける
芸人の村本大輔さん。

吉本には芸人が6000人、吉本に学校があるが、プロになるのは、一握り!!
ザ・マンザイで、決勝までいって、優勝するのは一握り!!優勝しても、好感度を気にしてCMをとるためにテレビに出るために忖度している芸人が多い中で、 テレビをやめて、どんなに嫌われても、言いたいことを、笑いに落とし込めるのはさらに一握り!!!というマシンガントーク


アメリカに、スタンド・アップ・コメディを学びに行くという。
スタンド・アップ・コメディは、お笑いの概念とは違う。
立ち上がるもの、人々が、立ち上がる、心を震わせるもの、

スポンサーを気にせず、スタンド・アップ・コメディアンばかり集めて、スタン
ド・アップ・コメディの放送をするようなテレビ局が出てきて欲しいぐらいです。
村本さんのマシンガントークの中に、
オリンピックでは、4000食を廃棄した国、廃棄できるような国なのか、廃棄してしまうようなおろかな国なのか、
何かが欠けてしまっている国なのか?

豊かさとは何か? お金じゃない。
お弁当を廃棄されるように、人も廃棄された、非正規雇用の人も、契約社員の人
も、平気で捨てる。弁当のように捨てられる。

日本は、子どもの自殺率が、先進国なのに世界一位、
こんな世界に、希望も夢もない。
北新地でガソリンをまいたひと、東大で受験の日に、受験生を刺した医学部志望の高校生、
誰かが言った、「みんなを巻き込まないで、一人で死んでくれ、」
そんなの見たら、社会のつながりって、嘘なんだ、そんな社会で生きていたくな
い。

旭川の女の子の自殺、
何の希望も持てない世界を作っているのは、大人の責任、いつか自分も廃棄され
る。
こんな社会でいいのか。
気づいたらここで号泣していました。

怒る権利を放棄していいのか!学生運動の時みたいに、熱くならないのか!とも
言われました。

テレビでも、YouTubeでもできない。ライブだけと言いながら、
当事者目線で、当事者に寄り添いながら政治批判してゆく。そして、必ず笑いに
落とし込む。

その言動、姿勢、トークを聞いているうちに、みんなが、これだけ考えてくれて
いるんだと感じ、時間と共に会場が、一体化し、そこに信頼関係ができていく。

だからこそ、泣けてくるし、思いっきり笑える。最高のパフォーマンスでした。
素晴らし過ぎて今もその余韻が残っています。

アメリカで、スタンド・アップ・コメディを学んできたら、もう一度来てほしい
とお伝えしたら、「ぜったい来ます。本物のコメディアンになってきます!ここ
で約束します!」と言って下さった村本さん、(会場からは、キャーという歓声が沸き起こってました)

会が終わってから打ち上げでの村本さんの第一声が、「今日のお客さん、最高だ
ったよ、お客さんが良かったから、乗ってきた」といってもらえました。沢山の
支えて下さっているお客さんの顔が浮かんでとっても嬉しかったです。

最後に、村本さんからいただいたメッセージです。
「隆祥館があって隆祥館を愛してる人たちがいて、それが僕とシンクロして、場
所と人とコメディが、ともさんの店を通して、それがひとつに繋がった気がして、最中に何回もドキドキしてきました。本当にありがとうございました。」

お集まりくださった皆さんありがとうございました。
村本大輔さん、木村元彦さん、本当に、素晴らしい時間をいただきました。
ありがとうございました。
『おれは、無関心なあなたを傷つけたい』ダイヤモンド社発刊
隆祥館書店にて、絶賛発売中です❣️
ダイヤモンド社、岩佐さん、ご協力有り難うございます。


2021年1月23日(土)14時~『災害からの命の守り方-私が避難できたわけ-』(文芸社)刊行記念 
森松明希子さんによるリアル&リモート・ト-クイベント@大阪・隆祥館書店 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2403.html

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2022年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

01 | 2022/02 [GO]| 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム