FC2ブログ

Entries

2021年1月30日(土)13:30〜16:00第49回公害環境デー 「公害環境運動を続けて50年 安心できる未来を」宮本憲一先生・除本理史先生の講演会で3.11避難者がアピールします!@リモート

20210130公害環境デー@大阪ZOOM.jpg

【注意】緊急事態宣言が発出されましたので、会場での参加はご遠慮いただき、
全面的にオンライン(Zoomウエビナー)での開催に切り替えました。
お申込みは明日1月28日(木)17時まで、
とのことです。

---------------------------
第49回公害環境デー
メインテーマ 「公害環境運動を続けて50年 安心できる未来を」
●日 時: 2021年1月30日(土)13:30~16:00

●参加費:500円(院生・学生・障がい者は無料)
     お申込みいただいた方にお支払い方法(振込先)についてご連絡させていただきます。

●申込方法:メールにてお申込みください。お名前・連絡先・メールアドレスをお知らせください。
      Email:info@oskougai.com
      お申込みは1月28日(木)17までにお願いします。

●参加方法:お申込みいただいた方には、1月28日(木)18:00以降に資料とZoom参加のためのURLをお知らせします。
●主 催:第49回公害・環境デー実行委員会
●お問合せ:大阪から公害をなくす会 TEL06-6949-8120 
       FAX06-6949-8121 email:info@oskougai.com

●プログラム   13:30~16:00  
・1部
①特別講演1「地球環境の維持可能な社会を目指して―公害と闘って60年―」13:35~
講演者 :宮本憲一氏(滋賀大学名誉教授・大阪市立大学名誉教授) 
②特別講演2「公害被害者救済の歴史からいま何を学ぶべきか」  14:05~(50分)
講演者 :除本理史氏(大阪市立大学 大学院教授)
質疑応答   
・<10分休憩> 15:00~15:10 
・2部
①被害者の訴え  訴訟支援  15:10~(15分)
・原発賠償訴訟           原告団共同代表 森松 明希子氏(関西訴訟)
・関西建設アスベスト大阪訴訟    弁護士 遠地 靖志氏(関西建設アスベスト大阪訴訟) 
・ノーモア・ミナマタ近畿2次訴訟  弁護士 徳井 義幸氏(近畿訴訟)
(司会 訴訟支援カンパの訴え)
②特別報告  15:25~
①環境とコロナ問題        田川氏(大阪保険医協会)      
②道路建設工事問題        高本東行氏(大阪道交連)      
③気候変動            宮崎学氏(CASA)         
④大気汚染調査「サーベイランス調査報告書」 医師   眞鍋穰氏     
・閉会 宣言(行動提起)とまとめ  15:56~
………………………………………………………………………………

http://oskougai.com/より

【岩手日報】原発事故で福島から母子自主避難 少数者目線 違和感記す 逃げる権利 社会に訴え(2021年1月28日)/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)

20210128岩手日報スクショ.png
森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)

【岩手日報】原発事故で福島から母子自主避難 少数者目線 違和感記す 逃げる権利 社会に訴え(2021年1月28日)/森松さん(大阪)著書出版

・避難指示の対象ではなかったが、自らの判断で幼いきょうだいを連れて母子避難

・「少数者」から見た社会への違和感を記録に残そうと執筆

日本政府は放射線から市民を守る施策が不十分と指摘(2018年国連人権理事会)

内部被ばくを覚悟し水を口にせざるを得ない日々

・自主避難者への賠償金や住宅支援などは、強制的な避難者と比べると格段に乏しい

・「被ばくに神経質になって勝手に避難した」と傷つけられた人も多い

被ばくを拒否する権利は一人一人にあり、基本的人権が尊重される社会にしたいと訴え

・命を最優先に行動することや「逃げる権利」の重要性を強調

・「いつでも誰でもマイノリティーになり得る。少数派の意見を聞くことは民主主義の根幹

・「特に脆弱な子どもをさらなる被ばくから守ることに力を貸して下さい

(記事より抜粋)


【出版のごあいさつ】『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』森松明希子・著(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2402.html

【目次】『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』森松明希子・著(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2422.html

【書評】「触れると熱く感じるぐらいの熱量や、命懸けの圧力を感じます。」by津久井進弁護士/ 森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2409.html

【書評】無理解な社会に訴えるには同情ではなく、人間の尊厳を訴え、憲法に明記された人権の尊重を要求してこそ獲得するべきものであるby水戸喜世子さん/ 森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2413.html

【神戸新聞】世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。『災害からの命の守り方』は一人一人が強い意志と深い思考を重ねることだ」/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2418.html

【京都新聞】自主避難「命守る権利」子2人と大阪へ 女性が本出版 賠償金など格差訴え(2021年1月27日)/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2421.html

【京都新聞】自主避難「命守る権利」子2人と大阪へ 女性が本出版 賠償金など格差訴え(2021年1月27日)/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)

20210127京都新聞夕刊_命守る権利_スクショ.png

【京都新聞】自主避難「命守る権利」子2人と大阪へ 女性が本出版 賠償金など格差訴え(2021年1月27日)

・避難指示の対象ではなかったが、自らの判断で幼いきょうだいを連れて母子避難

・「少数者」から見た社会への違和感を記録に残そうと執筆

日本政府は放射線から市民を守る施策が不十分と指摘(2018年国連人権理事会)

内部被ばくを覚悟し水を口にせざるを得ない日々

・自主避難者への賠償金や住宅支援などは、強制的な避難者と比べると格段に乏しい

・「被ばくに神経質になって勝手に避難した」と傷つけられた人も多い

被ばくを拒否する権利は一人一人にあり、基本的人権が尊重される社会にしたいと訴え

・命を最優先に行動することや「逃げる権利」の重要性を強調

・「いつでも誰でもマイノリティーになり得る。少数派の意見を聞くことは民主主義の根幹

・「特に脆弱な子どもをさらなる被ばくから守ることに力を貸して下さい

(京都新聞・夕刊2021.1.27記事より抜粋)


【出版のごあいさつ】『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』森松明希子・著(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2402.html

【書評】「触れると熱く感じるぐらいの熱量や、命懸けの圧力を感じます。」by津久井進弁護士/ 森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2409.html

【書評】無理解な社会に訴えるには同情ではなく、人間の尊厳を訴え、憲法に明記された人権の尊重を要求してこそ獲得するべきものであるby水戸喜世子さん/ 森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2413.html

【神戸新聞】世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。『災害からの命の守り方』は一人一人が強い意志と深い思考を重ねることだ」/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2418.html

2021年1月23日(土)14時~『災害からの命の守り方-私が避難できたわけ-』(文芸社)刊行記念 森松明希子さんによるリアル&リモート・ト-クイベント@大阪・隆祥館書店 

20210123刊行記念トークイベント@隆祥館書店.jpg

「災害からの命の守り方 私が避難できたわけ」文芸社 刊行記念

 森松明希子さんによるリアル&リモート・ト-クイベント
のご案内

テ-マ「あなただったらどうしますか ? 」

災害からの命の守り方_帯あり_表紙カバー WEBアップ用.jpg
災害からの命の守り方

開催日 : 2020年1月23日 土曜日

時間 : 14:00~16:00 

隆祥館書店多目的ホ-ルからリアル&リモ-トで配信
(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)

隆祥館書店多目的ホ-ルにて、

限定25名リアルトークイベント

隆祥館書店からリモ-トで配信

☆避難して来られている方々は、本代は必要ですが、参加費は、無料です。
そのような方々がおられたら、お申込みの際、お知らせ下さい。


リアルトークイベント
●費用:3,300円
(内訳:参加費1,430円+本代「災害からの命の守り方」 1,870円

リモートトークイベント
●費用:3,500円
(内訳:参加費1,130円+「災害からの命の守り方」1,870円
+送料及び手数料500円)

リモ-トが苦手な方のために 
●費用:4,000円
(内訳:参加費1,130円+「災害からの命の守り方」1,870円
+送料及び手数料500円
+(後日DVDをお渡しします)500円)

(要予約・事前購入制とさせていただきます。申込み順)

*振込先 三井住友銀行上町支店  (普通) 1353923
カ)リュウショウカンショテン

※ リモートトークイベントに、参加ご希望の方は、あらかじめZOOMの
インスト-ルをしておいて下さい。

※ 参加者は、弊社が送付するメールに記載のアドレスからzoomに
ご参加いただき、開始時間までにIDとパスワードをご入力のうえ
お待ちください

※ 店頭もしくは、メ-ルで、お名前・ご住所(郵便番号含む)・
お電話番号を明記の上、お申込み下さい。
(メ-ル送信及び遠方の方への送品のため)

※ お申し込みの手続きを完了しているのに、こちらからの連絡のない
場合は、恐れ入りますが、トラブルを避けるためにもイベントの
3日前までにお電話にて、ご一報いただけますようお願い致します。

申込み・お問合せ: 隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 

住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4 谷町6丁目⑦番出口向かい

Eメ-ル: ryushokan@eos.ocn.ne.jp 

主催: 隆祥館書店       協力: 文芸社


隆祥館書店ウェブページより

2021年1月21日(木)「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判(原発賠償関西訴訟)第28回口頭弁論期日@大阪地方裁判所

20210121関西訴訟期日チラシ第28回.jpg


《第28回裁判》
日時:2021年1月21日(木)14:00~
場所:大阪地裁本館202号法廷
集合:午後13:00

1月21日(木)、原発賠償関西訴訟の第28回期日が開かれます。
当日のスケジュール等詳細がほぼ決まりましたので、ご連絡します。
当日の傍聴案内をさせていただきますが、緊急事態宣言が発出されていることにかんがみ、新型コロナウイルス感染防止のため、報告集会は開催しないことを決めました。
また、模擬法廷(期日外企画)はZoom配信を行うのみで、サポーターの方に会場に来ていただくことは取りやめました。
傍聴券の抽選はありますが、後述のように、Zoomにて、模擬法廷(期日外企画)の様子を配信する予定ですので、そちらにアクセスしていただくようお願いします。
また、通常行っております12時からの淀屋橋駅での宣伝行動も行いません。

■日時■
2021年1月21日(木)14:00~14:30頃
■場所■
大阪地方裁判所本館2階202号法廷
■事件番号■
平成25年(ワ)第9521号等・損害賠償請求事件
※ 抽選があります(後述)
サポーターの皆さまは、以下のようにZoomにてご参加いただけますよう、お願いする次第です。
■ Zoomによる模擬法廷(法廷外企画)の配信について
サポーターの方々は、当日こちらからご視聴ください。
********
原発賠償関西訴訟_第28回期日_模擬法廷
2021年1月21日 14:00
●Zoomミーティングに参加する
https://us02web.zoom.us/j/89931571373?pwd=bmlFOE1pMngzKzFzNHNCWFUrZU0ydz09
●ミーティングID
899 3157 1373
●パスコード
123456

********
■ 当日のスケジュールを以下に記載します(傍聴の場合)。
●13:00
大阪地方裁判所・別館正面玄関集合
(注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)
http://www.courts.go.jp/.../syozai/osakamain/index.html
●13:10~13:20
大阪地方裁判所・別館正面玄関前 整理券配布(13:20抽選)
※ 傍聴券交付状況をご確認ください。
https://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/detail?id=14526&list_id=146,148,147,149,150,151,152,153,154,155,156,157,158,159
※ 13:15~13:20頃に、原告・弁護団は裁判所に入廷を行う予定です。
なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。
●14:00
弁論開始(202号法廷)
※ 抽選に外れた方は、今回は模擬法廷への誘導をいたしません。Zoomにアクセスしてください。
●14:30頃
弁論終了予定
※ 報告集会は行いません。
■ 第28回弁論期日の内容は以下のとおりです。
・原告の準備書面の陳述・・パワーポイントを使用して説明します。
低線量被ばく関係の準備書面を提出する予定です。
■ 第28回弁論期日以降の日程
第29回期日2021年5月13日(木)14:00予定
以上です。
傍聴に来られる方は、くれぐれも13:20までに裁判所の別館正面玄関前にお越し下さい。
ただし、Zoomでアクセスしていただきたいです。



【原発賠償関西訴訟@大阪地裁の今後の予定】

《第29回裁判》
日時:2021年5月13日(木)14:00~

続きを読む

【神戸新聞】世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。『災害からの命の守り方』は一人一人が強い意志と深い思考を重ねることだ」/森松 明希子・著『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』(文芸社)

20210119神戸新聞夕刊_災害からの命の守り方出版記事.jpg

【世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、
「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。
こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。
『災害からの命の守り方』は一人一人が強い意志と深い思考を重ねることだ」】
(2021年1月19日(木)神戸新聞・夕刊より)


20210119神戸新聞・夕刊_見開き.jpg

【3.11避難者の声】

神戸新聞から掲載誌を送っていただきました。
2021年1月19日(木)神戸新聞_夕刊です。
こんなに大きく紙面いっぱいに取り上げていただいたこと、
心から感謝です。
表紙の一面(左上)にも❣
一般市民が本を出版しても、スポンサーがついているわけでも、
大きく取り上げてもらえたり、ましてやお茶の間に流れるテレビで大々的に取り上げてもらえるといういわゆる【番宣】やってもらえるわけでもなく・・・
コツコツと多くの皆さまに読んでもらえるために出来る努力をひたすら淡々とやっていくしかないのですが、こうして新聞紙面で取り上げていただけたり、ご紹介してくださったりすることで、
どれだけ多くの、私が「届けたくても届かない」方々にリーチできるかと思いますと、本当にマスメディア(特に新聞メディア)の「知らせる」力は有り難くもあり、現場の記者さん、デスクさん、新聞社さんの矜持に心から敬意と感謝なのです。
記事も、あの分厚い本をしっかり読み込んでくださり、私が最も伝えたいことをギュッと凝縮して記事にしてくださっています。ぜひ多くの方に読んで頂きたい新聞記事です☆

(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・森松明希子さんのFacebookより)

【世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、
「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。
こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。】

神戸新聞から掲載誌を送っていただきました。
2021年1月19...

森松 明希子さんの投稿 2021年1月22日金曜日

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2814788962109922&id=100007365376700

記事全文はWEB版にも掲載されています。

原発事故で奪われた日常と生まれた分断 福島離れ10年母子の記録|総合|神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202101/0014016609.shtml

【神戸新聞NEXT】 原発事故で奪われた日常と生まれた分断 福島離れ10年母子の記録

20210119神戸新聞NEXT一部.png

■原発事故で奪われた日常と生まれた分断 福島離れ10年母子の記録
 2021/1/19  神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202101/0014016609.shtml

  福島県郡山市で東日本大震災に被災し、福島第1原発事故を受けて関西に母子で避難している森松明希子さん(47)が、体験をつづった「災害からの命の守り方-私が避難できたわけ」(文芸社)を出版した。穏やかに子育てをしていた日常が突然奪われ、福島に残った夫との二重生活は間もなく10年に及ぶ。生活者目線のつぶさな記録は胸を突き、「あなたならどうしますか」と問い掛ける。(鈴木久仁子)

森松さんの著書は2011年3月11日、震災当日に自身の家族に降りかかった出来事から始まる。2カ月後に当時3歳と0歳の子どもと避難することを決めたいきさつ、大阪市内に母子避難をした後の状況を、その時の心境と共に記した。

 特に震災後、離れ離れになった福島のママ友2人との境遇の違いは「つらい現実。ぜひ読んでほしい」と話す。森松さんには「頼りにする同志のような間柄」だったが、避難した森松さんに対し、1人は福島に残り、もう1人はいったん県外避難して福島に戻った。

 自宅は原発から60キロの「自主避難区域」。それぞれの事情で別々の選択になった。とどまった母親は「私が一番子どもを守っていない。でも逃げる場所もない。放射能のことは考えないようにしないと、生活できない」と吐露。戻った母親からは「母子避難していたことは周囲に隠している」と明かされた。除染の続く町で、母親たちは分断され、物言わず生活することを強いられている。
「自主避難」というあいまいな線引きが引き起こす苦しみ。「放射線被ばくの恐怖から免れ、健康を享受する権利は等しく全ての人に与えられなければならない。それが基本的人権ではないですか」。森松さんは悔しさをにじませる。

 内からわき上がる憤りを形にし「当たり前のこと」を求め続けた9年間。東京電力や国に損害賠償を求める関西訴訟原告団の代表になり、発信を続ける。

 世界中が新型コロナウイルスという「見えない敵」と闘うさなか、「ある日突然、平和な日常が奪われるのは同じ。こんな時こそ、誰かの指示待ちになり思考停止に陥ってはいけない。『災害からの命の守り方』は一人一人が強い意志と深い思考を重ねることだ」と警鐘を鳴らす。476ページ、1700円(税別)。

【もりまつ・あきこ】1973年、兵庫県伊丹市出身。原発賠償関西訴訟原告団代表。2018年に国連人権理事会でスピーチ、参議院でも被災当事者として陳述した。19年には「黒田裕子賞」を受賞。著書「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)ほか。

【目次】『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』森松明希子・著(文芸社)

災害からの命の守り方_帯あり_表紙カバー WEBアップ用.jpg

福島で原子力災害を目の当たりにしたごく普通の私が、
一人の人間として伝えたいこと。

災害からの命の守り方
─私が避難できたわけ─
森松明希子 (もりまつあきこ)


【目次】
はじめに ​
序 章 あの時、福島に何が起こったのか​ 
0‐1 まさか原子力災害により避難を余儀なくされるとは、思いもしなかった​
0‐2 ある日突然・・・
第1章 命の重さ​
1‐1 大人は「命を大切に」って言うけれど・・・
1‐2 避難訓練の目的は何ですか?​
第2章 3.11東日本大震災発生​
2‐1 3・11当日ーあの日、福島で体験した現実
2‐2 福島の中で見た事実と外から見える事実​
2‐3 メディアが伝えない原発避難の真実​
2‐4 一日だけしか着られなかった制服​
2‐5 マスクの束​
2‐6 ダメダメ生活​
2‐7 たった一度だけでも​
2‐8 どうして私が避難するという決断に至ることが出来たのか​
2‐9 水―もっとも衝撃的で辛かったこと​
2‐10 母子避難は苦渋の決断​
2‐11「避難の権利」の確立を求めて​
2‐12 美味しんぼ事件​
2‐13 「私は避難する」と言えますか?ー福島のお母さんの「ありがとう」の意味​
第3章 3人の母親―あなたなら、どうする?
3‐1 3人の母ー避難した母・とどまった母・帰還した母​
3‐2 「逃げないという選択」と個人の尊厳​
第4章 ある日突然マイノリティ​
4‐1 差別と人権​
4‐2 真実を伝えるための裁判​
4‐3 民主主義の根幹は「言論の自由」、そして「知る権利」ー「調べない、知らせない、助けない」は許されない​
4‐4 真実を伝え、理解と共感の輪を広げるために​
4‐5 被ばくを強要する立場とそれに反対する立場​
4‐6 正常性バイアス​
4‐7「津波てんでんこ」はあるのに、なぜ「放射能てんでんこ」はないのか?​
第5章 先入観を打ち破れ!ースマホで探すな
5‐1 メディアが作り上げた言葉ー「言い換え話法」
5‐2「避難者」は国内避難民という認識、ありますか?​
 *国連『国内避難に関する指導原則』外務省(仮訳)公表についての記者会見​
第6章 あなたは「避難者」になれますか?​
6‐1 避難者と国内避難民​
6‐2 ノーカウント戦法ー避難者数にカウントされない事実
6‐3「放射能」と言って何が悪い?​
6‐4「爆発」と言わなかった重責​
6‐5「メルトダウン」とか「メルトスルー」とか​
6‐6「風化」と「風評」​
6‐7 先入観を打ち破れ!ー自分の頭で考えるー
6‐8「避難」は「保養」の最たるもの​
6‐9 逃げることは恥ですか? ​
第7章 守られない子どもたちー「原発いじめ」の正体 
7‐1 みんなちがってみんないい
7‐2 おうちが二つ​
7‐3 心が壊れる―アイデンティティの喪失​
7‐4 ローマ法王に救いを求めた17歳の少年​
7‐5 あのとき たくさん死んだから​
第8章 逃げることは権利だ! ​
8‐1 あなたは「専門家」?​
8‐2 問題の本質は何か?​
8‐3 問題の本質を見るということ​
8-4 原子力災害に直面したときの問題の本質​
8‐5 水をかけてもダメでしょ​
8‐6 福島原発事故で侵害された利益と避難の正当性​
8‐7 憲法前文ー平和のうちに生きる権利(平和的生存権)​
8‐8 憲法13条と21条​ー尊厳と自由
8‐9「被ばくからの自由」の具体的権利内容​
8‐10 憲法25条​ー健康で文化的な最低限度の生活って何ですか?
8‐11 憲法14条​ー命は平等に守られていますか?
8‐12 初期被ばくと「持続的被ばく」の理論​
8‐13「被ばくからの自由」の二つの側面​
8‐14 国際社会からみた3・11避難者​
第9章 ある日、突然国連へ​
9‐1 なぜ私は国連でスピーチすることが出来たのか​
9‐2 つながりと日々の地道な発信​
9‐3 国連人権理事会でのスピーチが意味するもの​
 *37回人権理事会本会議 森松明希子スピーチ​
第10章 自分の頭で考えることが最高の危機管理​
10‐1 国会に声を届けたい​
 *参議院 東日本大震災復興特別委員会 参考人 意見陳述
10‐2 二重住民票​
10‐3 予防原則​
10‐4「かわいそうな人」ではない​
10‐5 大臣発言​
10‐6「命を守る訓練」とは?​
10‐7 憲法を盾にーコスタリカの実践に触れて
10‐8 権利主張を忌み嫌う国民性?​
10‐9 リスクコミュニケーションという横文字​
10‐10 人権問題として捉えていないと簡単に言論は封じられる
10‐11 避難者の会を立ち上げた理由​
第11章 言論の封じ方​
11‐1 助成金ーお金のはなし​
11‐2 「お金もらってやってるんでしょ」​
11‐3 「賠償金もらってるから」​
11‐4 権利を勝ち取るという不断の努力​
11‐5 分断を乗り越えるー安定ヨウ素剤の例​
11‐6 不幸自慢の行き着く先ー「ふるさと論」による分断​
11‐7 権利に名前をつけたいわけじゃない​
11‐8「権利」は裁判官が決めるもの?​
11‐9「ママだから」という言葉​
11-10 住宅無償提供打ち切り問題も人権侵害​
11‐11 「もっと大変な人がいるから」は権利を手放す理由にはならない​
11‐12 我慢は美徳なのか​
11‐13「フレコンの 前で子育て わたし無理​」
11‐14 命を守る​
終 章 3.11福島から新型コロナウィルス感染症まで​
12‐1 見えないものとのたたかい​
12‐2「逃げ切った」と言えるのか​
12‐3 避難できたからそれで終わり、ではないのです​
12‐4 新型コロナウイルス感染症も「災害」​
12‐5 歴史は繰り返されるーノーカウント戦法​
12‐6 二つの緊急事態宣言​
12‐7 緊急事態宣言は魔法の杖でも魔法の呪文でもない​
12‐8 来年は「ガマン」しなくてよいゴールデンウィークがやって来ますか?​
12‐9 裸の王様​
意見陳述書​
註釈一覧​

【3.11避難者の声】〜著者メッセージ〜

1.17の日に合わせて3.11の本を出版させて頂きました。
【目次】に渾身の思いを込めて見出しをつけました。

できるだけ多くの皆さまに拙著をお読みいただきたいです。
そして、分かち合いたいです。共有したいです。ご批判も含めて意見交換や討議討論もしたいです。
でも何よりも「事実」をまずは一番知ってほしいです。
そして、あなただったらどうするか?の答えをぜひ、探してほしいと思うのです。

※皆さまのお近くの図書館へリクエストを出していただけましたら大変ありがたく存じますm(__)m
『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』
(文芸社・刊/森松明希子・著)

※全国どちらの書店からでもご注文・ご購入出来ます。
できるだけ多くの皆さまにお広めくださいm(__)m

1.17の日に合わせて3.11の本を出版させて頂きました。
【目次】に渾身の思いを込めて見出しをつけました。

はじめに ​
序 章 あの時、福島に何が起こったのか​ 
0‐1 まさか原子力災害により避難を余儀なくされるとは、思いもしなかっ...

森松 明希子さんの投稿 2021年1月17日日曜日






続きを読む

『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』森松明希子・著(文芸社)「1.17の日に合わせて3.11の本を出版させて頂きました。【目次】に渾身の思いを込めて見出しをつけました」

災害からの命の守り方_帯あり_表紙カバー WEBアップ用.jpg

福島で原子力災害を目の当たりにしたごく普通の私が、
一人の人間として伝えたいこと。

災害からの命の守り方
─私が避難できたわけ─
森松明希子 (もりまつあきこ)


【目次】
はじめに ​
序 章 あの時、福島に何が起こったのか​ 
0‐1 まさか原子力災害により避難を余儀なくされるとは、思いもしなかった​
0‐2 ある日突然・・・
第1章 命の重さ​
1‐1 大人は「命を大切に」って言うけれど・・・
1‐2 避難訓練の目的は何ですか?​
第2章 3.11東日本大震災発生​
2‐1 3・11当日ーあの日、福島で体験した現実
2‐2 福島の中で見た事実と外から見える事実​
2‐3 メディアが伝えない原発避難の真実​
2‐4 一日だけしか着られなかった制服​
2‐5 マスクの束​
2‐6 ダメダメ生活​
2‐7 たった一度だけでも​
2‐8 どうして私が避難するという決断に至ることが出来たのか​
2‐9 水―もっとも衝撃的で辛かったこと​
2‐10 母子避難は苦渋の決断​
2‐11「避難の権利」の確立を求めて​
2‐12 美味しんぼ事件​
2‐13 「私は避難する」と言えますか?ー福島のお母さんの「ありがとう」の意味​
第3章 3人の母親―あなたなら、どうする?
3‐1 3人の母ー避難した母・とどまった母・帰還した母​
3‐2 「逃げないという選択」と個人の尊厳​
第4章 ある日突然マイノリティ​
4‐1 差別と人権​
4‐2 真実を伝えるための裁判​
4‐3 民主主義の根幹は「言論の自由」、そして「知る権利」ー「調べない、知らせない、助けない」は許されない​
4‐4 真実を伝え、理解と共感の輪を広げるために​
4‐5 被ばくを強要する立場とそれに反対する立場​
4‐6 正常性バイアス​
4‐7「津波てんでんこ」はあるのに、なぜ「放射能てんでんこ」はないのか?​
第5章 先入観を打ち破れ!ースマホで探すな
5‐1 メディアが作り上げた言葉ー「言い換え話法」
5‐2「避難者」は国内避難民という認識、ありますか?​
 *国連『国内避難に関する指導原則』外務省(仮訳)公表についての記者会見​
第6章 あなたは「避難者」になれますか?​
6‐1 避難者と国内避難民​
6‐2 ノーカウント戦法ー避難者数にカウントされない事実
6‐3「放射能」と言って何が悪い?​
6‐4「爆発」と言わなかった重責​
6‐5「メルトダウン」とか「メルトスルー」とか​
6‐6「風化」と「風評」​
6‐7 先入観を打ち破れ!ー自分の頭で考えるー
6‐8「避難」は「保養」の最たるもの​
6‐9 逃げることは恥ですか? ​
第7章 守られない子どもたちー「原発いじめ」の正体 
7‐1 みんなちがってみんないい
7‐2 おうちが二つ​
7‐3 心が壊れる―アイデンティティの喪失​
7‐4 ローマ法王に救いを求めた17歳の少年​
7‐5 あのとき たくさん死んだから​
第8章 逃げることは権利だ! ​
8‐1 あなたは「専門家」?​
8‐2 問題の本質は何か?​
8‐3 問題の本質を見るということ​
8-4 原子力災害に直面したときの問題の本質​
8‐5 水をかけてもダメでしょ​
8‐6 福島原発事故で侵害された利益と避難の正当性​
8‐7 憲法前文ー平和のうちに生きる権利(平和的生存権)​
8‐8 憲法13条と21条​ー尊厳と自由
8‐9「被ばくからの自由」の具体的権利内容​
8‐10 憲法25条​ー健康で文化的な最低限度の生活って何ですか?
8‐11 憲法14条​ー命は平等に守られていますか?
8‐12 初期被ばくと「持続的被ばく」の理論​
8‐13「被ばくからの自由」の二つの側面​
8‐14 国際社会からみた3・11避難者​
第9章 ある日、突然国連へ​
9‐1 なぜ私は国連でスピーチすることが出来たのか​
9‐2 つながりと日々の地道な発信​
9‐3 国連人権理事会でのスピーチが意味するもの​
 *37回人権理事会本会議 森松明希子スピーチ​
第10章 自分の頭で考えることが最高の危機管理​
10‐1 国会に声を届けたい​
 *参議院 東日本大震災復興特別委員会 参考人 意見陳述
10‐2 二重住民票​
10‐3 予防原則​
10‐4「かわいそうな人」ではない​
10‐5 大臣発言​
10‐6「命を守る訓練」とは?​
10‐7 憲法を盾にーコスタリカの実践に触れて
10‐8 権利主張を忌み嫌う国民性?​
10‐9 リスクコミュニケーションという横文字​
10‐10 人権問題として捉えていないと簡単に言論は封じられる
10‐11 避難者の会を立ち上げた理由​
第11章 言論の封じ方​
11‐1 助成金ーお金のはなし​
11‐2 「お金もらってやってるんでしょ」​
11‐3 「賠償金もらってるから」​
11‐4 権利を勝ち取るという不断の努力​
11‐5 分断を乗り越えるー安定ヨウ素剤の例​
11‐6 不幸自慢の行き着く先ー「ふるさと論」による分断​
11‐7 権利に名前をつけたいわけじゃない​
11‐8「権利」は裁判官が決めるもの?​
11‐9「ママだから」という言葉​
11-10 住宅無償提供打ち切り問題も人権侵害​
11‐11 「もっと大変な人がいるから」は権利を手放す理由にはならない​
11‐12 我慢は美徳なのか​
11‐13「フレコンの 前で子育て わたし無理​」
11‐14 命を守る​
終 章 3.11福島から新型コロナウィルス感染症まで​
12‐1 見えないものとのたたかい​
12‐2「逃げ切った」と言えるのか​
12‐3 避難できたからそれで終わり、ではないのです​
12‐4 新型コロナウイルス感染症も「災害」​
12‐5 歴史は繰り返されるーノーカウント戦法​
12‐6 二つの緊急事態宣言​
12‐7 緊急事態宣言は魔法の杖でも魔法の呪文でもない​
12‐8 来年は「ガマン」しなくてよいゴールデンウィークがやって来ますか?​
12‐9 裸の王様​
意見陳述書​
註釈一覧​

【3.11避難者の声】〜著者メッセージ〜

1.17の日に合わせて3.11の本を出版させて頂きました。
【目次】に渾身の思いを込めて見出しをつけました。

できるだけ多くの皆さまに拙著をお読みいただきたいです。
そして、分かち合いたいです。共有したいです。ご批判も含めて意見交換や討議討論もしたいです。
でも何よりも「事実」をまずは一番知ってほしいです。
そして、あなただったらどうするか?の答えをぜひ、探してほしいと思うのです。

※皆さまのお近くの図書館へリクエストを出していただけましたら大変ありがたく存じますm(__)m
『災害からの命の守り方ー私が避難できたわけー』
(文芸社・刊/森松明希子・著)

※全国どちらの書店からでもご注文・ご購入出来ます。
できるだけ多くの皆さまにお広めくださいm(__)m

1.17の日に合わせて3.11の本を出版させて頂きました。
【目次】に渾身の思いを込めて見出しをつけました。

はじめに ​
序 章 あの時、福島に何が起こったのか​ 
0‐1 まさか原子力災害により避難を余儀なくされるとは、思いもしなかっ...

森松 明希子さんの投稿 2021年1月17日日曜日

続きを読む

【訴訟学習会のご案内】2021年1月16日(土) 14時~15時30分 『低線量被ばくの影響について~本行意見書を基にした原告の主張~』講師:加藤弁護士(関西訴訟弁護団)@ZOOM(リモート/無料)

20210116訴訟学習会@KANSAIサポーターズ_低線量被曝の影響について.jpg

原発賠償関西訴訟の応援団・KANSAIサポーターズからの訴訟学習会のお知らせです!

………… 訴訟学習会のご案内…………
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
このところ、コロナ禍のためZoomを使ってオンラインで開催しています。

関西訴訟原告は、2020年2月の裁判期日で本行忠志教授(阪大医学系研究科)の意見書とともに、
第68準備書面を提出し、放射線感受性には個人差があり、
特に若年層に影響が現れやすいことや、
福島県民健康調査で見つかった甲状腺がんの多発について、
原発事故の影響が否定できないことなどを主張しました。

それに対し、7月の期日で東電は反論の主張を陳述しました。
次回期日(1月21日)では、原告はその東電の反論に再反論のプレゼンをする予定にしています。

そこで、本行意見書を基にした低線量被ばくについて、
原告はどういった主張をし、
東電はそれにどう反論してきたのか、
次回期日の見どころの予習をかねて学びたいと思います。

また、2021年は、群馬訴訟高裁判決(1月21日)、山木屋訴訟地裁判決(2月9日)、千葉訴訟1陣高裁判決(2月19日)、子ども脱被ばく裁判判決(3月1日)と、
私たちの裁判にも影響する重要な判決が続きます。

関西訴訟としてそれぞれの裁判闘争と連帯し、
エールを送る応援アクションを、
学習会のあと15時30分頃に予定しています。

そのためにも、たくさんの方に参加していただきたいと思います。
どうかよろしくお願いいたします。

◆参考資料として
原告第68準備書面

東電第25準備書面

その他、原告・被告東電・被告国の準備書面は、下記リンクから見ることができます。
https://hinansha-kansaibengodan.amebaownd.com/.../page...

■今回のテーマ■
低線量被ばくの影響について ~本行意見書を基にした原告の主張~
講師:加藤弁護士(関西訴訟弁護団)

■日時■
2021年1月16日(土)
14時~15時30分
※この後、関西訴訟原告・弁護士・支援者による情報交流会があります。
学習会だけのご参加も歓迎です。

■Zoom参加ご希望の方■
kansaisapo@gmail.com
上記アドレス宛に、
件名:◆1月16日訴訟学習会参加希望◆
メールアドレス、氏名、所属団体等(あれば)をご記入の上、お申込みください。
折り返し、ZoomミーティングID,パスワードをお知らせします。

続きを読む

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

12 | 2021/01 [GO]| 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム