FC2ブログ

Entries

【中止になりました⚠】2020年3月25日(水)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI@大阪市立社会福祉センターのご案内

はじめましてサンドリです.jpg

【中止のお知らせ】新型コロナウィルスの影響で、3月のカフェイモニカイは中止とさせていただくこととなりました。

4月以降の予定も、状況を見て判断をさせいただきますので、WEBページをご確認ください。
3.11から10年目となりましたが、来年度もカフェイモニカイは続けていく予定です。
今後ともひきつづきどうぞよろしくお願い申し上げます。


毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。
ご都合のつく方は是非ご参加ください。



【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:2020年3月25日(水) 

    10:30~15:00頃


トークタイムは14時半に終了させて頂く可能性があります。(学習企画準備中)
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物は各自でご用意ください。
     お昼をまたぐ方は、昼食も各自でご用意ください。


場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
    差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。


今後の予定: 2020年4月23日(木)、5/20(水)、 6/16(火)、 7/28(火)、 8/18(水) 

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)


協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)

2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは7年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
「芋煮」は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた8年11ヶ月間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


サンドリロゴ
はじめましてサンドリです.jpg

放射能社会を生きる連続セミナー@インターネット ホームスィートひょうご 地方自治体から放射性汚染土の再利用を止めて 私達の暮らしと未来を守るための緊急シンポジウム(2020.3.21)

20200321ホームスイートひょうご.jpg

====================
放射能社会を生きる連続セミナー@インターネット
ホームスィートひょうご
地方自治体から放射性汚染土の再利用を止めて
私達の暮らしと未来を守るための緊急シンポジウム
( 3.21 放射能汚染土の拡散を止めるための緊急シンポジウム)
■インターネットで開催します
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定していた神戸市勤労会館での開催を中止し、インターネットでの「ウェビナー(ウェブ+セミナー)」形式で開催することになりました。
インターネットにつながっているPC、タブレット、スマートフォンから参加することができます。
通信環境によって音声や映像が乱れたり中断する場合があります。ご了承のうえご参加ください。
■参加費:無料
■定員:100名
■日時:2020年3月21日(土)14:00~15:30
13:00~13:50頃まではウェビナーが初めての方の接続練習タイムとさせていただきます。
(当日、操作方法が分からない方は、松本携帯:070-1308-7717
 までお電話ください。14時以降はウェビナーの操作をするため、
 通話できなくなります。ご了承ください。)
■参加方法
 https://zoom.us/webinar/register/WN_9rp5S1OcT82udPtiB27U0g
 より事前登録をお願いします。
 
 ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
■シンポジウム内容:
 放射性汚染土の再利用についての環境省令案についてと問題点の解説。
 地方自治体議員、農業従事者からの提言など。
====================


【中止となりました】2020年3月21日(土)「さよなら上関原発!私たちは福島を忘れない!」上関原発を建てさせない山口大集会2020で3.11避難者が報告!(入場無料・雨天決行)

※「上関原発を建てさせない山口大集会2020」の開催中止の告知はこちらです。
https://stopkaminoseki.wixsite.com/kenmin-daisyuka…/blank-14



3月21日の上関原発を建てさせない山口大集会2020、このたびの新型コロナ・ウィルス感染拡大の現状を鑑み、集会をいったん中止となったそうです。集会事務局からのメッセージです。

「まずこの混乱を平静を保ち、何事もなく乗り切る。
 大事なのは、私達の流れを止めるのではなく、続けていくことだと思います。いわば雨や嵐の日にはデモを中止しても1000回を超える活動を続けてきた祝島島民のように。そして毎日平生の、交差点に立ち続ける小中さんのように。」
今回の集会は中止となりますが、上関原発を建てさせないという私たちの思いが消えるわけではありません。今後の取り組みについては、事務局で検討後、発表されるものと思いますので、またお知らせいたします。


20200321 @山口.jpg
20200321@山口(裏面).jpg


3.11避難者のおはなしは森松明希子さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
2011年3月11日、福島県郡山市在住中に
東日本大震災に被災、0歳と3歳の2児を連れて同年5月に大阪市へ母子避難。
原発賠償関西訴訟原告団代表・原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表を務める。
また、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰、
国連や国会などで 精力的に避難者の声を発し続けている。
2018年3月19日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ(http://goo.gl/Y7z72s
帰国後、7月11日、参議院東日本大震災復興特別委員会にて参考人として陳述。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/196/0152/19607110152006.pdf
2018年3月ジュネーブで開かれた国連人権理事会にてスピーチ
2019年10月31日「黒田裕子賞」受賞  


著書:「母子避難、心の軌跡
<http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0676.html>(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声〜当事者自身がアーカイブ〜」、
red kimono 福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 ・
A speech,letters and memoirsby evacuees from Fukushima 』

発言:「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
「『避難』は『保養』の最たるものです」
自主避難ではなく『自力避難』ではないですか?」


東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


【10コマ漫画】原発事故被害者の一人ひとりに安心して暮らす権利を

GPマンガ1−5まとめ.png

2011年3月11日東日本大震災後の違和感。
『健康にただちに影響はございません』
「子どもたちの命と健康に関わることなのに…」
「「ダメ!」って言わなくていい安心感」
『調べない、知らせない、助けない』
誰もが平等に持っている権利を私は手放したくないのです。
10コマ漫画にしていただきました。
※できるだけ多くの人に見て、知ってほしいです。
漫画はコチラのページに掲載ありますm(_ _)m
 ↓
【署名】原発事故被害者の一人ひとりに安心して暮らす権利を
→ https://act.gp/2T80eXA


*1:グリーンピースは国連で国際的なNGOに与えられる最も高い地位の1つ「総合協議資格」を持ち、国連の会議にオブザーバー資格で出席することができます。また、環境問題の専門家として各国政府へのアドバイスや提言も行っています。

*2:国連人権理事会 国内避難民の人権に関する特別報告者 セシリア・ヒメネス・ダマリーさん 2016年より国内避難民の人権に関する特別報告者として、エルサルバドル、リビア、ニジェールなどで調査・勧告を行う。特にエルサルバドルとニジェールで、国内避難民の保護に関する法律の立法につながった実績を持つ。 2018年ジュネーブの国連本部で、原発事故によって避難している母親と対面。日本政府の代表団に対し、福島原発事故の避難民が国際法のもとでは国内避難民であることを説明している。(グリーンピース・ジャパンWEB署名ページより引用)


【3.11避難者の声】
お支えくださる全世界の皆さまへ
東京電力福島第一原発事故で福島県郡山市から避難している森松明希子です。
2018年、スイスの国連欧州本部で、原発事故被害者の一人としてスピーチをした時には、お力添えいただき、ありがとうございました。
署名で私たちの訴えを後押ししてくださったり、ご寄付で渡航や現地での活動を支えてくださったりした皆さま、本当にありがとうございます。
東電福島原発事故が起こって以降、私たち原発事故被害当事者、支援者、さまざまなNGOなど、この問題にかかわる多くの人々が国際社会へのはたらきかけを続けています。
その働きかけもあって、国連の専門家が、日本で被害の実態を調査をしたいと日本政府に申し入れてくださいました。
セシリア・ヒメネス・ダマリ−さんとおっしゃる国連の国内避難民の人権に関する特別報告者で、独立した立場で調査し、国に勧告を出すことができる方です。
特別報告者セシリアさんの訪問調査の実現を私たち原発事故被害者は切望しています。
調査を実現するには、日本政府がセシリアさんの訪問を承諾する必要があります。
セシリアさんは、過去にも日本に原発事故被害者の調査を申し入れましたが、日本政府が受け入れておらず、未だに実現していません。
特別報告者によって実情をつぶさに見て頂くことは、被災者・避難者にとっても、また、日本政府の国際的信用にとっても、非常に意義のあることだと思います。
今度こそ特別報告者の訪日調査を実現するため、もう一度皆さまにお力添えをいただけないでしょうか?
外務大臣に特別報告者セシリアさんの訪日調査の実現を要請するキャンペーンをグリーンピースとともに立ち上げました。
皆さまも署名でご協力をしていただけませんでしょうか?
この9年の間も、原発事故被害者はさらに厳しい状況に立たされています。
経済的に避難生活を続けることが厳しく、被ばくに怯えながらも福島をはじめとする避難元に帰る方。
除染が終わったから戻れと、避難先から立ち退きを迫られている方。
福島の家が除染のために取り壊され、仕事も失い、避難先で貯金を切り崩しながら暮らしを立て直そうとしている方。
国連の専門家による調査は、こうした私たち原発事故被害者が直面する被害の実相が明らかにされることにより、政府に適切な保護や対策を求めることに繋がります。
自ら望んで避難している人は誰もいません。被ばくに怯えることなく安心できる場所で暮らす権利が私たち一人ひとりにあるはずです。
原発事故被害者の中には、家族のため、仕事のために、声をあげたくてもあげられない方もいらっしゃいます。だからこそ、声をあげられる私たちが、どんなに小さな声でもあげつづけることに、大きな意味があると思います。
ぜひ、皆さまのお力を貸していただけませんか?
皆様のご署名、心からお願い申し上げます。
【署名】原発事故被害者の一人ひとりに安心して暮らす権利を
国連の専門家の訪問を受け入れて、福島第一原発事故 被害者の調査を実現させてください
→ https://act.gp/2T80eXA
森松明希子 
※出来るだけ多くの皆さま、世界中の皆さまにお知らせください。原発被害の実相を明らかにする手助けをお願いします。
情報公開が世界に対してもなされますように。


【署名のお願い】国連の専門家の訪日調査を実現させてください
〜原発事故被害者の一人ひとりに安心して暮らす権利を〜
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2353.html

続きを読む

【アジアプレス】届かなかった?「健康調査にお金を使ってほしい」【森雅子法相が復興事業受注企業から献金 その財源は震災特別会計だった 「税金の還流で政治的に問題」と専門家】(2020年3月12日)

20200312アジアプレス.png

アジアプレス・ネットワークの【森雅子法相が復興事業受注企業から献金 その財源は震災特別会計だった 「税金の還流で政治的に問題」と専門家】記事の中で、
京都に避難した原発賠償京都訴訟共同代表の福島敦子さん、
大阪に避難した原発賠償関西訴訟代表の森松明希子さんが、
コメントが掲載されています。(2020年3月12日付)
記事引用
◆届かなかった?「健康調査にお金を使ってほしい」
震災後すぐ家族で京都に避難し、今も避難生活を続ける福島敦子さん
「森雅子大臣は公衆被ばく線量である年間1ミリシーベルトをないがしろにする発言をするなど、県民の声に向き合ってこなかった。残念だ。」
と企業から献金を受け取っていた森雅子大臣の姿勢を疑問視する。

大阪に母子避難した森松明希子さん
「除染にどれだけの効果があったのだろうか。政治家の利権のための除染ビジネスではなかったのか。健康調査にお金を回してほしい」
と震災特別会計の一部が政治家に還流されていることに疑問の声をあげた。
森雅子大臣には企業献金が除染を重視するという政治判断に影響を与えたかどうかについても質問をしたが、明確な回答はなかった。

東日本大震災の被災者は、生活を再建するだけで精一杯で、政治家に献金する余裕がない人がほとんどだ。本来、政治はそうした声にこそ耳を傾けなければいけないはずだが、献金ができる企業の方を向いて政治判断が行われたなら、もしくはそうした疑念を持たれるだけでも問題である。森大臣には、こうした献金について説明責任がある。


ぜひ記事全文をお読みくださいm(_ _)m
森雅子法相が復興事業受注企業から献金 その財源は震災特別会計だった 「税金の還流で政治的に問題」と専門家
http://www.asiapress.org/apn/2020/03/japan/kenkin/3/

【中止のお知らせ】2020年3月13日(金)ケイ・シュガーコンサート@天満教会 フライヤーに【3.11避難者の声】を載せていただきました!

新型コロナウィルスの感染予防のため、残念ですが中止となりました。

20200313ケイ・シュガーさん(表)
20200313ケイ・シュガーさん(裏)

ケイ・シュガーコンサートの公式サイトはコチラ
  ↓
https://www.stage-door.co.jp/news/106

【朝日新聞】東日本大震災9年 都内の避難者ら現状語る 教文館で絵画展(2020年3月12日朝日新聞都内版)

20200312朝日新聞東京版朝刊.jpg
朝日新聞・青木美希記者の記事です!





詩画集原画展は3月15日まで@銀座教文館にて。
信木美穂画伯とお話ししながらゆっくりじっくり鑑賞させて頂きました。
昨夜の配信を聞いてくださった皆様、ありがとうございました。
朝日新聞東京版(青木美希記者の記事)にも掲載されて新聞を見て来られた方も✨

2020年3月15日(日)まで 詩画集原画展@東京銀座・教文館




【ミニトークはツイキャス・ライブ配信となりました。】2020年3月11日(水)19:00〜信木美穂さん詩画集「ひまわりの丘 福島の子どもたちとともに」原画展で、3.11避難者もミニトークに参加!@東京・教文館

ミホプロジェクト様より

今日は3月11日、東日本大震災から丸9年となります。この日を覚えて、銀座 教文館で開催中の「信木美穂の詩画集『ひまわりの丘』原画展」の会場で、①震災9年の祈り、②&③ギャラリートーク を無観客で行い、ツイキャスでライヴ配信します。

ギャラリートークでは、先日の教皇来日の折に「被災者との集い」でスピーチし、フランシスコ教皇と再会を果たした高校生 鴨下全生くんと、フランシスコ教皇の通訳として活躍されたレンゾ神父、また避難者の先頭に立って講演活動を続けている森松明希子さんにお話しいただきます。

みなさま、是非ご視聴ください!

教文館キリスト教書部のツイキャスはこちら→https://twitcasting.tv/kyobun3f

①14:30〜 震災9年の祈り
チェロ独奏→14:46の黙祷→祈り→歌
出演:信木美穂(お話)、富田牧子(チェロ)、木田いずみ(歌)

②17:30〜 ギャラリートーク1
出演:信木美穂×鴨下全生×レンゾ・デ・ルカ神父(イエズス会日本管区長)
チェロ:富田牧子(17:25〜)

③19:00〜 ギャラリートーク2
出演:信木美穂×鴨下全生×森松明希子(原発賠償関西訴訟原告団代表)
チェロ:富田牧子(18:55〜)

★鴨下全生(かもしたまつき)
福島県いわき市出身の17才。原発事故のため8才で東京へ避難しました。昨年3月ヴァチカンへ招かれフランシスコ教皇に謁見、以来実名で避難者としての体験を語る活動をしています。11月の教皇訪日の折には〈被災者との集い〉でスピーチし、教皇と再会を果たしました。『ひまわりの丘』に収録された詩「パパ」のモデルです。


20200311信木美穂さんミニトークイベント.jpg

期日: 2020年3月1日(日)~ 2020年3月15日(日)まで
時間: 平日10時〜20時、日曜日13時〜20時
※最終日18時まで
場所: 教文館3階ギャラリーステラ
主催: 教文館
著者在廊予定:3/1, 3, 11, 12, 14, 15
◆信木美穂 朗読コンサート[約30分]
3/1(日) & 3/15(日) ゲスト: 富田牧子(チェロ)
3/14(土) ゲスト: 原田靖子(リードオルガン)
各日とも①14:00〜②15:30〜③17:00〜 予約不要/先着各20名

☆ミニトークはライブ配信されることになりました!

◆信木美穂×鴨下全生ミニトーク[約45分]
3/11(水)
①17:30~ ゲスト:レンゾ・デ・ルカ神父(イエズス会日本管区長)
②19:00~ ゲスト:森松明希子(原発賠償関西訴訟原告団代表)
【要予約】教文館3階 tel:03-3561-8448 先着各20名
xbooks@kyobunkwan.co.jp

☆信木美穂(のぶきみほ)
3.11直後より東京電力福島第一原発事故による避難家族を支援する〈きらきら星ネット〉を立ち上げ、交流活動や保養プログラムなどを続けている。福島の子どもたちから強いインスピレーションを受け、詩画集『ひまわりの丘』を上梓。また音楽家らと〈ミホプロジェクト〉を結成、『ひまわりの丘』の朗読を中心にしたチャリティコンサートを各地で開催している。
☆鴨下全生(かもしたまつき)
福島県いわき市出身の17才。原発事故のため8才で東京へ避難しました。昨年3月ヴァチカンへ招かれフランシスコ教皇に謁見、以来実名で避難者としての体験を語る活動をしています。11月の教皇訪日の折には〈被災者との集い〉でスピーチし、教皇と再会を果たしました。『ひまわりの丘』に収録された詩「パパ」のモデルです。

ミホプロジェクトのウェブサイト↓
https://mihoproject.wordpress.com/


↓詳細・記事引用はコチラの教文館サイトより↓

https://www.kyobunkwan.co.jp/xbook/archives/info/f7ec743f?fbclid=IwAR0qwPs9O4-HNDRs1rSME_Xt37ixEk7wgSQtHhkjWDwjpQPDoFwsFKKrIuw

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
2011年3月11日、福島県郡山市在住中に
東日本大震災に被災、0歳と3歳の2児を連れて同年5月に大阪市へ母子避難。
原発賠償関西訴訟原告団代表・原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表を務める。
また、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰、
国連や国会などで 精力的に避難者の声を発し続けている。
2018年3月19日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ(http://goo.gl/Y7z72s
帰国後、7月11日、参議院東日本大震災復興特別委員会にて参考人として陳述。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/196/0152/19607110152006.pdf
2018年3月ジュネーブで開かれた国連人権理事会にてスピーチ
2019年10月31日「黒田裕子賞」受賞  


著書:「母子避難、心の軌跡
<http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0676.html>(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声〜当事者自身がアーカイブ〜」、
red kimono 福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 ・
A speech,letters and memoirsby evacuees from Fukushima 』

発言:「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
「『避難』は『保養』の最たるものです」
自主避難ではなく『自力避難』ではないですか?」


東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


【中止のお知らせ】2020年3月11日(水)13時〜《思いつづける3.11》で避難者講演!「福島原発事故と私たちの人権〜国連人権理事会でのスピーチが意味するもの〜」@東京カテドラル聖マリア大聖堂

新型コロナウィルスの感染予防のため、中止となりました。
20200311東京カテドラル聖マリア大聖堂.jpg

■第1部 13時〜
講演会シリーズ「福島から語る」森松明希子氏(原発賠償関西訴訟原告団代表)
「福島原発事故と私たちの人権〜国連人権理事会でのスピーチが意味するもの〜」

■第2部 14時30分〜
追悼・復興祈念ミサ(主司式:菊池功大司教)

※パソコンようやく筆記・手話通訳あり


3.11避難者のおはなしは森松明希子さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
2011年3月11日、福島県郡山市在住中に
東日本大震災に被災、0歳と3歳の2児を連れて同年5月に大阪市へ母子避難。
原発賠償関西訴訟原告団代表・原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表を務める。
また、東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)を主宰、
国連や国会などで 精力的に避難者の声を発し続けている。
2018年3月19日、スイス・ジュネーブの国連人権理事会にてスピーチ(http://goo.gl/Y7z72s
帰国後、7月11日、参議院東日本大震災復興特別委員会にて参考人として陳述。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/196/0152/19607110152006.pdf
2018年3月ジュネーブで開かれた国連人権理事会にてスピーチ
2019年10月31日「黒田裕子賞」受賞  


著書:「母子避難、心の軌跡
<http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ha/0676.html>(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声〜当事者自身がアーカイブ〜」、
red kimono 福島原子力発電所事故からの避難者たちによるスピーチ、手紙、そして避難手記 ・
A speech,letters and memoirsby evacuees from Fukushima 』

発言:「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
「『避難』は『保養』の最たるものです」
自主避難ではなく『自力避難』ではないですか?」


東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

02 | 2020/03 [GO]| 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム