FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【TV放送】2019年2月24日(日)深夜24時50分〜原発事故から8年〜避難家族の記録〜(MBS毎日放送「映像’19」)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表の森松明希子さんが
毎日放送MBSのドキュメンタリー番組「映像’19」に取り上げられます。
ぜひ、皆さまの3.11からの8年とともに振り返ってみてください。

20190224MBS毎日放送映像’19



映像’19 原発事故から8年~避難家族の記録~(仮)
2月24日(日)24時50分~25時50分
 大阪・城東区に住む森松明希子さんは、11歳の長男、8歳の長女との3人暮らし。明希子さんは、8年前の東日本大震災にともなう原発事故で、子供の健康への影響を考え、福島県から避難してきたいわゆる「母子避難」だ。夫の暁史さんは、震災後も福島に残り、仕事を続けている。月に1回、高速バスで大阪に子どもの顔を見に来る。
 
 明希子さんは、原発事故の加害者である国と東電に損害賠償を求める集団訴訟の原告団長になったことで、生活が一変。集会や講演に呼ばれる日々を送っている。
 2018年のお盆。明希子さんは、子どもを連れて、郡山市の夫の元へ一時帰宅した。福島では、今も4万人以上が避難生活を送っていて、「復興」にはほど遠い現状だ。事故を起こした福島第一原発は、廃炉に向けての作業を進めているが、先が見通せていない。
 「映像シリーズ」でこれまで、明希子さんと家族を継続的に取材。震災と原発事故から8年の間に変化や成長を遂げた避難者家族の様子を、豊富な映像とともに伝える。
 是非、ご覧ください!!

(MBSドキュメンタリー『映像』facebookより)


森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 00:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東日本大震災・避難移住者のための き ら く カフェ 2月24日(日)@とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ

東日本大震災・避難移住者のための き ら く カフェ


◆日時:  2月24日(日) 10:00〜16:00(途中入退席自由)

◆場所:  とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ 会議室1A1B

◆内容:  12時まで (小グループに分かれて、“ストレスをやわらげる”ワークショップ)
(予定)   ランチ   部屋に持ち込み可 または 外で食べて頂いても
13時から (フリートーク)

対象者: 東日本大震災・避難移住者 のみとさせて頂きます

◆参加費: 無料

◆その他: 飲物、お茶菓子付き。お子さんの同席OK。交通費一部負担します。

主催/お申込み先: 放射能から豊中の市民・子どもを守る会 きらく部(避難移住者)
   ※会場の関係上、事前にメールまたは電話等で申し込み頂けると助かります
    板橋;9jou-forever@luna.zaq.jp  

会場へのアクセス: 阪急線「豊中駅」下車、改札口よりすぐのエトレ(駅ビル)5階
          ※梅田駅からは、阪急宝塚線・急行で約11分です



——— 前回の感想 ———
・みんながリラックスして話せる雰囲気でした
・知りたい情報を知れて良かった
・こういう会が広がっていくと良い


☆前回は7名の参加でした。
原発事故後自分自身について頑張ったと思うところ、今後叶えたい願いなどについて、
4人グループでおしゃべり、ワークショップをしました。
今回はストレスを感じる時にどうやわらげるか、ワークショップをします。
もちろん、フリータイムも楽しんでください。

◎今回は、豊中市民の方々などからカンパを頂き、交通費を一部お渡しさせて頂きます。


20190224きらくカフェチラシ

| ささえ隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |