FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2019年2月23(土)15:00〜あなたが知るだけで救われる人がいる 原発事故損害賠償請求訴訟 愛知岐阜 結審前集会 & 国連人権理事会報告会@名古屋

20190223@名古屋

原発事故避難者訴訟結審前集会&国連人権理事会報告会
主催者: 原発事故避難者の会・愛知


facebookイベントページより参照

『あなたが知るだけで救われる人がいる』

今も続く苦しみと人権侵害の実態。
本当は、それはみんなの問題。

なかったことにされ、被害者の声はなかなか届きませんが、
勇気をふりしぼり司法や世界に訴え続けている避難者たちがいます。

消えない放射性物質。
隠された危険性。
除染廃棄物をどんどん全国に広げようとされている今だからこそ、どうか聞きにいらしてください。

過剰な人、自立しない人という偏見を乗り越え、
知っていただけたら、私たちは明日も闘う力をもらえます。
そして、被害をこれ以上増やさないようにするためにも、
国と東電に原発事故の責任を取らせるためにも、
みなさんの力が必要です。


原発事故損害賠償請求訴訟愛知岐阜結審前集会
 &国連人権理事会報告会


日時:2月23日(土) 14:30開場 15:00~18:00

場所:東別院本堂下広間(地下鉄名城線「東別院駅」4番出口より西に徒歩約5分)


申込不要(どなたさまもお越しいただけます)
入場料はございませんが、カンパのご協力をお願いします。

=プログラム=
15:00~16:00 『母の願いに世界が答えた』
        国連人権理事会報告
        森松明希子さん(国連人権理事会発言者)と、
        一緒に訴えた東京訴訟原告のお母さん
16:00~16:10 休憩  お茶やお菓子をどうぞ
16:10~16:50 『無視される人権・知らされない被ばく』
        愛知岐阜訴訟結審前に東電・国の非道を語る
        愛知岐阜訴訟原告×関西訴訟原告×東京訴訟原告
16:50~17:10 質疑応答
17:10~17:30 『結審に向けての思い』愛知岐阜訴訟原告
17:30~18:00 カンパ物品販売(書籍、DVD等)
        お茶やお菓子をどうぞ


避難者のお話は
森松明希子さん
一緒に訴えた東京訴訟原告のお母さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 00:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年2月23日(土)10:00〜たのむぞ、おとなinせと 原発事故と人権〜「これ以上無用な被ばくを重ねさせないために私ができること」という視点で考えると見えてくること〜@愛知県

20190223森松さん-たのむぞ、おとなINせと.jpg
20190223森松さん-たのむぞ、おとなINせと 表面
20190223たのむぞ、おとなINせと 裏面.jpg
20190223森松さん-たのむぞ、おとなINせと 裏面

避難者のお話は
森松明希子さんほか
愛知岐阜訴訟原告のみなさん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


おはなし隊

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com



| おはなし隊 | 00:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2019年2月23日(土)11−17時『対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ~知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!』@高槻現代劇場

20190223高槻ラフィック難民
51532617_2306411669646843_1011663165567533056_n.jpg

 
『対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ
 ~知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!』
のご案内

「難民」とは、戦争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的な意見が違うことで殺されそうになったりして、
やむをえず避難している人たちのこと。

やむをえず避難・・・3.11以降、放射能被害から逃れて避難した私たちに思い切り通じるものがあります。
この問題、あまりに知らないことが多い私💦。
しっかり耳を傾け、我事として考えたいと思います。

当日は「Thanks&Dream(東日本大震災避難者の会」もブース参加する予定👍。

保育コーナーもありますし、難民の方の出身国の軽食や飲み物の販売もありますよ(先着順!)🎵。
皆さまのご参加をお待ちしてます✨

以下、当イベントを主催されるRAFIQさんからのご案内を掲載させていただきます。

******************************
対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ
 ~知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!
*******************************
HP: http://rafiq.jp/date/2019/190223peace_salon.html
日時:2/23(土) 11:00~17:00
場所:高槻現代劇場 文化ホール 2F展示室
 〒569-0077 大阪府高槻市野見町2-33
  阪急「高槻市駅」から徒歩5分
  JR「高槻駅」から徒歩12分
参加費:¥999

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もし、あなたが紛争や人権迫害があり逃げなければならなくなったらどうしますか?
「平和」な日本に助けを求めてきた難民の事を考えてみませんか?
まずは、難民の事を・見て・聞いて・考えて・語り合いましょう。
難民出身国の軽食などや支援団体のブースもあります。
高槻市と難民支援
高槻市には、難民支援を行っているRAFIQの事務所が2008年から2016年までありました。
市民の皆さんの温かいご支援があり、住居のない難民支援のためのシェルターや
市民向けの勉強会などを開催してきました。
また、難民と一緒に高槻ジャズストリートなどのボランティア協力も行いました。
現在も高槻近隣に住んでいる難民の方がいます。高槻市をはじめ、地域が
“難民にもやさしい街”になったらいいなぁ…と考えている皆さんのご参加をお待ちしています。
主催 問い合わせ:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
        :〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
         TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp

| ブース隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |