FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2019年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2019年2月11日(月・祝)14:00〜16:30 消えそうな人権にいのちをふきこもう 国連人権理事会 その後とこれから@東京四ツ谷 ニコラバレ修道院

20190211消えそうな人権に@四ツ谷.jpg

国連に行ったお母さんたちの講演会
主催者: ひなん生活をまもる会

facebookのイベントページより参照

2018年3月に国連人権理事会で、
福島原発事故被害者のお母さんたちがスピーチをしました。
その後に起きた変化、避難者の今、今後の展望などなど、
関西訴訟原告団長の森松明希子さんを中心に、避難当事者がお話しをします。

原発事故は過去の出来事ではありません。
東京ですら、今でも汚染があり、
更に首都圏の原発が稼働すれば、
首都圏は再び放射能汚染される危険があるのです。

檀上で語るお母さんたちは、明日の貴方の姿かもしれません。
是非、共に原発が脅かす人権について、共に考えてください。
入場無料です!


避難者のお話は
森松明希子さんと、一緒に訴えた東京訴訟原告のお母さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |