FC2ブログ

Entries

2018年12月9日(日)世界人権宣言70周年記念イベント「災害を通じて考える」トークセッションで3.11避難者登壇!@クレオ大阪中央

20181209世界人権宣言70周年記念イベント@クレオ大阪中央.png

世界人権宣言70周年記念イベント
みんな仲間だフェスティバル2018
「災害を通じて考える~支えあいが生み出す安全と安心~」


日 時:2018年12月9日(日)13:30~18:00

場 所:クレオ大阪中央
大阪市天王寺区上汐5-6-25

最寄駅:大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅より徒歩3分

参加費:無料(交流会は500円実費)

定 員:50名

主 催:クレオ大阪中央、みんな仲間だフェスティバル2018実行委員会

【プログラム】
〇内容
2018年6月大阪北部で震度6弱を記録した地震、7月の西日本豪雨災害と
相次いだ災害により、防災の重要性を実感した人も多いでしょう。
このような機会に「日頃の備え」や「減災の具体的な行動」について考えます。
さらに、災害時(非常時)は、一人ひとりの安全・安心の確保が困難な状況に
なりますが、そのような状況下でも人権が侵害されずに、少しでも安心して
生活できる社会をどうしたら創ることができるのか、様々な角度からの実践事例
と共に考えます。

〇基調講演
◆「安全な場所に逃げる人を増やしたい」
講師:元吉忠寛さん(関西大学社会安全学部教授)
専門は災害心理学。大阪北部地震の際にはアンケート調査を実施。
調査結果などを踏まえて、リスクの判断ではなく、安全な場所に逃げるという
ことをお話しいただきます。

〇トークセッション 事例紹介 3例
◆森松明希子さん
(東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream代表)
東日本大震災に母子避難をされてきた森松さんからは、
母子で避難されたご苦労と共に、ネットワークによる支え合いの大切さを、
お話しいただきます。
森松さんは国連人権理事会本会議でもスピーチをされました。

◆サム・テケンブロックさん(枚方市香陽台自治会長)
アメリカ出身のサムさんからは外国人初の自治会長として、
地域のコミュニティづくりを進めており、
多文化の視点から地域防災のことをおはなしいただきます。

◆出水眞輝さん(全国最年少防災士)
NHKなどでも紹介された全国最年少防災士の出水さん。
子ども目線で考える防災について、お話しいただきます。

〇その他、地元のコーラスによるライブなど
気軽に参加して災害時における安全安心をどうしたらいいか?
人権の視点で考えるイベントです。

お問合せ先、お申込先:クレオ大阪中央
お申し込みは、HPまたは、下記の必要事項を記載の上、
FAXでお願い致します。
HP:http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/nakama_fes.html
FAX:06-6770-7705


避難者のお話は
森松明希子さん

森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられること
 全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」

著書:「母子避難、心の軌跡」(かもがわ出版)
共著:「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」、
『 red kimono~福島原子力発電所事故からの避難者たちによ
るスピーチ、手紙、そして避難手記 ・ A speech,letters
and memoirsby evacuees from Fukushima ~』
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

2018年12月9日(日)〜14日(金)「水俣と原発 写真展とトーク」企画@ひと・まち交流館 京都 のご紹介

「水俣と原発 写真展とトーク」企画のご紹介です。
東電福島原発事故避難者のお話しもイベント期間中あります。
ぜひ多くの皆さまに聞いて、知ってほしいです。
水俣のこと、原発のこと。。。


 12月9日(日)~12月14日(金) ひと・まち交流館 京都
 主催:避難計画を案ずる関西連絡会
 協力:アイリーン・アーカイブ、グリーンピース・ジャパン
  案内チラシ
 →http://greenaction-japan.org/jp/wp-content/uploads/2018/11/181209_flier.pdf


「水俣と原発 写真展とトーク」企画の紹介  この企画は12月9日(日)から

水俣と原発~写真展とトーク・水俣の写真家と福島からの避難者のお話
~写真家ユージン・スミス生誕100年~

(☆☆お知らせ:ジョニー・デップ主演、ユージン・スミスを描くハリウッド映画制作がマスコミで報じられています。)

日時:12月9日(日)~14日(金)
[9日(日)正午から17時 / 10日(月)~14日(金)10時~21時]
場所:ひと・まち交流館 京都
京都府京都市下京区上ノ口上る 梅湊町83-1 西木屋町通
Tel:075-354-8711


主催:避難計画を案ずる関西連絡会
協力:アイリーン・アーカイブ
お問い合わせ:
グリーン・アクション気付 075-701-7223
 京都市左京区田中関田町22-75-103
美浜の会気付 06-6367-6580 
 大阪市北区西天満4?3?3星光ビル3階


第二次大戦や水俣を取り上げた、雑誌LIFEの報道写真家 W.ユージン・スミスの生誕100年を記念し、水俣病を世界に伝えるために彼と妻アイリーンが取り組んだ写真を展示します。

期間中には、アイリーン・スミス本人のお話もあります。
また、福島原発事故から避難して来た関西在住の方々の中から菅野みずえさんが、事故時の経験と避難の実態をお話します。

トーク(お話)は水俣の写真、福島現地の放射線調査(グリーンピースの取り組み)の写真を交えて行います。
京都水俣病を告発する会の小坂勝弥さんによるお話「水俣病の今」(12月10日)、
避難計画を案ずる関西連絡会からのお話もあります。
そして期間中は、「ためになる英会話」などのミニコーナーも設けます。

甚大な被害をもたらした二つの人災について一緒に考える機会にしたいです。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


展示物:

W.ユージン・スミス+ アイリーンM.スミス 「水俣」写真展

国際環境NGOグリーンピースの福島事故現地放射能調査写真

福井県若狭湾の原発に対応する避難計画の資料/市民の行政宛て申し入れの写真(京都市は福井市より福井の原発に近いです。)

トーク企画:
☆「ユージン・スミスと私の水俣」
  アイリーンM.スミスのお話 (W.ユージン・スミスとの写真集「水俣」著者)
 (12月9日(日)13:30~14:00  15:50~16:20/
11日(火)20:00~20:30/
13日(木)20:00~20:30)

☆東電福島原発事故避難者から聞く「3.11後の日々」
  菅野みずえさんのお話
 (12月9日(日)14:10~14:40 16:30~/
11日(火)19:00~19:30 /
13日(木)19:00~19:30)

☆「水俣病の今」
  小坂勝弥(京都水俣病を告発する会)
  (12月10日(月)10時~16時 開場常駐にてお話)

☆その他のトーク又は随時解説:
「ためになる英会話 学ぼう10の原発の単語」/
原発の避難計画 /
原発の使用済燃料施設が関西をおそう 等/



開場アクセス:
ひと・まち交流館 京都
【バス】
市バス4,17,205号系統「河原町正面」下車
【電車】
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

11 | 2018/12 [GO]| 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム