FC2ブログ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【DVD】2018年11月30日@同志社大学「科学史・科学論」4限

2018年11月30日@同志社大学「科学史・科学論」4限

| 【DVD】 | 13:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【DVD】2018年11月30日@同志社大学

201811月30日@同志社大学「科学史・科学論」3限

| 【DVD】 | 13:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【DVD】2018年10月27日 放射能と人権@国連報告会 名古屋

2018年10月27日 放射能と人権@国連報告会 名古屋

| 【DVD】 | 13:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【DVD】福島原発事故と私たちの人権 第1部 国連報告会@名古屋(2018年10月27日実施)

2018年10月27日国連報告会@名古屋

| 【DVD】 | 13:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年12月21日(金)3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのためのFree English Cafe&情報交換会@西宮市男女共同参画センター・ウエーブ※会場が変わります!


〜お知らせ〜

Free English Café with Nuclear Evacuees and Friends

開催場所が変わります。



2018年12月21日(金)からは

西宮市男女共同参画センター・ウエーブ 413号室にて

午後1時〜3時(3時〜5時は日本語交流)



*西宮市男女共同参画センター・ウエーブは、阪急西宮北口駅、
南西出口から徒歩3分の プレラ にしのみや 4階(西宮市高松町4-8)

https://www.nishi.or.jp/access/sonotashisetsu/danjokyodo/danjokyodocenter.html


*内容はこれまでと同じです。
一人20分以内(1〜20分)の原子力災害・避難・核関連話題シェアタイム。


参加費: 無料
     軽食持ち込み可の会場となりました!
     ∴差し入れ大歓迎です(^^)
     (重要)ゴミは各自でお持ち帰りくださいm(_ _)m
    
参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

お申込み: 特に不要です

お問合せ:sandori2014@gmail.com

主催:母子避難者に寄り添う会
共催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)




*Free English Café with Nuclear Evacuees and Friends will meet
at a new venue: Nishinomiya Gender Equality Center, WAVE Room 413.

*WAVE is on the 4th floor of Plela Nishinomiya, 3-minute walk south,
from Hankyu Nishinomiya-Kitaguchi Station, southwest exit.

On Friday, Dec 21

from 1:00~3:00 (3:00-5:00日本語交流)


*Plela Nishinomiya’address: 4-8 Takamatsu-cho, Nishinomiya)

*Bring some discussion material to share, related to nuclear issues.
The maximum time allowed to one person is 20 minutes.

*No fee required. Sharing snacks and soft drinks is OK.

*Facilitator: 母子避難者に寄り添う会 (Nuclear Evacuees And Friends)



英会話イラスト

| 【避難者交流会】 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平成30年12月19日(水)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI@大阪市立社会福祉センターのご案内

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。
ご都合のつく方は是非ご参加ください。




【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成30年12月19日(水) 

10:30~15:00


    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物は各自でご用意ください


場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
    差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。


今後の予定:
1月24日(木)、2月27日(水)、3月28日(木)


お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)


協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)

2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。



サンドリチラシ表mini



☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)

| 【避難者交流会】 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年12月15日(土)13:00〜 KANSAIサポーターズ 訴訟学習会のおしらせ「大阪の学生たちが取材した福島の映像 上映」@大阪弁護士会館

原発賠償関西訴訟を応援して下さる心強い皆さまの集りである
KANSAIサポーターズ事務局からのご案内です!

このあと、原告でもある東電福島原発事故被害者・避難者でもある原告の皆さんと
弁護団・支援の皆さんとの共有会議、作戦会議などを経て
原告の皆さんは原告団会議も持たれます。

ふつうの人たちが「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」というキャッチコピーを掲げ、
原子力惨禍からの恒久救済と人権保障を求めて大阪地方裁判所に訴えている裁判です。
どうぞ「知って応援」「学んで応援」よろしくおねがいします(^^)

………… 訴訟学習会のご案内…………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

12月15日は、
関西弁護団会議と日程が重なっているため、
講師の先生が頼めない状況ですが、
大阪の大学の学生たちが福島で取材したVTRの鑑賞で学習会に充てることにします。
学生たちが被災地を見て、どう感じたか。
興味あるテーマだと思います。

いつも通り、学習会後の情報共有・定例会議もあります。


■日時■
2018年12月15日(土)
13時〜14時30分
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)

■場所■
大阪弁護士会館 904号室
大阪市北区西天満1−12−5

■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo@gmail.com
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。

■今回の内容■
大阪の学生たちが取材した福島の映像 上映



20181215_訴訟勉強会案内
サンドリの【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会や学習会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの8年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 



| まなび隊 | 05:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年12月15日(土)10~12時福島原発被害<九州訴訟>理解のための集い@大名町教会(福岡市)

201812031831295f0.jpg

九州でも福岡地方裁判所にて
3.11後の東京電力福島第一原発事故による被災者・避難者のみなさんが、
国と東京電力を被告として裁判に取り組んでおられます!

九州訴訟を理解して応援する集いが福岡市であるそうです(^^)
お葉書きが届きましたのでご案内します(^^)

サンドリの【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの8年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 



| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原発賠償京都訴訟 第1回控訴審 2018年12月14日(金)10時30分開廷

12月14日京都訴訟の控訴審@大阪高等裁判所


ーーーーー原発賠償京都訴訟ーーーーー
 原発賠償京都訴訟は、3月15日に京都地裁で判決が出されました。
地裁判決は、国の責任を認め、中間指針が認定した地域以外からの避難についても賠償
を認める(棄却され原告もあり)など大きな意義がある一方、
LNTモデルは科学的に立証されていないと否定しました。

 しかも、認定した賠償額はきわめて低額で、
避難時期を2012年4月1日まで、
賠償期間を避難から2年間と限定するなど、大きな課題があります。

 原告側も被告側も控訴していたところ、
このたび控訴審(大阪高裁)での口頭弁論期日が入りました。

・第1回 2018年12月14日(金)10時30分開廷
・第2回 2019年 3月13日(水)11時開廷


京都訴訟は、12月14日に第1回控訴審を迎えます。場所は大阪です。
ぜひ、傍聴応援していただけるようお願いします。

◉岩波の雑誌「環境と公害」(Vol48 No1 Summer 2018)
に、田辺先生の京都訴訟判決の解説論文が載っています。

☆支援する会のウェブサイトが開設されています。
また、英語ページもスタートしています。
ぜひ、一度お立ち寄りください。

http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/




ーーーー原発賠償関西訴訟ーーーーー
次回、関西訴訟 第21回期日は、2月21日(木)午後14時〜です。
集合時間は13:00(抽選券締切抽選は流動的ですが、13:15あたりだと思っていてください)

第22回期日…5月23日
第23回期日…8月22日 です。
*なお、第22回期日は、当初5月16日と案内しておりましたが、日程変更となりました。

ーーーーーー


*全国で行われている裁判*

11月9日、16日、30日…本人尋問…愛知・岐阜訴訟

12月14日…第1回控訴審…京都訴訟

2月20日(水)…判決…かながわ訴訟

3月14日(木)…判決…千葉訴訟第2陣

3月26日(火)…判決…えひめ訴訟


●京都訴訟・ひょうご訴訟・関西訴訟の裁判予定●
ひょうご訴訟…12月12日(水)14:00開廷(所持品検査始まってます13:15集合)
京都訴訟………12月14日(金)10:30開廷(所持品検査始まるそうです集合時間未定)
関西訴訟……… 2月21日(木)14:00開廷(13:00集合)


これからもよろしくお願いします。


ささえ隊イラスト

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【レポート掲載していただきました(^^)】「お母さん」を国連に送り出さなきゃ行けなかった国、日本|kanako|note(ノート)


「本気で今ある憲法で、自分の権利守ろうと思ったことありますか?」


2018年12月8日(土)アムネスティ町田の皆さんにお招きいただいて、
東京でお話しさせていただく機会がありました。

世界人権宣言70周年のご企画ということもあって、
「人権」を軸としての福島原子力惨禍についてお話できる!と意気込んで行ったのですが、
真ん中で、号泣しながら聞いて下さる彼女を発見して、私も何度も言葉が詰まりました。。
それでも、書いて下さって、レポートして下さって、本当にありがとうございます。

※是非、できるだけ多くの皆さまに読んで共有していただきたいです。

冒頭「憲法を盾に自分の権利を守ったことはあるか?」という問いは
一番伝えたかったことで、
それが一番伝わったことが嬉しくて、多くの人に伝えたくって私も自問自答してみました(^^)

【3.11避難者の声】
本当に、伝えたいこと直球で伝えてみると、
こうして見たこともお会いしたこともない、若い、
私の言う「次の世代」の貴女のような方が
しっかりとキャッチして下さって、
アクション起こして下さる。。。
本当に嬉しいです。ありがとう。
こうして聞いた話を自分の言葉も紡いで伝えて下さって、
本当に本当にありがとう。
そして保養のお取り組みなど色々・・・
出られない立場、出たほうが良いのでは?と迷われるお母さんの声も、
おそらく私以上に沢山沢山聞いておられるので、
あの涙になったのでしょうね。
私は、そんな貴女を会場の真ん中に発見して、それで、
「あぁ、ココは、たとえ貴女一人でも、ものすごく共感しながら
私の言葉一つ一つを受け止め、
他のお母さんの言葉と重ね合わせて、
思いを重ねて聞いて下さる方がいる」って思えたので、
だから、安心して精一杯たくさん伝えられたのですよ。
言論を支えてくれるのは、聞いてくれる人、キャッチしてくれる人がいるから。そして、自由な言論が安心してできる社会(少なくともあの会場の中にはそれがありました)があるから真っ直ぐに事実を怯まず伝えられます。
翻って考えると、「隠れ避難民」も「避難できなくて保養に行った先でだけ本音が吐き出せる」という状態も、おそらく異常。歪んでいると私は思うのです。歪みのない社会を取り返したい=言論の自由がきちんと保障される(不当なバッシングや理不尽な誹謗中傷もない)自由な言論の許される社会も取り返したいっていうのもあります。
本当に、耳を傾けて下さる貴女の存在に、励まされました(^^)
ありがとうございます。
今後共、どうぞよろしくお願い申し上げます(^^)
2018年12月8日@町田の講演を終えて
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表 
森松明希子

=====
ご企画してお話する機会をくださった、そして、
参加してお話しを聞いてくださった、
いつも私の「言論」を支えて下さる心ある全ての皆さまに
心から感謝なのです☆

20181208町田講演 KANAKOさんと
写真は「お母さん」を国連に送り出さなきゃ行けなかった国、日本|kanako|note(ノート) より
https://note.mu/daybreak_peace01/n/n702cb6478e64





20181208町田講演 撮影KANAKOさん
写真は「お母さん」を国連に送り出さなきゃ行けなかった国、日本|kanako|note(ノート) より
https://note.mu/daybreak_peace01/n/n702cb6478e64


(参照)福島の原発被害者声を聞く~国連人権理事会でのスピーチが意味するもの~
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-2006.html

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 07:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT