FC2ブログ

Entries

院内勉強会「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加〜国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす〜」の映像


参加者約70名。うち国会議員11名、議員秘書16名、メディア6名の参加があり,
外務省からは4名が出席,国連「国内避難民に関する指導原則」について発言されています

YouTube に公開されています↓
20180704 UPLAN 第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加~国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす

http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-date-20180706.html

【院内勉強会のご案内とご協力のお願い】 2018年7月4日(水)11〜13時「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加 ~国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす~」@衆議院第一議員会館(参加費無料)

20180629000902318.jpg

皆さまへ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)の森松明希子です。
日々のお支えに心より感謝申し上げます。

直前のご案内で恐縮ですが、院内勉強会「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加〜国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす〜」を7月4日開催いたします。(添付チラシもご参照ください)

日時: 7月4日(水)11:00-13:00(開場10:30)
場所: 衆議院第一議員会館 第6会議室(参加費無料)

講師・発言
◇森松明希子:東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream(サンドリ)代表・原発賠償関西訴訟原告団代表、母子避難中
◇伊藤和子:弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
◇鈴木かずえ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン


主催:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream、ひなん生活をまもる会、
共催:「原発事故被害者を救済する全国運動」

いつもご一緒に歩んでくださる皆さまへ
【サンドリからのお願い】
お知り合いの国会議員・地方議会議員・候補者・秘書の皆さまがおられましたら、ぜひ、ご参集のお呼びかけをお手伝いいただけませんでしょうかm(_ _)m
全国47都道府県に原発事故避難者(国内避難民)がまだまだ困難な状況を抱えて3.11から7年3ヶ月経過した今も存在しています。2018年3月19日に人権理事会本会議に参加させていただいて、日本の3.11以降の被災者の人権状況についてお伝えしてまいりました。
その共有と、今後の被災者の人権擁護のために、全国でお支えくださる皆さまとともにご一緒に避難者(国内避難民)の人権状況の改善にお力をお貸しいただけましたらとてもありがたく存じます。
避難者は皆さまのお住まいの都道府県に存在し、実は身近なところでまだ苦難を抱えています。
今後も、学校、地域、職場、市民社会全体でともに考えて参りたいと思っています。
なぜなら、災害は、いつ、誰にでも起こりうる事で、
自然災害はもとより、原子力災害による惨禍も、ほぼ全国で起こりうる状況があるからです。今、被災者救済の制度や施策が確立されないで、いつ確立するのでしょうか。
※メディアの皆様方にもぜひ、国連人権理事会とは何をしているところかも含めた報道を通じて、日本が世界からどのようなご指摘(勧告)を受けているのか、ぜひ報道していただきたいと思います。
お知り合いのメディア・報道機関各社にもどうぞお知らせをお願い申し上げます。
院内勉強会の開催させていただけますことを心から感謝申し上げます。
開催に向けてご協力くださいました皆様方に心より感謝申し上げます。
出来るだけ多くの皆様方とともに、院内勉強会を通して具体的に全国の未だ困難にある状況の福島原発事故被災者の人権状況を少しでも改善される施策の実施に繋がりますよう、心から願っています。
どうぞ引き続きのご支援・ご協力を重ねてお願い申し上げます。
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)
代表 森松明希子
サンドリ代表メール sandori2014@gmail.com


☆院内勉強会はどなたでも無料でご参加いただけます!
学者・有識者の皆様方はもちろんのこと、市民社会で共有し、学び、 深めて実践に結びつけてほしいと願っております。
転載・転用はどうぞご自由に、できるだけ多くの皆様方にお知らせくださいませ。

2018年7月4日(水)11〜13時「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加 ~国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす~」@衆議院第一議員会館(参加費無料)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1905.html

2018年7月4日(水)11〜13時「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加 ~国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす~」@衆議院第一議員会館(参加費無料)

20180629000902318.jpg

「第37/38回国連人権理事会に福島原発事故被災者が参加
~国連国内避難民に関する指導原則を政策に生かす~」


日時: 7月4日(水)11:00-13:00(開場10:30)
場所: 衆議院第一議員会館 第6会議室(参加費無料)


講師・発言
◇森松明希子:東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream(サンドリ)代表・
      原発賠償関西訴訟原告団代表、母子避難中
◇伊藤和子:弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
◇鈴木かずえ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン


主催:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、
   東日本大震災避難者の会 Thanks&Dream、ひなん生活をまもる会、
共催:「原発事故被害者を救済する全国運動」

現在、スイスのジュネーブで第38回国連人権理事会が開かれています。
6月27日には、「国内避難民(IDP)」の権利について、
東電福島原発事故避難者である園田さん(福島県から避難中)が
IDPの権利についての特別報告者とオーストリア、ホンジュラス、ウガンダの代表団共催のサイドイベントに招かれ、
国連人権機関関係者や人権理事会加盟国代表者らと意見交換をしました。
そこで、園田さんの参加を仲介した国際環境NGOグリーンピースから、
サイドイベントの報告をいたします。

また、第37回国連人権理事会で原発事故被災当事者として演説をした森松明希子さん、
国際人権NGOヒューマンライツナウ事務局長の伊藤和子さんをお招きし、
国連IDP原則を日本の避難者政策に適用させる必要性、どう生かすべきか、を伺います。

報告の前に、「国連国内避難民に関する指導原則」について外務省よりご説明いただきます。

たくさんの議員、秘書、市民、メディアのみなさんの参加をお待ちしています。



【サンドリ・おはなし隊】
避難者のお話は
森松明希子(もりまつ・あきこ)さん
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
「知って被ばくすることと何も知らされずに被ばくさせられることは全然意味が違うのです」
「被ばくを避け健康を享受することは基本的人権です」
「放射能は県境では止まらない」
「『避難の権利』は『平和のうちに生きる権利』なのです」
「被ばくからまぬがれいのちと健康が守られる権利の大切さを世界のみなさんに伝えたい」
(森松明希子さん発言・発信より抜粋)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com




Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

06 | 2018/07 [GO]| 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム