FC2ブログ

Entries

11月18日(土)「避難の権利」裁判KANSAIサポーターズ主催の訴訟学習会「生業訴訟判決の解説」@大阪弁護士会館

………… 訴訟学習会のご案内 …………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

10月10日、福島地裁で生業訴訟の判決が言い渡され、前橋地裁に続いて国の責任が認められました。
今回はこの生業訴訟判決を、関西弁護団の先生に解説してもらいます。
来年3月には京都、東京、いわきと重要な判決も控えているので、
今までの3判決のポイントをシッカリ押えておきましょう!


学習会のあと、原告・弁護士・サポーターの間での情報交換の時間、それから
原告定例会、サポーター事務局会議(サポーターならどなたでも参加できます)をします。


■日時■
2017年11月18日(土)13時〜14時
(このあと、情報共有、原告定例会、サポーター事務局会議があります)


■場所■
大阪弁護士会館 904号室
大阪市北区西天満1−12−5

■参加費■
原告の方々や避難者の方 無料
サポーター(テキスト代として)200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo☆gmail.com(←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。

■今回の内容■
「生業訴訟判決の解説」
講師:関西訴訟弁護団 白倉弁護士



20171118_原発賠償関西訴訟

2017年11月17日(金)『 福島から母子避難6年 「避難の権利」と憲法 ~「被曝から逸れ健康を享受 する権利」「平和のうちに生きる権利」の確立を求めて~ 』 同志社大学科学史・科学論ゲスト講演・森松明希子・講演@同志社大学

貴重な機会をいただきまして感謝です。

『 福島から母子避難6年 「避難の権利」と憲法
~「被曝から逸れ健康を享受 する権利」
「平和のうちに生きる権利」の確立を求めて~ 』

日時:2017年11月17日(金)
   3限目(13:05〜14:40)、4限目(14:55〜16:25)

場所:同志社大学今出川キャンパス


講師:森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表

当日の講義プログラム
1.講師紹介を兼ねて問題の背景説明(藤岡先生10分程度)
2.森松さん講義
『 福島から母子避難6年 「避難の権利」と憲法
~「被曝から逸れ健康を享受 する権利」
「平和のうちに生きる権利」の確立を求めて~ 』(約50分)
3.質疑応答(学生から質問や意見を出してもらい、
森松さんが回答する)(約20分)
4.学生感想コメント提出(約10分)

※4限目は時間配分を変更して、学生の感想意見を出してもらう時間を長めに取る(予定)

※講義は「科学史・科学論2-54」「科学史科学論2-55」で
講義タイトルは「科学技術の進歩が引き起こした社会的諸問題」です。
(参考)シラバス:https://syllabus.doshisha.ac.jp/html/2017/6016/16016509054.html


☆同志社大学 藤岡先生より
講義は3限目(13:05〜14:40)、4限目(14:55〜16:25)に今出川キャンパスで行われます。この講義自体は同志社学生の正規の授業なので公開授業ではありません。しかし、森松さんの講演活動のサポートという位置付けでしたら、事前に私の方にメールなどでご連絡いただければこの講義に参加していただけるように計らいます。
 
連絡先:藤岡毅
同志社大学嘱託講師(科学史・科学論)
工学修士・博士(比較文化)
Jcf10563@nifty.com



(参照)
2016年の講演→2016年11月25日(金)『福島から大阪 へ 母子避難、心の軌跡 〜「避難の権利」と憲法 〜』同志社大学科学史・科学論ゲスト講演・森松明希子・講演@同志社大学
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1305.html

2015年度の講演→【感想が届きました!】11月20日(金)午後~ 同志社大学の科学史・科学論 ゲスト講義「原発事故 福島からの母子避難 ~福島の現 実と避難者の苦しみ、そして訴訟へ~ 」@同志社大学今出川キャンパス 
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1282.html

2014年度の講演→【感想】2014年11月14日「科学史・科学論」森松明希子氏講義(藤岡毅先生)@同志社大学 を聴いて下さった同大生の皆さんのご感想
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-113.html


サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から7年目を迎え、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com


2017年11月15日(水)午後1時30分~大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(通称:ホッとネットおおさか)第30回 定例会

次回のホッとネットおおさか定例会の日程について、
以下のとおりご連絡します。

ご予定のほど、よろしくお願い申しあげます。


■日時 平成29年11月15日(水)午後1時30分~午後4時

■場所
大阪弁護士会館 1205会議室(12階)
住所:〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5

■内容
○ ホッとネットおおさか「大阪府危機管理室との意見交換会」結果報告
○ 近畿圏内の避難者支援団体ネットワークとの意見交換会について
○ 定期便の発送について
○ 4月以降の避難者の現状や課題について
○ 避難当事者の皆さん、参加団体からのご報告


※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。


2017年11月10日(金)3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会@上智大学 大阪サテライトキャンパス(梅田)のご案内

3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ

Free English Cafe のご案内です。
ご関心のある方々をご招待いたします。
英会話のスキルUPにご活用ください(^^)

日時:2017年11月10日(金)

   13〜17時30分(途中入退場・可)

場所:上智大学 大阪サテライトキャンパス
   http://www.sophia-osaka.jp/campus/

   「サクラ ファミリア」(大阪梅田教会)の2階にあります。

交通アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線の中津駅4番出口から徒歩2分・      阪急電車梅田駅の茶屋町口から徒歩4分・
     JR大阪駅の御堂筋北口から徒歩10分
タイムテーブル:

1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends

3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会

※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、
できれば discussion ができましたら・・・

※途中入退室、可能です。ご自由にお立ち寄り下さい。

参加費:無 料
    (教室では飲食禁止です。ロビーでは大丈夫です。)

参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

お申込み: 特に不要です

お問合せ:sandori2014@gmail.com

主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

英会話イラスト

2017年11月8日(水)生徒対象人権教育研修会で3.11避難者のお話し@大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校

2017年11月8日(水)生徒対象人権教育研修会で3.11避難者のお話し@大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校
2017年11月8日大阪ビジネスフロンティア高等学校

貴重な機会をいただきまして感謝です。

講師:森松明希子
  (東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream)

サンドリは、3.11避難を体験した「当時者自身がアーカイブ♪」をモットーに、
事実と体験に基づく真実を真摯にお伝えする活動を続けています。
今後の防災・減災・災害時における基本的人権が尊重されますことを
心から願っています。


学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

※3.11から7年目を迎え、避難している現状は変わらないのに風化のスピードも加速し、
避難者の現状・実情など事実を知っていただく必要性を感じております。
特に子どもたちを連れて避難している避難者の現状に鑑み、
今後ともぜひ学校・教育機関は特に、
それ以外の場においても311避難の現況をお伝えする機会の提供を
なお一層ご支援いただけましたら幸いにございます。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(略称:サンドリ)
代表メール  sandori2014@gmail.com


2017年11月5日(日)10~12時 つながろう・つなげよう原発事故避難者とあつまろう@名古屋市中村生涯学習センター

本音で、忖度なしで、話せる場所を作ります。
2017年11月5日@愛知 表
詳細・タイムテーブル
10:00-11:00 避難者が語る現状
11:00-12:00 ディスカッション
「なぜ避難者の声が消えたのか?このまま終わらせないためにー」
2017年11月5日愛知 裏 詳細


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表の
森松明希子さん
(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)
 ほか

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


2017年11月4日(土)ゴジラ映画に描かれた原子力~教訓は伝わっているのか@大阪市立大学文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階)

20171014065357e0d.jpg

原発と人権 (全3回)
①2017年10月14日(土)、②10月21日(土)、③11月4日(土)
伊藤 宏 (和歌山信愛女子短期大学)

3.ゴジラ映画に描かれた原子力~教訓は伝わっているのか
11月4日(土) 15:30-17:30
大阪市立大学 文化交流センター 大セミナー室
 
昨年、『シン・ゴジラ』が公開され大きな話題を呼びました。
日本が生んだゴジラという怪獣は、元々原子力と深いつながりをもっています。
今回の最新作も、ゴジラ誕生の要因は無秩序に海洋投棄された放射性廃棄物という設定でした。
この回は、1954年に公開された『ゴジラ』を合わせて、「核とは? 原子力とは? 科学とは?」を改めて問い直すとともに、事故や災害から人々を守るとはどういうことかを考えます。


(引用ページ)http://j-schola.net/?page_id=60


201710140656253f4.jpg

2017年11月4日(土)「放射線の人体への影響を考える」第5回測定所まつり落合栄一郎さん講演会@キャンパスプラザ京都

20170923142318ef4.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第5回測定所まつり  講演会
テーマ「放射線の人体への影響を考える」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

受付はこちらからです。
http://kokucheese.com/event/index/488188/

● 日 時:2017年11月4日(土)18:30~20:45

● 場所:キャンパスプラザ京都 第3講義室(170名)

● 参加費:一般1,000円、会員・避難者700円

● タイムテーブル

18:10 開場・受付開始
18:30 開会あいさつ・講師紹介
18:35 講演1
「兵器も原発も核は人類を滅ぼす―ここまで明確な放射線の人体影響」
    講師 落合栄一郎さん(生物無機化学者)
19:35 講演2「子どもの被曝に関する日本学術会議報告書を批判する」
    講師 山田耕作さん
20:05 避難者の訴え
20:10 討論(進行:渡辺悦司さん)
20:40 まとめ・閉会あいさつ
20:45 終了予定

●落合栄一郎(おちあい えいいちろう)さんのプロフィール
 1936年東京生まれ。東大工学博士、東大助教を経て、カナダ・ブリティッシュコロンビア大、米ペンシルベニア州のジュニアータ大などで化学の研究と教育に従事。生物無機化学を専攻。退官後は、カナダへ。バンクーバーにて原爆展を組織するなど反核・反原発の運動を進める。原爆・原発関係の著書は「放射能と人体」「原爆と原発」「放射能は人類を滅ぼす」がある。

●山田耕作(やまだ こうさく)さんのプロフィール
 1942年兵庫県小野市生まれ。大阪大学大学院理学研究科博士課程中退。東京大学物性研究所、静岡大学工業短期大学部、京都大学基礎物理学研究所、京都大学大学院理学研究科に勤め、2006年定年退職。京都大学名誉教授。市民と科学者の内部被曝問題研究会会員。

●渡辺悦司(わたなべ えつじ)さんのプロフィール
 香川県高松市生まれ。大阪市立大学経済学部大学院博士課程単位取得。市民と科学者の内部被曝問題研究会会員。主な著書:『放射線被曝の争点 福島原発事故の健康被害は無いのか』(遠藤順子さん、山田耕作さんとの共著)

<主催>京都・市民放射能測定所
  〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1 コーポ桃山105号
  tel:090-8232-1664 fax:075-622-9870
  e-mail:rentai@s3.dion.ne.jp
  http://nukecheck.namaste.jp/index.html

2017年11月2日(木)18:30~あいむひぁ大阪の学習会 『福島原発事故を考えよう!』@エルおおさか南72号室

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=136677113649160&id=100019206152492
あいむひぁ大阪の学習会
『福島原発事故を考えよう!』

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=136677113649160&id=100019206152492

2017年11月2日(木)『避難の権利』を求める裁判@神戸地裁(原発賠償ひょうご訴訟)口頭弁論期日


【兵庫訴訟】
11月2日(木)
12時半に神戸駅前で街宣
13時半に神戸地裁ロビー集合
裁判所前を原告・弁護団行進入廷
14時開廷
報告集会はたちばな研修センターの研修室で行います。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/town/waterworks/water/sonota/03.html


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アクセス数

まとめプラグイン

10 | 2017/11 [GO]| 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム