東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年9月30日(土)「あなたが、わたしが、市民が変える政治とくらし」中野晃一さん講演会@兵庫県民会館(避難者スピーチは原発賠償関西訴訟原告団代表の森松明希子さん)

20170912195908759.jpg

*********************
あなたが わたしが 市民が 変える政治とくらし
中野晃一講演会
*********************
■日時■
9月30日(土)14:30~17:00
■場所■
兵庫県民会館けんみんホール
■資料代■
前売り券500円  当日券 700円
(学生・避難者300円 高校生以下無料)
キッズスペース/手話通訳あり
■facebookイベントページ■
https://www.facebook.com/events/1511285412251066/

【主催・実行委員会の声】
沖縄の基地問題を見て、原発事故を見て、国会見て、色々知った。
思う通りに進めたい為に、反対する人の話を聞かずに、黙らせるという構造を見てきた。
これからもやりやすいようにするために、憲法改正することで、推し進めようとしている。
戦争が起きた時もそうだったんだなと思う日々。
戦争の反省をちゃんとしていないことも大きな問題。
国民に知らせてないことがたくさんある。
こういう構造を打破したいと思うから、動くしかない。
私の周りには、関心持っている人もたくさんいる。
何かしたいと思っている人もいる。
1つのヒントを見つけ踏み出せるきっかけになることはしたい。
だから、政治学者の中野晃一さん講演会の実行委員会にはいりました。

※避難者のスピーチの時間を入れていただきました!
避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表の
森松明希子さん(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月30日(土)連続講座 原発からみる民主主義 「あなたならどうする?原発避難」 @神戸 (避難者のお話しは原発賠償関西訴訟原告です!)

201709201844017df.jpg

*********************
連続講座
原発からみる民主主義
「あなたならどうする?原発避難」
*********************

■日時:9月30日(土)14:00〜16:30(13:30開場)

■場所:葺合文化ホール中会議室2
〒651-0068 神戸市中央区熊内橘通7丁目1番13号神戸芸術センター6F
(地下鉄「新神戸駅」下車徒歩2分。神戸市バス(2、18、90、92系統)「布引」下車徒歩2分。)

■スピーカー:太田歩美さん

■料金:500円(資料代)

■主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西

■問合せ/申込み:
Facebookイベントページへの参加表明
https://www.facebook.com/events/665703293640091/
Eメール: mintkansai@gmail.com
電話: 090-4273-4591(大音/おおと)

■スピーカープロフィール
太田歩美(おおた あゆみ)
原発事故により茨城県から大阪に母子で避難中。
国と東京電力とに責任を問うている原発賠償関西訴訟の
原告243人のうちのひとり。現在、非正規雇用で公営
住宅で生活をしている。

■呼びかけ文■
原発の是非を問う国民投票の実施を求めて活動している市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票は、関西で勉強会を開催中です。
これまで、書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方を講師に、ヨーロッパ各国の原発政策と民主主義について議論を深めてきました。
今回は、原発事故を起こした日本。原発の是非は、エネルギー、経済、廃棄物処理、そして事故後に明らかになった「避難の権利」など、さまざまに考える必要があります。事故の影響により避難を余儀なくされている太田歩美さんに、一様ではない避難の実情をうかがい、ともに考えたいと思います。
あなたなら、どんな選択をしますか?


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |