東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年9月30日(土)「あなたが、わたしが、市民が変える政治とくらし」中野晃一さん講演会@兵庫県民会館(避難者スピーチは原発賠償関西訴訟原告団代表の森松明希子さん)

20170912195908759.jpg

*********************
あなたが わたしが 市民が 変える政治とくらし
中野晃一講演会
*********************
■日時■
9月30日(土)14:30~17:00
■場所■
兵庫県民会館けんみんホール
■資料代■
前売り券500円  当日券 700円
(学生・避難者300円 高校生以下無料)
キッズスペース/手話通訳あり
■facebookイベントページ■
https://www.facebook.com/events/1511285412251066/

【主催・実行委員会の声】
沖縄の基地問題を見て、原発事故を見て、国会見て、色々知った。
思う通りに進めたい為に、反対する人の話を聞かずに、黙らせるという構造を見てきた。
これからもやりやすいようにするために、憲法改正することで、推し進めようとしている。
戦争が起きた時もそうだったんだなと思う日々。
戦争の反省をちゃんとしていないことも大きな問題。
国民に知らせてないことがたくさんある。
こういう構造を打破したいと思うから、動くしかない。
私の周りには、関心持っている人もたくさんいる。
何かしたいと思っている人もいる。
1つのヒントを見つけ踏み出せるきっかけになることはしたい。
だから、政治学者の中野晃一さん講演会の実行委員会にはいりました。

※避難者のスピーチの時間を入れていただきました!
避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
原発賠償関西訴訟原告団代表・
原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表の
森松明希子さん(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月30日(土)連続講座 原発からみる民主主義 「あなたならどうする?原発避難」 @神戸 (避難者のお話しは原発賠償関西訴訟原告です!)

201709201844017df.jpg

*********************
連続講座
原発からみる民主主義
「あなたならどうする?原発避難」
*********************

■日時:9月30日(土)14:00〜16:30(13:30開場)

■場所:葺合文化ホール中会議室2
〒651-0068 神戸市中央区熊内橘通7丁目1番13号神戸芸術センター6F
(地下鉄「新神戸駅」下車徒歩2分。神戸市バス(2、18、90、92系統)「布引」下車徒歩2分。)

■スピーカー:太田歩美さん

■料金:500円(資料代)

■主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西

■問合せ/申込み:
Facebookイベントページへの参加表明
https://www.facebook.com/events/665703293640091/
Eメール: mintkansai@gmail.com
電話: 090-4273-4591(大音/おおと)

■スピーカープロフィール
太田歩美(おおた あゆみ)
原発事故により茨城県から大阪に母子で避難中。
国と東京電力とに責任を問うている原発賠償関西訴訟の
原告243人のうちのひとり。現在、非正規雇用で公営
住宅で生活をしている。

■呼びかけ文■
原発の是非を問う国民投票の実施を求めて活動している市民グループ・みんなで決めよう「原発」国民投票は、関西で勉強会を開催中です。
これまで、書籍『脱原発の比較政治学』執筆者の先生方を講師に、ヨーロッパ各国の原発政策と民主主義について議論を深めてきました。
今回は、原発事故を起こした日本。原発の是非は、エネルギー、経済、廃棄物処理、そして事故後に明らかになった「避難の権利」など、さまざまに考える必要があります。事故の影響により避難を余儀なくされている太田歩美さんに、一様ではない避難の実情をうかがい、ともに考えたいと思います。
あなたなら、どんな選択をしますか?


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月29日京都訴訟結審@京都地裁

2017年9月29日@京都地裁
原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会事務局からのおしらせです。


提訴から4年。長かった京都訴訟もいよいよ9月29日に結審を迎えることとなりました。当日の流れ(スケジュール)についてお知らせします。

◇集合 9:50
9:50~10:05 抽選番号リストバンド配布
10:10      当選番号発表
10:30      開廷

*この日は、開廷前に公正判決要請署名の第4次提出を行ないます。これまでの第1次~第3次の累計は11,919筆。昨日までに届いている署名が4,992筆、累計で16,911筆という状況です。署名用紙の下段には「第4次集約は9月15日」と少し早めに書いていますが、今日以降も届くと思いますので、で
きる限りぎりぎりまで
待って集計したいと考えていますので、お手持ちの署名がありましたら、至急お送りください。

◇法廷
法廷では、原告側の最終弁論が行なわれます。弁護団が20分(総論、因果関係、加害責任、損害について)、原告団が10分(共同代表2人が意見陳述)、被告側の弁論はなしの予定です。

◇模擬法廷
この日は結審ということで全国からも注目されており、各地の原告や弁護団が傍聴に参加されることも予想され、最後だからということでいつもより多い傍聴者が見込まれます。そのため、久しぶりに弁護士会館の大ホール(地階)で模擬法廷を予定しています。抽選に外れた方は模擬法廷にお越しください。

◇記者会見と報告集会
法廷は11時過ぎには終わる予定です。そのまま弁護
士会館の大ホールに移動して、先に記者会見を行ないます。壇上に原告団・弁護団が上り、最前列に記者席を設けます。記者会見の間、支援者の方は記者席の周囲・後方にお座りください。記者会見が終わり次第、そのまま報告集会に切り替えます。12時30分をめどに終わる予定です。

*前回(8月18日)に参加できなかった方、あるいは傍聴カードを忘れた方でスタンプが4個以上ある方にはホール入口付近の「景品渡し」コーナーでカラフルなミニ手帳をお渡しします。スタンプが9個以上ある方にはミニ手帳に加えてボールペンを差し上げます。

*前回(8月18日)、原告の手記集『私たちの決断 あの日を境に…』の予約をされた方は、ホール入口付近の販売コーナーで「引換券」と引き
換えに本をお渡しします。また、当日販売(著者割引価格1,000円)も行ないますので、予約しておられない方もぜひお買い求めください。

◇レセプション

報告集会が終わったあと、キャンパスプラザ京都に移動してレセプションを行ないます。実行委員会で、レセプションの正式名称が「提訴から4年! みんなの思いを集めて勝利をめざそう ラストスパート集会」に決まりました。

受付開始が13時30分から。開会は14時。閉会は16
時30分の予定で、一応閉会したあとみんなで記念撮影。17時には退去というタイムスケジュールになっています。

オードブル、サラダ、サンドウィッチなどの料理とビール、日本酒、お茶などの飲み物も用意するため有料となります。
・原告、避難者は1,000円、・支援者は2,000円、・弁護士は3,000円です。(各地の弁護団の先生方、申し訳ありません。)

レセプションでは、4年間の京都訴訟の歩みを映像とナレーション、そしてそれぞれの場面に関わった人が短くその時の思いなどを語るリレートークで振り返るという企画を原告中心に準備しています。お楽しみに。

できれば、参加者全員に参加していただきたいのですが、定員がある(最大で90名)のと料理をどれくら
い注文すればいいのかという関係もあるため、レ
セプションに参加される方は事前に支援する会のメールアドレス(shien_kyoto@…)にご一報くださるとありがたいです。

では、結審はこれまでにない傍聴者で溢れることを期待して、京都地裁でお会いしましょう


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年半の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月28日(木)千葉訴訟判決報告集会@衆議院第一議員会館

千葉訴訟判決報告@院内集会

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10.10生業訴訟判決応援アクション~全国から応援メッセージ~絶賛大募集!!!いつでもどこでも誰でもできます♪

【3.11避難者の声】
国策で推進し、今も福島惨事を省みず再稼働に突き進んでおられますが、予見可能性があったのに、回避義務を裁量にするっていうのであれば、原発事故は何度でも繰り返され、誰も責任も取りませんがそれでよいのですと裁判官がお墨付きを与えたっていうのが千葉判決のザックリ理解。近年稀に見る恥ずかしい判決だと私は思うのです。歴史に残る恥ずかしい判決では?
せっかく「故郷喪失慰謝料と呼称するかはともかくとして」とか言って、多少斬新な慰謝料出したからって、それを帳消しにするくらい残念な判決。国の責任を認定できないって、どれだけ及び腰なの?バランス取るの意味が分からない。それはバランスとは言わないでしょう。巨大権力への「忖度」判決でしかないと思うのです。
10.10生業訴訟での裁判官の独立、公正判決を私は望みます!
福島→大阪・母子避難中 森松明希子


201709271926308e3.jpg

https://www.facebook.com/events/122274178474717/?ti=cl

いつでも・どこでも・どなたさまでもご自由にご参加出来ます!!!

| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報告]9月 26日の Cafe Imonikai の様子

| 【避難者交流会】 | 07:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月26日(火)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI@大阪市立社会福祉センターのご案内


避難者交流会Cafe IMONIKAI(9月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏~毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。
ご都合のつく方は是非ご参加ください。



【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年9月26日(火) 10:30~15:00

    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物は各自でご用意ください



場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
    差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。


今後の予定:10/31(火)11/29(水)12/20(水)1月26日(金)2月21日(水)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)


協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)

2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。



サンドリチラシ表mini



☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)

| 【避難者交流会】 | 09:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月23日(土)原発賠償ひょうご訴訟ノーモアヒバクシャ訴訟合同&学習会

20170915104436b66.jpg

ノーモアヒバクシャ訴訟をご存じですか??

広島や長崎に投下された原爆により被爆した方々が、
何十年も経過した後に様々な病気を患い、治療をせねばならなくなったことについて、
原爆症であると認定せよと国に対して求める集団訴訟です。

近畿にも訴訟団が結成されており、2003年から活動しています。
原発賠償ひょうご訴訟とノーモアヒバクシャ訴訟は、「被ばく」について問題としているという点で共通します。

また、原発賠償ひょうご訴訟にご協力いただいている郷地医師は、
原爆症の訴訟についても協力医として深く関わっておられます。

そこで、この度、郷地医師とノーモアヒバクシャ訴訟弁護団所属の弁護士のお話や両訴訟団、
支援団の交流を通して、学び合いたいと思います。

ふるってご参加下さい!!
↓↓
*********************
原発賠償ひょうご訴訟
ノーモアヒバクシャ
訴訟合同&学習会
*********************
■日時■
平成29年9月23日(土)13時30分~16時30分

■場所■
私学会館206号

■内容■
➀郷地秀夫医師(東神戸診療所所長)によるお話
➁ノーモアヒバクシャ訴訟近畿弁護団所属弁護士によるお話
➂両訴訟団、支援団の交流


■共催■
原発事故被災者支援兵庫弁護団、ノーモアヒバクシャ訴訟弁護団
ぽかぽか★サポートチーム、原爆訴訟支援ネット・兵庫、

| まなび隊 | 16:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年9月23日(土)「いのちはたからもの」川根眞也先生と三田茂先生のお話会 in 大阪

内部被ばくを考える市民研究会・関西会員 有志さまからのご案内です。

2017年9月23日(土)
「いのちはたからもの」川根眞也先生と三田茂先生のお話会 in 大阪
http://www.radiationexposuresociety.com/archives/7587

311から六年半。今何が起きているのか、真剣にこの問題に向き合ってこられた先生方
から、お話いただき、会場からの質問にもお答えいただき、何ができるか考えあうきっ
かけになればと願って企画しました。
保育は、ありませんが、同室にマットを敷きますので、お子様連れの方はこちらをご利
用ください。

日 時:2017年9月23日(日)14:00~ 17:30(受付開始13:30)
13:30開場
14時開会
三田茂先生から
15時
川根眞也先生から
16時お二人のトークと会場からの質問に答えて

17時半閉会(予定)

場 所:茨木市市民総合センター 三階303号室
http://www.ibabun.jp/outlineLeaf.php?eid=00002>
(JR茨木駅 8分 阪急京都線茨木市駅から10分)

一般 1500円
会員・避難者・大学生1000円
高校生以下無料 

定員 35名 (申込必要)先着順申込 
主 催:内部被ばくを考える市民研究会・関西会員 有志

※申し込み先→inochitakara@gmail.com
お名前・連絡先アドレスをご記入の上お申し込みください。お子様連れの方は、一言ご
記入ください。

☆当日午前中(10:30~12:30)は「内部被ばくを考える市民研究会」の関西例会を開催
しています。
当日会に入会することも可能です。
http://www.radiationexposuresociety.com/

| まなび隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千葉地裁、判決


| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 17:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT