東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年7月22日(土)13時30分~高木学校カフェ第15回 政策カフェin新宿「避難生活と政策-生活者の視点から(2)-」話題提供:森松明希子さん

2017年7月22日高木学校カフェ

高木学校カフェ 第15回 政策カフェ in 新宿
   「避難生活と政策 - 生活者の視点から(2) -」
話題提供:森松明希子さん (原発賠償関西訴訟原告団代表)

 公共政策の実施は人びとの生活を大きく左右します。

 東京電力福島第一原発事故の被害者は、避難指示の有無にかかわらず住まいを残して避難させられ、 住宅の無償提供も打ち切られ、劣悪な居住環境にくらしています。多くの住民は避難もままならず放射 能汚染地域で被ばくの危険にさらされ続けています。

 何人も、生きていく上で必要としている政策を政府に実現させる権利があるにもかかわらず、その声 を自由にあげられない現状があります。

 声の一つとして、東京訴訟団長の鴨下裕也さんに続き、関西訴訟代表の森松明希子さんをお招きします。 避難にいたった経緯、避難生活の困難さ、これまでに行われた政策に対する疑問や提言、そして裁判だ けでなく川柳などを通して闊達にされている現在の活動をお話ししていただきます。

 生活者の視点から見て、あるべき政策とは何か。改めて考えてみましょう。


日 時: 2017年7月22日(土) 13時30分 から 16時00分(予定)

場 所: 新宿区環境学習情報センター(2階)

     東京都新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園 エコギャラリー新宿内
     
      ●新宿駅西口 徒歩15分
      ●バス 新宿駅西口ターミナル17番乗り場
       ■京王バス 宿32・宿33「十二社(じゅうにそう)池の下」下車
      ●大江戸線「都庁前」駅A5番より徒歩5分
      ●丸の内線「西新宿」駅2番より徒歩10分

主 催: 高木学校(カフェ企画会)

資料代: 500円

申 込: 事前申込みは不要です。直接会場へお越し下さい。

問合せ: 高木学校事務局 takasas[あ]ja.main.jp
     ※メールアドレスの[あ]を半角の@に置き換えて下さい。

※チラシ(PDF/240.8kb)のダウンロードは、こちらから

http://takasas.main.jp/event_170722.php

避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月22日(土)岩波ブックレット「3.11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」出版記念イベント

2017年7月22日 岩波ブックレット 
°☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*
【出版記念シンポジウム】
3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?
    http://www.ourplanet-tv.org?q=node/2132
*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*:
日 時 2017年7月22日(土)13:00~16:00(12:30開場)
場 所 専修大学神田キャンパス205教室(1号館2階)(千代田区神田神保町3-8)
    http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html
交 通 神保町駅(都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
    九段下駅(東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
    水道橋駅(JR)西口より徒歩7分 
参加費 1,500円
    ※書籍「3・11後の子どもと健康~保健室と地域に何ができるか?」付
予 約 件名を「7/22シンポ申込み」とし、お名前、ご人数、ご住所、お電話番号、Emailアドレスをinfo@ourplanet-tv.orgまでお知らせください。電話(03-3296-2720)、FAX(03-3296-2730)でも受付けております。

<プログラム>
1部:「県境を超えてつながる母親たち」上映/ 報告「保健室の現場から」
2部:トークセッション「保健室と地域は何ができるのか」

<登壇者>
佐藤ゑみ(宮城県・元養護教諭)
松田智恵子(宮城県・養護教諭)
木本さゆり(放射能からこどもを守ろう関東ネット共同代表・関東子ども健康調査支援基金)
大谷尚子(養護実践研究センター)
吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)
白石草(OurPlanet-TV代表理事)

主 催 OurPlanet-TV
協 力 養護実践研究センター、「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク
助 成 ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

| まなび隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |