fc2ブログ

Entries

6月27日のイモニカイご報告

田中里子さんの face book から〜

今日のイモニカイ✨
避難者5人、支援者の方7人でまたワイワイお話しできました。
今日は差し入れがドーナツ、クッキー、パン、いなりずしなど、盛り沢山、テンション上がりましたよ~👌、ハイ❗️
皆さんの温かいお気遣いに感謝!今日いらした方はラッキーでしたね😍
実は、話の展開に夢中すぎて、全く写真が撮れていなかった💦。。。。すみません😂。
唯一の写真は梅やレーズンの入ったパウンドケーキ(岸下洋子さん作)。
フワフワですごく美味しかったです~♪ 洋子さん、朝からありがとうございます。ご馳走様でした💕
いつもの自由なおしゃべりの他、紙芝居のDVDを観たり、今後の企画物の打ち合わせをしたり。。。
最近参加した講演会や勉強会での情報交換や感想などをお聞きする時間もありました。
SNSでつながっている方たちが初めてここで対面して嬉しそうに挨拶していらっしゃる場面も。
そういうのって、やはり嬉しい🎵。実際に会ってお話するってことの大切さ、実感します。

次回は、7月25日(火)

あなたのご参加、お待ちしています。


差し入れのパウンドケーキ
イモニカイケーキ

2017年6月27日(火)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(6月)@大阪市立社会福祉センターのご案内

避難者交流会Cafe IMONIKAI(6月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏〜毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年6月27日(曜日) 10:30~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物・昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
      差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。

今後の予定:7/25(火),8/29(火)9/26(火)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)


※2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

サンドリチラシ表mini


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)

【報告】ホッとネットおおさか避難者交流会の報告(6月25日)

2017062620480957d.jpg

今日は『ホッとネットおおさか』避難者交流会に参加✨。
サンドリでブースを出展。有難いことにサポーターの方も何名か駆けつけてくださり、感謝、感謝です😉。
初めての避難者さんにも会えたし、次に繋がりそうなメデイア取材もあったし、
市川さんの阪神大震災後の復興住宅問題を扱った紙芝居も見れたし〜で、
充実した内容の一日になりました🤗

【3.11避難者の報告】 田中里子さんFacebookより

6月25日(日)ホッとネットおおさか避難者交流会@大阪府立大学 l-siteなんば


20170625ホッとネットおおさか1

20170625ホッとネットおおさか2

2017年6月25日(日)泉田裕彦(前新潟県知事)講演会「原発と地方自治体」

201706241215041c6.jpg

6月25日(日)ホッとネットおおさか避難者交流会@大阪府立大学 l-siteなんば


20170625ホッとネットおおさか1

20170625ホッとネットおおさか2

※申込み期限を6月19日としておりますが、過ぎても問題
 ございませんので、お知り合いの避難者へお声かけをお願いいたします。

6.25ホッとネットおおさか避難者交流会でのブース出展申込み詳細 〆切り4月26日

6.25ブース申込み詳細
6.25ホッとネットおおさか避難者交流会での
ブース出展申込み詳細 〆切り4月26日
6.25ホッとネットおおさか避難者交流会でのブース出展申込み書


2017年6月24日おしどりマコ&ケンさんライブ ホントはどうなの?福島の現状

2017年6月24日おしどりさんライブ

2017年6月24日(土)13時~3.11避難者のお話し「避難の権利」は「生きる権利」@宝塚保養キャンプ実行委員会

2017年6月24日@宝塚

日:6月24日(土)

時:13時~16時
  (お話いただく時間は1時間半、質疑応答、その後お茶を飲みながらの交流会)

場所:西公民館予定(宝塚市小林2丁目7-30 阪急電鉄今津線小林駅下車 徒歩3分)

テーマ:「避難の権利」は「生きる権利」

※参加費は無料です。


保育:保育スペースを作りスタッフが保育いたします

主催:宝塚保養キャンプ実行委員会


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)
【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


2017年6月19日(月)10-12時  大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(ホッとネットおおさか)事務局会議@大阪市社協(谷町9丁目)

ホッとネットおおさか 事務局会議 

2017年6月19日(水)10-12時  
大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(ホッとネットおおさか)事務局会議@大阪市社協(谷町9丁目)

サンドリメンバーとして会議出席を希望される方は、
事前にご連絡下さい。
サンドリ代表メール sandori2014@gmail.com

今後の予定

2017年8月9日(水)13時30分~16時
   大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(通称:ホッとネットおおさか)第28回 定例会
     @大阪弁護士会館

    http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1489.html

※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。

第23回原発と人権問題学習会


日本バプテスト同盟関西部会プロジェクト
「被災現地から移住した水俣病患者たちのこと〜水俣病関西訴訟の原告患者を支援してきた体験から〜」

講師:木野茂さん(大阪市立大学理学部)
講師紹介:大阪神愛教会 向井千晃さん

ーーーーーー
先生は、公害研究の第一人者です。
さまざまな公害の現場に行かれ、被災者の方々と交流をされて来られました。
関西に移ってこられた水俣病患者さんを長年支援されています。(チッソ水俣関西訴訟)
大学に、イベントに、患者さんを呼ばれ、私たちは患者さんの生の声を聴くことができました。

水俣病発覚時、政府・官僚・企業・県・国側の学者がとった行動は、原発震災時と共通する部分が多々あります。
水俣病を学ぶ事により、放射能に苦しむ大勢の方々の訴訟の役に立てるよう願っております。
皆様のご参加お待ちしております。
ーーーーーーーー

日時:2017年6月18日()15時
場所:日本バプテスト大阪神愛教会 参加費200円
大阪市淀川区十三元今里1−1−54


原発と人権

2017年6月18日(日)午後2時〜午後4時30分「6年目の福島・避難者の今~<自主避難>は自力避難?」@鳥取


6年目の福島・避難者の今

日時:6月18日(日)午後2時〜午後4時30分

場所:湖山教会(鳥取市湖山町北3丁目403)


20170618鳥取1


20170618鳥取2

主催:えねみら・とっとり(エネルギーの未来を考える会)



避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

2017年6月17日(土曜日)第5回近畿訴訟団交流会のご案内 @ドーンセンター(大阪市内)

「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」裁判
原発賠償関西訴訟団からのお知らせとご案内です。

どなたでも下記の要領で参加可能です。
避難の皆さまにはご負担なく参加可能となっています。
3.11ご支援の皆さま方、応援よろしくお願い申し上げますm(__)m

2017年6月17日@ドーンセンター

■日時■
2017年6月17日(土)13時~16時半

■場所■
ドーンセンター1階パフォーマンススペース
大阪市中央区大手前1丁目3番49号
https://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

■スケジュール■
12:00 受付開始
13:00 開会(生業訴訟、各訴訟団報告)
14:30 乾杯・懇親会(軽食と飲み物を準備します)
16:30 閉会

■費用■
原告・避難者  無料
サポーター  2000円
弁護団    3000円

■申込み■
第1回締切  5月20日
kansaisapo★gmail.com (★を@に変えてください)
電話 080-4705-7027
上記に参加者される方の氏名を伝えて、お申込みください。

■主催■

関西訴訟原告団、関西訴訟弁護団、KANNSAIサポーターズ




【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


2017年6月14日(水) 原発と子育て~原発避難者の子どもへのいじめ~@子ども情報研究センター第39回人権保育教育連続講座「子どもの人権を大切にする保育を、ともに」

2017年6月14日水曜日@子情研

第39回人権保育教育連続講座「子どもの人権を大切にする保育を、ともに」の
前期プログラム第2回講座でお話しの機会をいただきました。

詳細はコチラです。

子ども情報研究センターでは「子どもの人権を大切にする保育」を、現場の保育者のみなさんとともに考えたいと、人権保育教育連続講座を開催してきました。
今年度も6月より、前期5回・後期5回の講座を開講いたします。みなさんのご参加をおまちしいます。

■ 場 所 : HRCビル (当日の会場はビル1階の案内表示をご確認ください) 
        大阪市営地下鉄中央線「弁天町」駅④番出口
        JR大阪環状線「弁天町」駅北出口より、徒歩約10分

■ 締 切 :5月26日(金) FAX、郵送またはメールでお願いいたします。
メールにて申込みの場合は、件名に【人権保育教育連続講座受講希望】と明記の上、送信してください。

■ 主催・連絡先 公益社団法人 子ども情報研究センター (担当/近藤)
         〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル 5階
         TEL 06-4708-7087  FAX 06-4394-8501
         E-mail:info@kojoken.jp    


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)
【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

【3.11避難者の声】大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る(毎日新聞2017年6月10日)について

【3.11避難者の声】

3.11被災者・避難者に寄り添いお支えくださる皆さまへ

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
避難当事者の森松明希子です(福島→大阪・2児を連れて母子避難中)。

毎日新聞 (2017年6月10日)
大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る
https://mainichi.jp/articles/20170610/k00/00e/040/280000c

先日より指摘させていただいていました大阪府下への避難者数矮小化問題について、
表題の通り記事がでました。
web上でも確認できます。 ぜひご確認ください。


大阪府下への避難者数の矮小化問題について、
確認を怠ったのは果たして「大阪府」だけなのでしょうか?

福島県民健康調査検討委員会の資料には、
都道府県別県外検査実施状況2017年2月28日現在という表があり、
3巡目の数です。以下の13ページ
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/219705.pdf

大阪府の受診者数140人、京都府67人 兵庫県65人 奈良県13人となっています。24歳までの数だと思います。
避難してるから大阪で受診するのですよね。
子どもだけで避難して受診するわけがないですよね。

大阪府には少なくとも24歳以下だけでも140人以上は避難者の存在が認められるということです。

大阪府の隣県と比較しても、この割合(実数ではなく「割合」です)が避難者の実状の割合に近いのではないでしょうか、
ということは統計学の「専門家」でなくとも容易に想像がつきます。

一事が万事、この調子です。
「福島県」および福島県に雇われている方々も
矮小化に気付かないのでしょうか?それとも気付かないフリ?
「一人一人に寄り添う」姿勢は残念ながら何処にも感じられず、
福島県からのいち避難者として残念でなりません。

「復興庁」も同様の指摘ができます。
「システム上の避難者数(1230人)と復興庁への報告人数(88人)に10倍以上の差が生まれた」=一年以上この状態がつづいています。
担当行政官は全く疑問に思わないのでしょうか?
隣県と比べて、また、福島県の発表している県民健康調査等の他府県での受信者数、
実際の「避難者」「被災者」の当事者の声をいかに聞いていないかがよくわかります。

なるほど前・復興大臣の「自主避難は自己責任」ほか数々の暴言、
まさに当事者が指摘しないと疑問にすら思わない、
いやむしろ意図的でさえあると感じる避難者数矮小化問題。

この背景には「災害避難者に対して人権にもとづく保護をしなければならない」という,地方公共団体としての自覚が欠けていることがあると思います。

同様の指摘が国に対しても出来ます。
避難者保護には非常に消極的であり,
国際法や国連システムのことを指摘しても無関心,無反応というのが実態です。
国連の特別報告者グローバー氏の勧告に対して
あろうことか日本国政府は内容の修正や一部削除を要求までしています。
この点についても復興庁はじめ所管するところの見解を
きちんとお尋ねしたいです。

行政の公表データに対する信頼・・・どうやって取り戻すつもりなのでしょうか。

本当に困っている避難者に寄り添いお支えくださる皆さま方のおかげで、
大阪の避難者数矮小化問題が報道機関に報道されるに至りました。
ですが、すでに「避難者数10万人を切る!」という報道を
無批判・無点検で流布されている中、
母子避難をはじめとする分散型避難や福島県以外からの避難者など
本当に救済の手が必要とされるところが孤立している現状があります。

また、全国の避難者からも同様の声が聴かれています。

国の帰還政策と,復興庁や福島県から多額の活動助成金を受けて帰還政策に協力する「避難者支援団体」の問題,当事者と支援者の関係のありかた(支援者の発想で当事者の意向を無視し方向性をリードしようとする)など,いろいろ問題があるように感じます。

市民社会全体の課題として位置づけがなされなければ、結果、当事者が展望を持てなくなると思うのです。

実際に、関東の方では先に共有・報告していただいた通り、
住宅提供を打ち切られて納得して出たと思われた矢先に母子避難の母親が自死するに至っています。

大阪での避難者数矮小化問題が明るみに出たことを契機に、
ぜひ、原子力災害も含んだ災害救助法ではカバーしきれない
今回のような3.11の複合的な災害は
この先いつでもどこでも起こりうることとして、
人権保障に基づく恒久救済の制度の確立がなされますよう、
困っている被災者・避難者が誰一人取り残されないで救われますよう、
ご一緒に歩みを進めていただけましたらと思います。

今後とも、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

原発賠償関西訴訟原告・
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)
代表 森松明希子

(参照)
Sent: Sunday, June 11, 2017 3:29 PM
Subject: [kansai-supporters:3680] 【毎日新聞】大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る(2017年6月10日)

【毎日新聞】震災避難 大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る(2017年6月10日)

毎日新聞 (2017年6月10日)
大量の集計漏れ 数百人規模、大阪府が確認怠る

https://mainichi.jp/articles/20170610/k00/00e/040/280000c

2017年6月10日(土)NPO法人青空会議 東日本大震災を考える集い~ふつうの暮らし・安心の未来・避難の権利とは?@クレオ大阪中央

2017年6月10日@クレオ大阪中央

2017年6月10日月刊青空 森松明希子お話し掲載


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

2017年6月9日(金)3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会 @梅田阪急三番街BF1 のご案内

3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ

Free English Cafe のご案内です。
ご関心のある方々をご招待いたします。
英会話のスキルUPにご活用ください(^^)

日時:2017年6月9日(金)

   13〜17時30分(途中入退場・可)

場所:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ
大阪市北区芝田1丁目1番3号 阪急三番街 南館地下1F
 (避難者は「今」@6周年の展示会場と同じ場所です。
三井住友銀行外貨両替コーナーを入って右手奥に進んで下さい。)

タイムテーブル:

1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends

3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会

※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、
できれば discussion ができましたら・・・

参加費:無 料
    コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです♪

参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

お申込み: 特に不要です(定員15名)

お問合せ:sandori2014@gmail.com

主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

英会話イラスト

 6.3 GoWest交流会 (「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」イベントVol.3)

http://www.gowest-comewest.net/event/20170603kouryuu/

 6.3 GoWest交流会
(「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」イベントVol.3)

6月3日(土)、京都で交流会を開催します。

河野康弘さんによるギター演奏もあります! 14時半頃からを予定しています。

とき
6月3日(土)11時~15時ごろ
ところ
左京西部いきいき市民活動センター第一会議室(京阪出町柳駅徒歩7分)

前回5/6集会の報告はhttp://www.gowest-comewest.net/event/20170506kouryuu/

2017年6月1日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第14回口頭弁論期日

第14回裁判の期日は2017年6月1日午後2時~
2017年6月1日@大阪地裁
【スケジュール詳細】

日時: 6月1日(木)14:00~14:20頃
場所: 大阪地方裁判所本館2階202号法廷

事件番号: 平成25年(ワ)第9521号等・損害賠償請求事件
 ※ 抽選があります(後述)

■ 当日のスケジュールを以下に記載します(サポーターの行動予定を中心に)。

12:00 淀屋橋にて宣伝行動 
   地下鉄御堂筋線/京阪「淀屋橋」駅1番出口出たところに集合
    (12:30終了予定) 

13:00 大阪地方裁判所・本館南側玄関集合 
    (注:原告と弁護団は弁護士会館集合です)

http://www.courts.go.jp/osaka/about_tiho/syozai/osakamain/index.html

13:15~13:30 大阪地方裁判所・本館南側玄関前 整理券配布
        (13:30抽選予定)


 ※ 傍聴券交付状況をご確認ください(まだ案内が出ていないようです)。
   http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=146

 ※ 13:15~13:20頃に、原告・弁護団は正面から裁判所に入廷を行う予定です。

なお、裁判所敷地内では一般のチラシ配布などは禁止されておりますのでご注意ください。
弁護団からは、当日のスケジュール等を記載したものを配布する予定です。

14:00 弁論開始(202号法廷)

 ※ 抽選に外れた方は、同時刻に、報告集会会場(大阪弁護士会館10階1001・1002号室)にて、模擬法廷を行いますので、そちらに移動をお願いします。

14:20頃 弁論終了予定

14:30頃 報告集会 大阪弁護士会館10階1001・1002号室

http://www.osakaben.or.jp/06-access/

16:30頃 報告集会終了予定

期日後には、報告集会が行われます。

宣伝物を配布したい方が多数おられると思いますが、事前に弁護団に一声おかけください。
原発と無関係な宣伝物の配布はお断りすることがあります。
また、報告集会にて宣伝したい事項があれば、こちらも弁護団に一声おかけください。
報告集会の時間が短いため、事前に申し出があったものに限らせていただく予定です。

■ 第14回弁論期日の内容は以下のとおりです。

・原告準備書面の陳述・・パワーポイントを使用して説明します。 
 原告の被害の実態と避難継続の合理性に関する準備書面(損害・因果関係の問題)
 
以上です。

傍聴に来られる方は、くれぐれも13:30までに裁判所の正面玄関前にお越し下さい。
当日は、多数の傍聴希望が予想されます。抽選に外れても、大阪弁護士会館10階1001・1002号室にて模擬法廷を行いますので、そちらで内容を確認することができます。

なお、当日は、当日のスケジュールや報告集会の地図を記載したチラシを配布する予定です。

第15回期日以降の日程

第15回期日 8月31日(木)14:00~
第16回期日 11月30日(木)14:00~



【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

05 | 2017/06 [GO]| 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム