FC2ブログ

≫2017年05月

2017年5月31日(水)午後1時30分~大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(通称:ホッとネットおおさか)第28回 定例会

次回のホッとネットおおさか定例会の日程について、
以下のとおりご連絡します。

ご予定のほど、よろしくお願い申しあげます。


■日時 平成29年5月31日(水)午後1時30分~午後4時

■場所 大阪弁護士会館 12階 1205会議室


※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。


【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」(登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

2017年5月28日@京都「あるものをなかったことにはさせません」

「あるものを なかったことには させません」

前事務次官の言葉に世論が反応していることが救いです。

あるのに無いことにすることはできないって、それ、
放射能汚染、有るのに無いことになってませんか?
原発避難民、居るのに居ないことになってませんか?

黒を白だと言うことはできませんよね。
それと同じなのですよね。

事実に目を向けてほしいだけなのです。

権力に忖度し、多勢に流され、大勢でよってたかって
「絆」とか「復興」とか「ガンバロウ」とかいう「美談」に仕立て上げ、
黒いものを白だと言い切る。

原発事故により空・海・大地に放射能がばらまかれました。
放射能汚染は「あるのです」。

そして被曝の影響を避けるために
原発避難民は確実にこの国に存在して「いるのです」。
私たちが身をもってそれを証明しているのです。

国と東電がごめんなさいといって
原発事故被害に対してきちんと目を向け、
謝罪し、
人の命と尊厳が護られ、
恒久救済の制度が確立するまで、
私は絶対避難者で「ある」ことを言いつづけるつもりです。

※6月1日@大阪地裁「避難の権利」裁判
(原発賠償関西訴訟)の傍聴・ご支援、
よろしくお願い申し上げますm(._.)m

2017年6月1日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第14回口頭弁論期日
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1456.html

【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」
(2017.5.28登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

【ラジオ】NHK 大阪放送局 関西ラジオワイド(2017年5月29日月曜日17時15分過ぎ~) サンドリ新冊子「3.11避難者の声」が紹介されます。是非お聞き下さい!  

2017年5月29日@ラジオ

NHK 大阪放送局の情報番組【関西ラジオワイド】 ー県外避難の皆さんへー

サンドリの新冊子が紹介されます。
是非お聞き下さい。

東日本大震災以降、県外に避難されている方々の思いを集めたブックレット『3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~』の編集に携わった
避難者たちの制作への思いや、集まった声を紹介していただきます。

放送は2017年5月29日月曜日 

5月29日(月)
17時15分すぎから
17時50分ごろの間の
「県外避難のみなさんへ」の中の
後半15分ほどのメインコーナーの予定

NHK 大阪放送局 関西ラジオワイド 
http://www.nhk.or.jp/osaka/

2017年5月28日フクシマ6年の今@京都ひとまち交流館

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ表

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ裏

「フクシマ6年の今ー子どもたちの命と健康を守るー」

日時 2017年5月28日(日)13:20 - 19:00

会場 ひと・まち交流館 京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
 京都市バス4番 17番 205番「河原町正面」下車すぐ
  〒600-8127 京都市京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 (河原町通五条
下る東側)

<1部>
13:20 プレ上映「日本チェルノブイリ連帯基金京都のあゆみ」
        「フクシマ5年の今」
13:40 菅谷 昭氏講演
  講演「原子力災害による健康および環境への長期的影響
      -チェルノブイリ30余年、福島5年余が経過してー」

休憩

<2部>
16:00 映画「抱く【HUG】(ハグ)」上映(69分)
http://kanatomoko.jp/hug/

17:15 海南友子監督と避難者からのメッセージなど
森松明希子さん 萩原ゆきみさん 下澤陽子さん 、
井上玲さん(予定) 園良太さん(予定)

参加費:1000円
(避難されている方、ハンディのある方は500円、高校生以下無料、親子室あり・保
育は要予約)

主催:フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会
   日本チェルノブイリ連帯基金京都
   鉄道展ー東北を旅して実行委員会
連絡先:075-591-7772(馬庭) 090-1248-3321(佐竹)

2017年5月28日フクシマ6年の今 菅谷 昭氏講演 @京都ひとまち交流館

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ表

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ裏

「フクシマ6年の今ー子どもたちの命と健康を守るー」

日時 2017年5月28日(日)13:20 - 19:00

会場 ひと・まち交流館 京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
 京都市バス4番 17番 205番「河原町正面」下車すぐ
  〒600-8127 京都市京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 (河原町通五条
下る東側)

<1部>
13:20 プレ上映「日本チェルノブイリ連帯基金京都のあゆみ」
        「フクシマ5年の今」
13:40 菅谷 昭氏講演
  講演「原子力災害による健康および環境への長期的影響
      -チェルノブイリ30余年、福島5年余が経過してー」

休憩

<2部>
16:00 映画「抱く【HUG】(ハグ)」上映(69分)
http://kanatomoko.jp/hug/

17:15 海南友子監督と避難者からのメッセージなど
森松明希子さん 萩原ゆきみさん 下澤陽子さん 、
井上玲さん(予定) 園良太さん(予定)

参加費:1000円
(避難されている方、ハンディのある方は500円、高校生以下無料、親子室あり・保
育は要予約)

主催:フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会
   日本チェルノブイリ連帯基金京都
   鉄道展ー東北を旅して実行委員会
連絡先:075-591-7772(馬庭) 090-1248-3321(佐竹)

☆プレ企画として、「ワシリー・ネステレンコ」(2008年 19分 エマニュエル監督)
の特別試写会をひとまち交流館一階展示コーナーにて 11時からと12時からの二回開催
します。

ネステレンコ氏は核物理学者で、ベルラド研究所を創設された方です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3
%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3
パンダジェフスキー博士とともに、国が汚染隠しをする中でも、住民の命と健康を守る
ために命がけで取り組まれた方です。

この映画は、ヨーロッパからチェルノブイリ救援に入られて、「サクリフェイス」「真
実はどこに?」をとられたチェルトコフ氏の助監督をされてい
たエマニュエル監督の貴重なドキュメンタリーです。
今回はフランス語字幕のみで、日本語字幕はありませんが、当日あらすじは配布いたし

2017年5月26日(金)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市立社会福祉センターのご案内

避難者交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏〜毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年5月26日(曜日) 10:30~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物・昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
      差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。

今後の予定:,6/27(火),7/25(火),8/29(火)9/26(火)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



※2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

サンドリチラシ表mini


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


宣伝!好評頒布中!!!
(冊子のお申し込みはコチラ→冊子お申込専用メール:sandori2017@gmail.com
冊子「311避難者の声」

2017年5月26日(金)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市立社会福祉センターのご案内

避難者交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏〜毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年5月26日(曜日) 10:30~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物・昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
      差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。

今後の予定:,6/27(火),7/25(火),8/29(火)9/26(火)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



※2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

サンドリチラシ表mini


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


宣伝!好評頒布中!!!
(冊子のお申し込みはコチラ→冊子お申込専用メール:sandori2017@gmail.com
冊子「311避難者の声」

2017年5月26日(金)『本人尋問』原発賠償京都訴訟@京都地裁

 第28回口頭弁論

2017年5月26日(金)10:15~16:30 京都地方裁判所101号法廷。

傍聴席抽選は、9:35~9:50。本人尋問になります。12:00~13:10休憩。

http://shienkyoto.exblog.jp/27246023/


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より

本人尋問

第29回期日は6月9日(金)本人尋問

2017年4月21日京都訴訟


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


2017年5月25日(木) 原発賠償ひょうご訴訟@神戸地方裁判所


第1次訴訟第19回期日
第2次訴訟第15期日
第3次訴訟第10期日
 日時: 2017年5月25日(木) 午後14時~
 場所: 神戸地方裁判所
 集合: 午後13時半(12時半より神戸駅にて街宣します)

兵庫訴訟5/25


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

関西学院大学教育学部「ボランティア論」でのゲストスピーチ【5月22日(月曜日)】

関西学院大学教育学部のボランティア論のゲストスピーカーを引き受けることになりました。

5月22日(月)2時間目 午前11時10分から12時40分まで 関西学院大学聖和キャンパス 7号館731教室

 

災害と学生ボランティアの2回目という位置づけです。

震災にともなう原発事故によって、3.11避難者とその家族にどんな変化があったのか?

それはなぜなのか?

関西で避難しておられる人たちがどんな思いで生活しているのか?

当事者と支援している人たちの活動が、ボランタリー(自発的な)活動を通して維持されていること

学生に願うこと 学生ができること、

などをお話する予定です。


 

貴重な機会をいただきまして感謝です。
学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

 | HOME |  »

サンドリとは


振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カテゴリ

ごあいさつ (9)
ブース隊 (68)
おんがく隊 (38)
おはなし隊 (318)
避難者の「声」をとどけ隊 (698)
【避難者川柳5・7・5】 (316)
【短歌・俳句三十一文字】 (1)
【東日本大震災8周年企画】 (40)
【東日本大震災7周年企画】 (8)
【東日本大震災6周年企画】 (11)
【東日本大震災5周年企画】 (23)
【東日本大震災4周年企画】 (15)
【2014年神戸ルミナリエ企画】 (22)
【裁判所に「声」を届け隊】 (137)
【学校に声をとどけ隊】 (51)
【世界に声をとどけ隊】 (19)
【世界から声をとどけ隊】 (6)
ささえ隊 (60)
をすすめ隊 (242)
【避難者交流会】 (144)
【書籍】 (18)
【映画】 (10)
【映画「小さき声のカノン」】 (14)
【映画「日本と原発」】 (30)
【映画「A2-B-C」】 (8)
【DVD】 (15)
まなび隊 (207)
サンドリ文庫 (65)
冊子頒布 (1)
「red kimono」 (1)
「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」 (0)
しらせ隊(チラシ) (41)
サンドリチラシ (15)
他団体チラシ (17)
ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) (146)
活動 (80)
会計について (3)
会議出席 (52)
For Foreigners (4)
ニュース・関連報道 (49)
その他 (1)

アクセス数


まとめプラグイン

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム