fc2ブログ

Entries

2017年5月31日(水)午後1時30分~大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(通称:ホッとネットおおさか)第28回 定例会

次回のホッとネットおおさか定例会の日程について、
以下のとおりご連絡します。

ご予定のほど、よろしくお願い申しあげます。


■日時 平成29年5月31日(水)午後1時30分~午後4時

■場所 大阪弁護士会館 12階 1205会議室


※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。


【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」(登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

2017年5月28日@京都「あるものをなかったことにはさせません」

「あるものを なかったことには させません」

前事務次官の言葉に世論が反応していることが救いです。

あるのに無いことにすることはできないって、それ、
放射能汚染、有るのに無いことになってませんか?
原発避難民、居るのに居ないことになってませんか?

黒を白だと言うことはできませんよね。
それと同じなのですよね。

事実に目を向けてほしいだけなのです。

権力に忖度し、多勢に流され、大勢でよってたかって
「絆」とか「復興」とか「ガンバロウ」とかいう「美談」に仕立て上げ、
黒いものを白だと言い切る。

原発事故により空・海・大地に放射能がばらまかれました。
放射能汚染は「あるのです」。

そして被曝の影響を避けるために
原発避難民は確実にこの国に存在して「いるのです」。
私たちが身をもってそれを証明しているのです。

国と東電がごめんなさいといって
原発事故被害に対してきちんと目を向け、
謝罪し、
人の命と尊厳が護られ、
恒久救済の制度が確立するまで、
私は絶対避難者で「ある」ことを言いつづけるつもりです。

※6月1日@大阪地裁「避難の権利」裁判
(原発賠償関西訴訟)の傍聴・ご支援、
よろしくお願い申し上げますm(._.)m

2017年6月1日(木)『避難の権利』を求める裁判@大阪地裁(原発賠償関西訴訟)第14回口頭弁論期日
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1456.html

【3.11避難者の声】「あるものを なかったことには させません」
(2017.5.28登壇者・森松明希子 福島県→大阪府)

【ラジオ】NHK 大阪放送局 関西ラジオワイド(2017年5月29日月曜日17時15分過ぎ~) サンドリ新冊子「3.11避難者の声」が紹介されます。是非お聞き下さい!  

2017年5月29日@ラジオ

NHK 大阪放送局の情報番組【関西ラジオワイド】 ー県外避難の皆さんへー

サンドリの新冊子が紹介されます。
是非お聞き下さい。

東日本大震災以降、県外に避難されている方々の思いを集めたブックレット『3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~』の編集に携わった
避難者たちの制作への思いや、集まった声を紹介していただきます。

放送は2017年5月29日月曜日 

5月29日(月)
17時15分すぎから
17時50分ごろの間の
「県外避難のみなさんへ」の中の
後半15分ほどのメインコーナーの予定

NHK 大阪放送局 関西ラジオワイド 
http://www.nhk.or.jp/osaka/

2017年5月28日フクシマ6年の今@京都ひとまち交流館

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ表

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ裏

「フクシマ6年の今ー子どもたちの命と健康を守るー」

日時 2017年5月28日(日)13:20 - 19:00

会場 ひと・まち交流館 京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
 京都市バス4番 17番 205番「河原町正面」下車すぐ
  〒600-8127 京都市京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 (河原町通五条
下る東側)

<1部>
13:20 プレ上映「日本チェルノブイリ連帯基金京都のあゆみ」
        「フクシマ5年の今」
13:40 菅谷 昭氏講演
  講演「原子力災害による健康および環境への長期的影響
      -チェルノブイリ30余年、福島5年余が経過してー」

休憩

<2部>
16:00 映画「抱く【HUG】(ハグ)」上映(69分)
http://kanatomoko.jp/hug/

17:15 海南友子監督と避難者からのメッセージなど
森松明希子さん 萩原ゆきみさん 下澤陽子さん 、
井上玲さん(予定) 園良太さん(予定)

参加費:1000円
(避難されている方、ハンディのある方は500円、高校生以下無料、親子室あり・保
育は要予約)

主催:フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会
   日本チェルノブイリ連帯基金京都
   鉄道展ー東北を旅して実行委員会
連絡先:075-591-7772(馬庭) 090-1248-3321(佐竹)

2017年5月28日フクシマ6年の今 菅谷 昭氏講演 @京都ひとまち交流館

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ表

2017年5月28日@京都ひとまち交流館 チラシ裏

「フクシマ6年の今ー子どもたちの命と健康を守るー」

日時 2017年5月28日(日)13:20 - 19:00

会場 ひと・まち交流館 京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
 京都市バス4番 17番 205番「河原町正面」下車すぐ
  〒600-8127 京都市京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1 (河原町通五条
下る東側)

<1部>
13:20 プレ上映「日本チェルノブイリ連帯基金京都のあゆみ」
        「フクシマ5年の今」
13:40 菅谷 昭氏講演
  講演「原子力災害による健康および環境への長期的影響
      -チェルノブイリ30余年、福島5年余が経過してー」

休憩

<2部>
16:00 映画「抱く【HUG】(ハグ)」上映(69分)
http://kanatomoko.jp/hug/

17:15 海南友子監督と避難者からのメッセージなど
森松明希子さん 萩原ゆきみさん 下澤陽子さん 、
井上玲さん(予定) 園良太さん(予定)

参加費:1000円
(避難されている方、ハンディのある方は500円、高校生以下無料、親子室あり・保
育は要予約)

主催:フクシマ・チェルノブイリの今を考える京都の会
   日本チェルノブイリ連帯基金京都
   鉄道展ー東北を旅して実行委員会
連絡先:075-591-7772(馬庭) 090-1248-3321(佐竹)

☆プレ企画として、「ワシリー・ネステレンコ」(2008年 19分 エマニュエル監督)
の特別試写会をひとまち交流館一階展示コーナーにて 11時からと12時からの二回開催
します。

ネステレンコ氏は核物理学者で、ベルラド研究所を創設された方です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3
%83%8D%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B3
パンダジェフスキー博士とともに、国が汚染隠しをする中でも、住民の命と健康を守る
ために命がけで取り組まれた方です。

この映画は、ヨーロッパからチェルノブイリ救援に入られて、「サクリフェイス」「真
実はどこに?」をとられたチェルトコフ氏の助監督をされてい
たエマニュエル監督の貴重なドキュメンタリーです。
今回はフランス語字幕のみで、日本語字幕はありませんが、当日あらすじは配布いたし

2017年5月26日(金)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市立社会福祉センターのご案内

避難者交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏〜毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年5月26日(曜日) 10:30~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物・昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
      差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。

今後の予定:,6/27(火),7/25(火),8/29(火)9/26(火)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



※2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

サンドリチラシ表mini


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


宣伝!好評頒布中!!!
(冊子のお申し込みはコチラ→冊子お申込専用メール:sandori2017@gmail.com
冊子「311避難者の声」

2017年5月26日(金)3.11避難者情報交換・意見交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市立社会福祉センターのご案内

避難者交流会Cafe IMONIKAI(5月)@大阪市社協のご案内
(子連れOK・参加費不要)です。

毎月大阪で、たとえ参加者が少なくても、
必要としている避難者がいる限り、
細く長く必要な形でつづけています。
2012年夏〜毎月1回、一日お部屋を開放し、
自由に避難者が集える「場」を参加者みんなで作ります。

過去の交流会の様子はコチラ

サンドリメンバーも、
毎回、一度も欠かさず通っている避難者たちがいます。

とても自由な雰囲気で、
避難者が震災のこと、避難のこと・・・
本当の思いを各々自由に話せる
3.11避難当事者がホッとできる素敵な「場所」です。

初めての方も安心してご参加下さい。
何も話さなくても、聞くだけの方もおられます。

色々な情報も得られますし、また、避難者の思いも、
ご支援の方々に伝えることも出来ますし、
本当にオススメ出来る交流会の一つです。

【避難者交流会Cafe IMONIKAIのご案内】

日 時:平成29年5月26日(曜日) 10:30~15:00
    
    (途中からの参加、途中退室も可能です)
    ※飲み物・昼食は各自でご用意ください

場 所:大阪市立社会福祉センター
    (地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)

参加費:無 料
      差し入れ大歓迎♪

参加対象者:3.11避難者&3.11避難者に心をお寄せくださる方ならどなたでも大歓迎☆

お申込み: 特に不要です。

今後の予定:,6/27(火),7/25(火),8/29(火)9/26(火)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【3.11避難者交流カフェイモニカイ】係

主 催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

協 力:大阪市ボランティア・市民活動センター(大阪市社会福祉協議会)



※2017年4月から、サンドリが主催を引き継ぐこととなりました。
カフェイモニカイは5年くらい続いていますが、
いまだに芋煮がふるまわれると思われている人々に遭遇しますが・・・
芋煮は出てきません(;^_^

3.11および福島原発事故避難者の「居場所」です。
タブー一切なし、何でも話して大丈夫です。
話すこと、会話することで、つながることで、
見えてくること、困りごとの解決への糸口も見つかったりするなど色々・・・

当日お目にかかれる皆さま方、応援くださる皆さま方、
どうぞよろしくお願いしますm(__)m


参加者全員が3.11避難者のために出来るボランティア参加です(^^)
主に、初めて参加の方や避難してきて間もない方へ、
先に避難してきて参考になったことなど、
避難者にとってのお役立ち情報などの提供など、
出来る範囲で背伸びせず、出来る事を担ってただけましたらと思っています。

サンドリチラシ表mini


☆3.11避難者の皆さまへ☆

何かお手伝い出来る事はないかしら?
避難してきた自分に出来ることはないかしら?
支援頂いた6年間に感謝して今度は自分にできる社会へのご恩返しはないかしら?
とお考えの避難者の皆さん、
是非、お手伝い参加のご協力、お願いいたします。

参加しながら、徐々にお手伝い参加ということも可能です。
(というより、ほぼ、参加者と変わりないような参加の形態ですので、
特別難しいことは何もありません。)

当日は、サンドリメンバーがいますので、
お気軽にお声がけください(^^)


宣伝!好評頒布中!!!
(冊子のお申し込みはコチラ→冊子お申込専用メール:sandori2017@gmail.com
冊子「311避難者の声」

2017年5月26日(金)『本人尋問』原発賠償京都訴訟@京都地裁

 第28回口頭弁論

2017年5月26日(金)10:15~16:30 京都地方裁判所101号法廷。

傍聴席抽選は、9:35~9:50。本人尋問になります。12:00~13:10休憩。

http://shienkyoto.exblog.jp/27246023/


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より

本人尋問

第29回期日は6月9日(金)本人尋問

2017年4月21日京都訴訟


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 


2017年5月25日(木) 原発賠償ひょうご訴訟@神戸地方裁判所


第1次訴訟第19回期日
第2次訴訟第15期日
第3次訴訟第10期日
 日時: 2017年5月25日(木) 午後14時~
 場所: 神戸地方裁判所
 集合: 午後13時半(12時半より神戸駅にて街宣します)

兵庫訴訟5/25


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

関西学院大学教育学部「ボランティア論」でのゲストスピーチ【5月22日(月曜日)】

関西学院大学教育学部のボランティア論のゲストスピーカーを引き受けることになりました。

5月22日(月)2時間目 午前11時10分から12時40分まで 関西学院大学聖和キャンパス 7号館731教室

 

災害と学生ボランティアの2回目という位置づけです。

震災にともなう原発事故によって、3.11避難者とその家族にどんな変化があったのか?

それはなぜなのか?

関西で避難しておられる人たちがどんな思いで生活しているのか?

当事者と支援している人たちの活動が、ボランタリー(自発的な)活動を通して維持されていること

学生に願うこと 学生ができること、

などをお話する予定です。


 

貴重な機会をいただきまして感謝です。
学校に声をとどけ隊

【学校に声をとどけ隊】からのお願い
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1309.html

【ラジオ】5月21日(日)16時~17時 『ABCラジオ特別番組谷口学園 春のラジオ講座 〜実はあなたもマイノリティ⁉〜』

5月21日(日)16時~17時
『ABCラジオ特別番組谷口学園 春のラジオ講座 〜実はあなたもマイノリティ⁉〜』

3.11後の原発避難をマイノリティという視点からお話しさせていただきました。
貴重な機会と沢山の気づきを与えてくださってありがとうございました。

※マイノリティ=社会的少数派
2017年5月16日谷口真由美さんABCラジオ番組収録
谷口真由美さん ABCラジオ番組収録前に、サンドリ新冊子「3.11避難者の声」を献本!

 選択できない「マイノリティ」と

 自ら選択した「マイノリティ」について

 理解を深めてきましたが・・・それでも、私はやっぱり

 「マイノリティ」とは関係がない、と思っている方も

 まだまだいらっしゃることでしょう。

 でも、
実は誰でも、

ある日突然、

自分の思いとは全く関係なく、

 マイノリティな存在になる
こともあるんです。


谷口真由美さんABCラジオ番組収録


東日本大震災 

2011年3月11日、東北地方をおそった東日本大震災では、

地震と津波により2万1000人以上の方が犠牲になりました。

津波や東京電力福島第1原発事故で、

6年経った今でもおよそ12万3000人が

全国各地で避難生活を送っています。

そんな中、今年3月末で原発事故による自主避難者への

住宅支援が打ち切られ、

多くの方が帰還か定住か、苦渋の選択を迫られました。

では、今日のゲスト講師をご紹介します。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream

代表の森松明希子さん
です。

森松さんは福島県郡山市で被災、

2011年5月から、夫を福島に残し、大阪市へ母子避難しました。

現在はパートで働きながら、小学生になったふたりのお子さんを育てています。


・・・続きはぜひ、放送をお聴きください!!!

放送日時:5月21日(日)16時~17時

放送局: ABCラジオ―AM1008kHz

   http://abc1008.com/rdpgm/

【キャスト】

講師:谷口真由美さん(大阪国際大学准教授)

日直:武田和歌子さん(ABCラジオアナウンサー)

生徒:ナジャ・グランディーバさん

   高柄烈さん

   エルサヤド弘美さん

ゲスト講師:森松明希子(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream)

聴講生のみなさん


2017年5月20日(土)「避難の権利」裁判 KANSAIサポーターズ訴訟学習会 『生業(なりわい)訴訟って?』@大阪弁護士会館のおしらせ

………… 訴訟学習会のご案内…………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。

ご案内が遅くなりましたが、5月20日(土)の訴訟学習会は

「生業(なりわい)訴訟って?」

を予定しています。

全国で起きている原発賠償訴訟、その原告数で最大規模のものが「生業訴訟」です。
今年3月21日に結審をむかえ、2017年10月10日の判決言い渡しまでの間も盛んに活動されています。
6月17日の「近畿訴訟団交流会」にも、代表団をお迎えして一緒に交流することになっています。
今回は、その“予習”の意味もこめて、生業訴訟について基本的なことを学びたいと思います。

■日時■
2017年5月20日(土)
13時〜14時

■場所■
大阪弁護士会館 904号室
大阪市北区西天満1−12−5

■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。
当日の連絡先 → 090-8191-7027(久一)

■今回の内容■
「生業訴訟って?」
講師:未定..


20170520なりわい訴訟

2017年5月17日(水)13:30-15時  大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(ホッとネットおおさか)事務局会議@大阪市社協(谷町9丁目)

ホッとネットおおさか 事務局会議 

2017年5月17日(水)13:30-15時  
大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(ホッとネットおおさか)事務局会議@大阪市社協(谷町9丁目)

サンドリメンバーとして会議出席を希望される方は、
事前にご連絡下さい。
サンドリ代表メール sandori2014@gmail.com

今後の予定

2017年5月31日(水)13時30分~16時
   大阪府下避難者支援団体等連絡協議会(通称:ホッとネットおおさか)第28回 定例会
     @大阪弁護士会館

    http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1489.html

※サンドリは3.11避難当事者団体として、
避難者の「生の声」「今現在の声」を届ける使命感を持って、
常に会議に参加させていただいています。

『ABCラジオ特別番組谷口学園 春のラジオ講座 〜実はあなたもマイノリティ⁉〜』の 収録に行ってきました。5月21日(日)16時~17時 放送予定(ABCラジオ―AM1008kHz)

5月21日(日)16時~17時 放送(予定)の
『ABCラジオ特別番組谷口学園 春のラジオ講座 〜実はあなたもマイノリティ⁉〜』
収録に行ってきました。

3.11後の原発避難をマイノリティという視点からお話しさせていただきました。
貴重な機会と沢山の気づきを与えてくださってありがとうございました。

※マイノリティ=社会的少数派
対義語はマジョリティまたは社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。 留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。
社会的少数者 - Wikipedia

2017年5月16日谷口真由美さんABCラジオ番組収録
谷口真由美さん ABCラジオ番組収録前に、サンドリ新冊子「3.11避難者の声」を献本!

 選択できない「マイノリティ」と

 自ら選択した「マイノリティ」について

 理解を深めてきましたが・・・それでも、私はやっぱり

 「マイノリティ」とは関係がない、と思っている方も

 まだまだいらっしゃることでしょう。

 でも、
実は誰でも、

ある日突然、

自分の思いとは全く関係なく、

 マイノリティな存在になる
こともあるんです。


谷口真由美さんABCラジオ番組収録


東日本大震災 

2011年3月11日、東北地方をおそった東日本大震災では、

地震と津波により2万1000人以上の方が犠牲になりました。

津波や東京電力福島第1原発事故で、

6年経った今でもおよそ12万3000人が

全国各地で避難生活を送っています。

そんな中、今年3月末で原発事故による自主避難者への

住宅支援が打ち切られ、

多くの方が帰還か定住か、苦渋の選択を迫られました。

では、今日のゲスト講師をご紹介します。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream

代表の森松明希子さん
です。

森松さんは福島県郡山市で被災、

2011年5月から、夫を福島に残し、大阪市へ母子避難しました。

現在はパートで働きながら、小学生になったふたりのお子さんを育てています。


・・・続きはぜひ、放送をお聴きください!!!

放送日時:5月21日(日)16時~17時

放送局: ABCラジオ―AM1008kHz

   http://abc1008.com/rdpgm/

【キャスト】

講師:谷口真由美さん(大阪国際大学准教授)

日直:武田和歌子さん(ABCラジオアナウンサー)

生徒:ナジャ・グランディーバさん

   高柄烈さん

   エルサヤド弘美さん

ゲスト講師:森松明希子(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream)

聴講生のみなさん

2017年5月15日(月) 原発労働者であり、浪江町から避難している方のお話を聞く会@兵庫県尼崎市

2017年5月15日@尼崎

日 時:5月15日(月)午後6時30分~8時30分(開場午後6:15)

場 所:尼崎市立小田公民館

  http://ama-kan.jp/spot/detail.php?id=408

JR尼崎駅北東徒歩3分

参加費:500円

主 催:避難計画を案ずる関西連絡会/さいなら原発尼崎住民の会

連絡先:さいなら原発尼崎住民の会 TEL:090-7497-3307(広畑)

あれから6年、まるで福島原発事故が終息したかのごとく、汚染の続く場所への帰還が押し進められ、国の自主避難者への住宅支援が打ち切られました。「自己責任」と国の責任を放棄した復興大臣の暴言。そして、原発の再稼働は安全をないがしろにして進められています。犠牲を強いられている「福島の声」をしっかり受け止めることが求められています。

福島浪江町から避難し、親子で「子ども脱被ばく裁判」の原告となり、「脱被ばく実現ネット」で活躍し、他の原発関連裁判を支援者として支えている今野寿美雄さんをお招きし、〝福島の今″をお話していただきます。今野さんは、原発作業従事者として、20m㏜の数字の持つ意味を誰よりもご存知です。ぜひ、お話をきいてください。

 関電は、高浜原発4号の原子炉起動を5月中旬にも強行しようとしています。関西での再稼働反対の取り組みも紹介します。

【今野寿美雄さんのプロフィール】

1964年、浪江町生まれ。
放射線作業従事者となり原子力発電所などで自動制御措置のメンテナンスなどに従事。
2011年3月女川原発に出張中に被災し、現地で復旧支援活動に当った後、現在も福島市飯坂温泉の公営住宅で避難生活。
「子ども脱被ばく裁判(親子裁判)」原告。「脱被ばく実現ネット」「ひだんれん」で活動



【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


2017年5月14日(日)避難者(森松明希子さん)のお話「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」@寝屋川市

2017年5月14日@寝屋川市

2017年5月14日(日)避難者のお話
「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」@寝屋川市

避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com


2017年5月14日(日)京都・市民放射能測定所 5周年のつどい

京都・市民放射能測定所さまからのご案内です。

原発事故から6年 広がる放射能汚染!
しかし、避難指示区域が次々に解除され、原発は再稼動に進み、汚染土壌がリサイクル・拡散されようとしています。
そのことに警鐘を鳴らすため、東日本土壌測定プロジェクト・石丸偉丈さんの講演、渡辺悦治さんの講演を行います。
同時に無料測定会や茶話会、ミニライブもある、充実した企画を用意しています。
ぜひ、ご参加ください。

【プログラム】
5月14日(日)
①メイン会場企画
呉竹文化センター(近鉄・京阪 丹波橋駅下車) 会員500円 一般700円
午前の部 10時~12時
・特別上映『たゆたいながら 完成版』
・会員総会の開催
午後の部 13時15分~17時
・講演企画1
 測定データから浮かび上がる東日本の汚染
 『東日本土壌測定プロジェクトの成果』石丸偉丈さん
・京都・市民放射能測定所からの報告
 『5年間の測定結果から見えるもの』
・講演企画2
 『福島原発事故をめぐる3つの立場-政府・ICRP・最新の放射線科学から帰還政策・除染残土再利用を考える』渡辺悦司さん

②丹波橋測定室での企画
・無料測定会 10時~14時
 先着順 一人1品 4人様まで受付
・茶話会 10時~14時
 ゆっくり交流しましょう。お菓子代のみ、お気持ちカンパ。

③ミニライブ 呉竹文化センター近くの喫茶店で
・河野康弘さんのピアノ演奏を聞きながら交流 17時~18時
 参加費1000円(1ドリンク付き)
・18時以降は懇親会となります。
 料理、飲物を別途ご注文ください。

【連絡先】
京都・市民放射能測定所
〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1コーポ桃山105号
TEL/FAX 075-622-9870  E-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
http://nukecheck.namaste.jp/  http://crmskyoto.exblog.jp/
つどい担当者 070-5664-2713(佐藤)satokazu@wave.plala.or.jp

【講師紹介】
①石丸偉丈(いしまるひでたけ)さん
『東日本土壌測定プロジェクトの成果』講演者
東京の国分寺「こどもみらい測定所」代表
全国の測定所をつなぐ「みんなのデータサイト」を運営。
この土壌測定プロジェクトの事務局長として、3000箇所以上の土壌を測定した結果をまとめ、未来まで汚染が続くことを示すマップを公表。

②渡辺悦司(わたなべえつじ)さん
『福島原発事故をめぐる3つの立場-政府・ICRP・最新の放射線科学から帰還政策・除染残土再利用を考える』講演者
政治経済学・経済史学会会員
市民と科学者の内部被曝問題研究会会員
山田・遠藤氏との共著である「放射線被曝の争点-福島原発事故の健康被害はないのか」(緑風出版 2016年)を出版

③阿部周一(あべしゅういち)さん
ドキュメンタリー映画「たゆたいながら」監督
福島市の放射能汚染と向き合う市民を取材した本作品を大学在学中に制作。
優秀作品として「学長賞」を受賞。
第七回座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル コンペティション部門入賞。

④河野康弘(こうのやすひろ)さん
ジャズピアニスト/地球ハーモニー代表
矢沢永吉バンドでプロデビュー。
音楽を通じての平和・環境活動、中古ピアノ復活プロジェクトに活躍中。

【主催者 ごあいさつ】
みなさま、情勢はますます緊迫しています。
放射能汚染が消えたわけでもないのに、原発事故による健康被害がますます明らかになっているのに、避難区域は次々解除され、事故避難者への支援は縮小されています。
大阪高裁の判決によって、高浜原発の再稼動も迫ってきています。
8000ベクレル/kg以下の汚染土がリサイクルされ、ばら撒かれようとしています。
原子力規制委員会は、食品の放射能汚染の基準を緩和することを狙っています。
こんな情勢だからこそ、5周年を迎えた京都・市民放射能測定所の踏ん張りどころだと、スタッフ一同考えています。
今回のつどいでは、現在の汚染の証拠をさらに明らかにしていくことが必要と考え、東日本土壌測定プロジェクトの報告を石丸さんにお願いしました。
そして、避難解除と汚染土壌リサイクルの犯罪性を明らかにする講演を渡辺さんにお願いました。
ぜひ一人でも多くの方にご参加いただけますよう、お願いいたします。

5月13日(土)14~16時45分~今,福島・関東の土が危ない子どもの「いのち」を守る西日本集会

2017年5月13日@高槻クロスパル

今,福島・関東の土が危ない
子どもの「いのち」を守る西日本集会(5月13日,高槻)
http://starsdialog.blog.jp/archives/70183213.html

「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本
今,福島・関東の土が危ない
子どもの「いのち」を守る西日本集会
http://kodomodatu.jugem.jp/?eid=214

2017年5月13日(土)14時から
高槻市立総合市民交流センター クロスパル高槻第6会議室
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kurashi/bunka_sports/bunka_koryushisetsu/1327994114940.html
JR 高槻駅南出口すぐ
資料代 500円

2017年5月12日(金)3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会 @梅田阪急三番街BF1 のご案内

3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ

Free English Cafe のご案内です。
ご関心のある方々をご招待いたします。
英会話のスキルUPにご活用ください(^^)

日時:2017年5月12日(金)

   13〜17時30分(途中入退場・可)

場所:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ
大阪市北区芝田1丁目1番3号 阪急三番街 南館地下1F
 (避難者は「今」@6周年の展示会場と同じ場所です。
三井住友銀行外貨両替コーナーを入って右手奥に進んで下さい。)

タイムテーブル:

1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends

3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会

※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、
できれば discussion ができましたら・・・

参加費:無 料
    コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです♪

参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

お申込み: 特に不要です(定員15名)

お問合せ:sandori2014@gmail.com

主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

英会話イラスト

2017年5月12日(金)『本人尋問』原発賠償京都訴訟@京都地裁

2017年4月21日京都訴訟

 第27回口頭弁論

2017年5月12日(金)10:15~16:30 京都地方裁判所101号法廷。

傍聴席抽選は、9:35~9:50。本人尋問になります。12:00~13:10休憩。

http://shienkyoto.exblog.jp/27246023/


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より

本人尋問

第28回期日は5月26日(金)本人尋問
第29回期日は6月9日(金)本人尋問

【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 

NHK大阪放送局で冊子「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」の取材を受けました(関西ラジオワイド)

311避難者の声の表紙.jpg

5月12日(水)、NHK大阪放送局のスタジオで
冊子「3.11避難者の声~当事者自身がアーカイブ~」の取材を受けました
(関西ラジオワイド)

放送予定日は、第四月曜日5時台~
冊子のご紹介と、住田アナウンサーが一部朗読、ご紹介くださっています。
ぜひお聞きください。

冊子入手方法

冊子のお申し込みはコチラ→冊子お申込専用メール:sandori2014@gmail.com
冊子「311避難者の声」

2017年5月6日(土)5.6避難者交流会&「自主避難者は自己責任」への抗議大集会「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」イベントVol.2

2017年5月6日
5.6避難者交流会&「自主避難者は自己責任」への抗議大集会
(「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」イベントVol.2)

2017年5月6日(土)10時~15時
大阪・中央区民センター 3F 第2・第3会議室
(地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅 3号出口東へ徒歩2分
 https://www.osakacommunity.jp/chuo/access.html
参加費 500円(※500円出せなくても来て下さい。逆にもっと出せるという方はカンパをお願いしますm(_ _)m

★10時~13時:避難者&住民の交流会。関東や東北からの避難者の方、
関西の住民の方、ぜひご参加ください。つながりましょう。
(12時からはお昼ごはんを食べるので、お弁当など持参して下さい)

★13時~15時:「自主避難者は自己責任」に抗議する避難者大集会
お話:
●福島からの避難者・森松明希子さん
(東日本大震災避難者の会Thanks & Dream(サンドリ)代表/原発賠償関西訴訟原告団代表)
●茨城からの避難者・羽石敦さん(大阪避難者の会・関西訴訟原告団幹事)
「住宅支援はこれからが本番」
●渡辺悦司さん(市民と科学者の内部被曝問題研究会)「急増する福島、関東の健康被害。
「これから何が起きるのか」http://www.gowest-comewest.net/higai/watanabe20170326.html

(※15時以降も会場に残れるので、希望者で交流します。)

主催:「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」
http://www.gowest-comewest.net/
連絡先:gowest.comewest@gmail.com
(★5月から毎月第一土曜日の午前~午後に集まりを持ちます。
次回は6月3日に京都を予定しています。)


【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

【お礼と報告】5月3日 レオクラブさま主催 淀川河川公園BBQ♪

ーーーーーー田中里子さんのface bookからーーーーーー

今日は爽やかな晴天の下、レオクラブさん主催の淀川河川公園でのバーベキューに参加させていただきました。
参加人数は避難家族7組(大人8名、子ども14名)、レオさんが16名、という賑やかな集いです。

到着すると、すでにレオさん達が着々とBBQの準備を進めてくださっており、すぐにジュージューといい匂いが。。😍
うちの娘(5歳)にとってはBBQは初めての経験。
他のお子さんも一体何を焼くのか、どうやって焼くのか、興味津々の様子。
レオさん達が最初に焼いてくださり、その後、子供たちもやり方を丁寧に教えて頂きながら、
様々な食材にトライしていきます。

お肉、エビ、カボチャ、ナス、ピーマン、ウインナー、焼きそば、ババロア。。。
途中で、娘が「ママ、いろんなものを焼くのって楽しいね!あんなに楽しいものとは思わなかったよ!」
と目をキラキラさせながら報告しに来てくれました✨。
どのお料理も本当に美味しくて、お皿はあっという間に空に。
青空の下、大勢でワイワイしながらの食事って最高の贅沢ですよね。

食事が済むと、子どもたちはレオさん達とボール遊び、バトミントン、
かけっこ、かくれんぼ、だるまさんが転んだ、など、沢山遊んでいただきました。
(疲れ知らずのレオさん、本当にすごいです。さすがお若い👍)

そのおかげで、こちらは親同士でじっくり、色々な話に花が咲きました。
初対面という方もいらしたので自己紹介から始まり、避難の経緯や今の生活状況、
体調の話、関心事、相談事、などなど。

お子さんが結構大きなご家族もいらして、
「そっか、もう7年目だものね。。。」と時間の経過をしみじみ感じました。
そうこうしているうちにとうとう、お開きの時間に。
12時から始まり、4時半くらいまで、だったでしょうか。
本当に楽しいあっという間のひと時。

こんな素晴らしい催しを開いてくださったレオさん、
私達避難者をサポートし続けてくださり、本当に感謝しかないです、有難うございます。

子供たちも名残惜しい様子😂でしたが、GWの素敵な思い出となりました。
最後に揃って記念撮影。皆さんのキラキラ笑顔、また会えますように
ーーーーーーーーーーーー

レオクラブbbq2


レオクラブbbq4


レオクラブbbq3

レオクラブbbq1

レオクラブの皆さま、
いつも3.11東日本大震災の影響で関西方面に避難した子どもたちを
お支えくださいまして本当にありがとうございます。

避難の子どもたちも、皆さまの温かいサポートに触れながら成長することができています。
本当に感謝です。

ありがとうございました。
こんごともどうぞよろしくお願いいたします。

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)

子どもたちのご支援・ご協力を頂けます方はコチラへ
サンドリ代表メール sandori2014@gmail.com

2017年5月3日(水)12:00~16:00 レオクラブさんの避難者のこどもたちへのイベントのお知らせ@淀川河川公園

2017年5月3日レオクラブ BBQ

5/3レオクラブさんのイベント案内ですが、場所と内容に変更がありましたので、下記のとおり訂正させていただきます。

【日時】5月3日(水)12:00~16:00

【場所】淀川河川公園 豊里地区
     住所:大阪府大阪市東淀川区豊里3丁目地内
       (だいどう豊里駅から徒歩10分)

【集合時間・場所】
12:00 大阪市営地下鉄今里筋線だいどう豊里駅出入口①
お車でお越しの方は公園駐車場に駐車次第ご連絡ください。

【内容】
BBQをした後、凧揚げやサッカーなど外遊びをします。
尚、食材などにつきましては、こちらで準備させていただく予定です。

【主催・連絡先】レオクラブ
        メール  335btikuleo@gmail.com(小谷)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)とは、
避難者が主体的に活動し、 お支え下さる方々へ感謝することを忘れず、 避難者の「今」を真摯にお伝えすることによって 社会貢献につながる活動を自発的・能動的に行う3.11避難当事者団体です。 参加メンバー随時募集中(^^) sandori2014@gmail.com

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ

アクセス数

まとめプラグイン

04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム