東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ラジオ放送】関西ラジオワイド「県外避難のみなさんへ」 1月30日(月)17時20分〜 「1.17と3.11をつなぐ会」 岡部眞紀子さん、森松明希子さん、参加者の皆さん インタビュー


関西ラジオワイド「県外避難のみなさんへ」
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/radiowide/
(NHK ラジオ第一放送 666mhz )
1月30日(月)17時20分〜
「1.17と3.11をつなぐ会」
岡部眞紀子さん、森松明希子さん、参加者の皆さん
インタビュー

【県外避難の皆さんへ】
阪神・淡路大震災から22年を迎えた1月17日、神戸市で「1.17と3.11をつなぐ会」が開催されました。神戸や阪神間で地震を経験した市民と東日本大震災やそれにともなう福島第一原発事故で関西に避難してきている人たちが集まり、お互いの現状や、「復興とは何か」を語り合いました。呼びかけ人の岡部さんに会を続ける思いを聞きます。


【3.11避難者の報告】はコチラ
「福島原発事故、今とこれからを話す」@『1.17と3.11をつなぐ会』(2017年1月17日)
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1396.html

| ひろめ隊(メディア掲載・リンク等) | 08:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月29日(日)14時~16時 「福島原発 いまなお続く避難」お話し会@神戸JR六甲道

たんぽぽカフェお話し会 講師 森松明希子さん1月29日

たんぽぽカフェ


*****************************
第4回「つながるひろがるたんぽぽカフェ」
*****************************
「たんぽぽカフェ」第4回は、原発事故からやがて6年、様々な課題が露わになったその一つ、原発事故避難者問題について考えてみたいと思います。
■日 時■
1月29日(日)14~16時
■場 所■
六甲道組合員センター(地図参照) ※ 最寄り駅はJR六甲道駅
■内 容■
「もうすぐ6年 福島原発 今なお続く避難
■講 演■
森松 明希子さん(原発事故避難者訴訟団)
報 告:山田 和子さん
■参加費■
300円(資料代・お茶代) 
■たんぽぽカフェ■
http://tanpopoclub2525.web.fc2.com/tanpopo-2016-12.html



避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 14:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月29日 広瀬隆氏講演会(入場無料) 「福島現地と東日本の被曝の現状」 「迫る次の大地震の脅威」

20170129 広瀬隆さん講演会

広瀬隆氏講演会(入場無料)
「福島現地と東日本の被曝の現状」
「迫る次の大地震の脅威」

日時:2017年1月29日(日)午後1時〜3時30分
場所:日本基督教団 甲東教会
   〒西宮市甲東園1-2-15 TEL 0798-51-0454

| まなび隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月27日『専門家証人尋問』原発賠償京都訴訟@京都地裁

 第22回口頭弁論

2017年1月27日(金)10:15~16:30 京都地方裁判所101号法廷。

傍聴席抽選は、9:35~9:50。この日は専門家証人尋問。12:00~13:10休憩。

http://shienkyoto.exblog.jp/27246023/


原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会より

専門家証人尋問・本人尋問

第23回期日は2月17日(水)専門家証人尋問
第24回期日は3月8日(水)本人尋問
第25回期日は3月29日(水)本人尋問
第26回期日は4月21日(金)本人尋問
第27回期日は5月12日(水)本人尋問
第28回期日は5月26日(金)本人尋問
第29回期日は6月9日(金)本人尋問

京都期日


げんこくだよりをお読みいただき、裁判傍聴と公正判決要請署名への御協力をお願いいたします。


げんこくだより


【裁判所に「声」を届け隊】よりお知らせです。

☆3.11避難者の皆さまへ

裁判期日およびそれに続く報告集会には、最も多くの避難者が集まります。
孤立している避難者の方がおられましたら、
是非お近くで行われる「避難の権利」を求める裁判の傍聴、
それに続く報告会にご参加されてみてください(どなたでも無料で傍聴可能です)。
きっと沢山の避難者されている方々とつながることができるはずです。

避難者同士はこの6年の間に随分とつながることが出来ました。
同じ避難元、近い境遇の方と出会えるかもしれません。

また、「避難している」という貴方の存在が、
他の避難者の励みにもなったりします。
孤立し、一人で悩んでいる避難者の方々が、
お一人でも多く、救われますように・・・。


☆すべての皆さまへ

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所の事故の影響で、
今なお避難生活を続けている多くの人びとが、
全国47都道府県に存在しています。
(その正確な実数も実態も誰も把握はしていませんが。)

関西に避難している人たちが、
なぜ避難生活を続けているのか、
その真実の声を、裁判所にも届けています。

是非、宣誓し、真実を包み隠さず、
正々堂々と司法の場
避難者の「声」を伝える避難者のご支援も、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
(もちろん裁判だけが唯一の伝える方法ではありません。)

東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 
        【裁判所に「声」を届け隊】一同

連絡先  sandori2014@gmail.com
 



| 【裁判所に「声」を届け隊】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月24日(火)カフェイモニカイ&避難者ピアサポート@大阪市立社会福祉センター

1月24日(火)の カフェイモニカイ&ピアサポートは、
弘川欣絵弁護士とnara-actionの堀田美恵子さんをお招きしています。

☆堀田美恵子さんは、nara-actionの代表として、東日本大震災被災者のための短期支
援ハウスをいち早くはじめてくださったり、奈良での避難者交流会を開催してくださっ
たり、保養活動、奈良・市民放射能測定所会員、被災者・避難者にずっと寄り添ってくださっている方です。

☆弘川欣絵先生は、長野総合法律事務所所属
http://nagano-law.com/bengoshi/hirokawa.html
「日本弁護士連合会 難民認定問題特別部会」「明日の自由を守る若手弁護士の会」に
参加されている先生です。


*イモニカイは、2部構成になってます
・1部 Cafe IMONIKAI(同室保育)10時30分~13時
・2部ピアサポート(別室保育)13時~15時

お問い合わせ・申込み先 peimonikai@gmail.com
(お名前・連絡先と大体の予定時間もお願いします。)

保育の締め切り 1月18日(水)夕方頃まで。
保育が必要の場合のお申し込みは、保育担当者の日時確保の都合上、
なるべくお早めにご連絡をお願いいたします。m(__)m



場 所:大阪市立社会福祉センター
http://www.shafuku-center.jp/shisetsu.html
(地下鉄「谷町九丁目」駅、近鉄「大阪上本町」駅11番出口)


主催 ドーン避難者ピアサポートの会
協力 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream
http://sandori2014.blog.fc2.com/
ジェンダー平等をめざす藤枝澪子助成


サンドリチラシ表mini

| 【避難者交流会】 | 09:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月21日(土)訴訟学習会@難波市民学習センター(OCATビル4階)

20170121 無音のレクイエム&憲法カフェ

………… 訴訟学習会のご案内…………
KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
いつもは大阪弁護士会館で弁護団の先生方に講師をお願いしていますが、今回は

≪大阪憲法ミュージカル≫と≪明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)大阪支部≫のコラボ企画

無音のレクイエム ~憲法カフェ編~

に一緒に参加させていただくことにします。
大阪憲法ミュージカルは、弁護団の先生も関わっておられ、去年の公演作品『無音のレクイエム』は、戦争によって個人の自由や権利が奪われていった過去を追体験させられる内容で、平和や憲法による人権保護の大切さが身に染みます。
原発賠償裁判も憲法が拠り所、というわけで、憲法について一緒に考えてみませんか?

【注意】いつもと会場・時間が違います!【注意】

■日時■
2017年1月21日(土)
13時30分~16時30分

■場所■
難波市民学習センター(OCATビル4階)

■参加費■
無料

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。


(記事引用)http://kansapo.jugem.jp/

| まなび隊 | 11:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月21日(土)無音のレクイエム&憲法カフェ@難波市民学習センター(OCATビル4階)

20170121 無音のレクイエム&憲法カフェ

【明日の自由を守る若手弁護士の会 大阪支部主催:無音のレクエイムの案内】

「戦前の大阪で、映画製作に夢をかけた若者が戦争の荒波にのまれる姿を描き、
平和の尊さを訴える内容のミュージカルです。 2016年6月2日から5日までの公演で、
3000人近くの観客を動員しました。」

大阪憲法ミュージカル2016×明日の自由を守る若手弁護士の会 大阪支部 主催 『無音のレクイエム』 ~憲法カフェ編~

第1部 『無音のレクイエム』DVD・ダイジェスト版 上映

第2部 日本国憲法・解説編 1 立憲主義(前文、19条、21条、24条、97条、98条他) 2 平和主義(前文、9条) 3 民主主義(前文、1条、43条他)

第3部 ワールド・カフェ「考えてみよう『無音のレクイエム×憲法』と私」 憲法ミュージカルの出演者、原発賠償関西訴訟の原告の皆さま、 ご来場の皆さまに、『無音のレクイエム』のこと、憲法のこと、 その他いろいろおしゃべりをしていただければと思っています。

日時:2017年1月21日(土)午後1時30分~午後4時30分

場所:難波市民学習センター(OCATビル4階)


大阪憲法ミュージカル2016実行委員会と明日の自由を守る若手弁護士の会(あすわか)が連携し、 昨年公演された憲法ミュージカル「無音のレクイエム」のダイジェスト版を放映した後、 同ミ ュージカルの内容に沿って、あすわか弁護士が憲法カフェ風に解説を加えさせていただきます。 当日は、関西原発集団訴訟の原告の方々にもお越し頂き、ご発言頂くなど、憲法をテーマに多くの 方々と交流ができたらと考えています。 参加費は無料参加資格もございません。ぜひご参加下さいませ。


避難者のお話は、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表・
 原発賠償関西訴訟原告団代表の
森松明希子さん(福島→大阪)

【おはなし隊】は、
3.11避難者・被災者のお話し・講演情報を随時掲載しております。
情報をお寄せ下さい。
また、お話しの機会をご支援・ご提供くださいm(__)m

メール sandori2014@gmail.com

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月20日(金)3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまのための Free English Cafe&情報交換会 @梅田阪急三番街BF1 のご案内

3.11避難者と避難者に心を寄せてくださる皆さまへ

Free English Cafe のご案内です。
ご関心のある方々をご招待いたします。
英会話のスキルUPにご活用ください(^^)

日時:2017年1月20日(金) 

   13〜17時30分(途中入退場・可)

場所:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 梅田お客様サービスプラザ
大阪市北区芝田1丁目1番3号 阪急三番街 南館地下1F
 (避難者は「今」@5周年の展示会場と同じ場所です。)

タイムテーブル:

1:00-3:00 Free English Cafe with Evacuees and Friends

3:00-5:30 自由学習・情報交換のための交流会  

※English Cafe は講義無しで、できるだけ自由 chatting や、
できれば discussion ができましたら・・・

参加費:無 料
    コーヒー、お茶、お水のフリードリンク、セルフサービスです♪

参加対象者:3.11避難者と心を寄せてくださるFriends

お申込み: 特に不要です(定員15名)

お問合せ:sandori2014@gmail.com 
     サンドリ【英語で話し隊】係

主催:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (略称:サンドリ)

英会話イラスト

| 【避難者交流会】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者の報告】「福島原発事故、今とこれからを話す」@『1.17と3.11をつなぐ会』(2017年1月17日)

2014年6月、東京から神戸に移住した下澤さんのお話しをご本人に許可をいただき、
ここに掲載させていただきます。



【3.11避難者の報告】「福島原発事故、今とこれからを話す」@『1.17と3.11をつなぐ会』(2017年1月17日)

先日は誘われて、『1.17と3.11をつなぐ会』に参加してきました。
テーマは「福島原発事故、今とこれからを話す」
避難の経験を 話してきました。
私が参加したのは 、
3.11東日本大震災の被災者として
原発事故の避難者として
かな。
私、被災にあったのかな?多分。。
あれは災害だった?
私の周りには 何もなかったかのような 平和な日常が 毎日 繰り広げられていた 。ただ私の娘だけが 次第に次第に だんだんと 健康を失っていった。
私たちは もうこれ以上ここには住めないと思った。 家も土地も 手放して(売って)逃げ出してきた。 誰から確かに避難者ではあるんだろう。
私は故郷には帰れない。
放射能で汚されたから。
たいした汚れじゃない、これくらいの放射能は気にするな、て、言われるのかもしれない。
でも、私は 自分の子供を通して 肌身で感じてしまった 被曝というものの怖さを。
もう二度と311前に戻ることはない。
生まれ故郷の土にも、海にも、空にも放射能が降り注いでしまったから。
これほどまでに ひどい悲しいことが起きたけれど 、 私は故郷の人と 悲しみ 怒り悔やむことが できない。
私たちは今、嘘の中に生きている。
猛烈な勢いで放射能はないことに、 大丈夫なことにされている。
そうして、復興。
嘘の上の再生。
子どもたちは神戸市の学校に通ってるから、1.17の震災の日が 近づくとこの歌を毎年歌っている 私も覚えてしまった。
『しあわせ運べるように』
作詞・作曲 臼井 真
1.地震にも負けない 強い心をもって
  亡くなった方々のぶんも 毎日を大切に生きてゆこう
  傷ついた神戸を 元の姿にもどそう
  支え合う心と明日への 希望を胸に
  響きわたれぼくたちの歌 生まれ変わる神戸のまちに
  届けたいわたしたちの歌 しあわせ運べるように
いい歌です。希望の歌。
音楽も大好き。
311後の 私たちは 何に 負けないように すれば良いのでしょう。
何が敵なのでしょう。
汚れた土地はもう元に戻すことはできない 。
神戸のように元の姿に 戻そう、とすることは、出来ない。 汚染と共に何もないように生活していくことはできない。 それが何をもたらすのか 教えてくれる チェルノブイリ後を生きた人たちがいるのだから。
原子力災害は災害ではない 公害 、ですね。
人がもたらすものなんです。 起こした人が、加害者がいるんです。
加害者なら言うに決まっている、元に戻せる 、何も失ってなどいないって。
悲劇を悲劇として認めるわけがない。
今、加害者の側が、私達を支配してるから、当然、嘘が私達を支配する。
そして、私達もそれをすすんで受けいれてしまってる。
経済最優先で、原発というものを受けいれ続けてきた社会に、加害者側の論理は都合よくぴったりくるんでしょうね。
私は嘘がこわい。
私は、本当は、起きた事故を、一緒に嘆き、悲しみたい、怒りたい。
「なんというひどいことが起きたんだ」て。
そして、私達の命を、罪のない未来の命を、守ることに、みんなで向かいたい 。
神戸の人たちが、 支え合って困難を乗り越えてきたように 。
逃げるべきものは逃がし、汚染から命を守る方法があるならみんなで考えて、力を合わせて全力で実行する、何をおいても人間を守ろう、そんな私達であるなら、もうこわいものなど何もないのに、悲劇は悲劇ですらなくなるのに。
いつも祈るように願ってます。
復興という言葉が、再生という言葉が 使われるとするならば 、 それこそが私は 復興、再生、と、思う。
今の福島、また 日本にとって復興というのはもと通りの社会を取り戻すことではないのでしょう。 原発というものを 生み出し受け入れて来た社会とさよならして、 別な価値観を求める べきなんでしょう。それは、 私たち人間の命が一番大切、て価値。
とても当たり前でシンプルなのに、今そうではなくなっているそんなこと。
「人間の復興ですね、大切なのは人間です。
生き抜くことが大切です皆さん生きて来年も会いましょう。」
最後はそんな話になり終わりました。
私は移住の場所として神戸を選びながら、今まで 被災地としての神戸を意識したことがほとんどなく被災にあわれた方とのつながりもなかった。
当たり前にあった 幸せな日常が、大切なものが 断ち切られ、奪われる 悲しみを 知っている 方々は、いつも深くうなずきながら 時に共に怒りながら 話を聞いてくださいました。
私は安心して 話をすることができました。
放射能汚染のこと 被曝について 今の福島の、東日本のそれがいったいどれほどのものであるのか 、そして避難する事の意味、 きちんと話さなくては 伝わらないことがたくさんたくさんありました 。そこは、 私以外に避難者の方が 3人いらしてて( 皆福島県より)、一緒にお話しました。
猛烈に話し上手な パワフル森松さんが 分かりやすく話してくださり何やらホワイトボードにたくさん書きなぐりながらまとめて下さいました。
この写真はそれです(笑)

ホワイトボード



「 福島や避難の現状が 伝わっていない、知らなかった」と、怒りを込めて 話してくださいました。
東京の 友人にはいくら 起きたことを伝えても、 何か 驚いたり怒ったりと言う共感がもらえず、いつももどかしい気持ちでしたが、 ここでは 初めて会った方々なのに、あっという間に 気持ちを共有できた、 そんな気がしました。
あまり長くいられなかったのですが、本当に、短い時間でそれを感じました。
これからも、繋がっていけたら、て思います。
来年も来たいと思います。ダラダラと長いことすみません。ありがとうございました。


川柳

貴重なお話し、どうもありがとうございましたm(_ _)m

| おはなし隊 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年1月17日(火) 阪神・淡路大震災22周年メモリアル 1.17市民追悼のつどい「第4回 1.17と3.11をつなぐ会 」 13時より @神戸勤労会館(三宮)

全犠牲者の鎮魂を祈り「神戸・希望の鐘」を撞きましょう
神戸チラシ 1


2015年1月17日の日程

「早朝追悼のつどい」 5時30分より 諏訪山ヴィーナスブリッジ にて
神戸で天国に一番近い場所であるこの場所から被災者の復興と犠牲者の鎮魂を祈りましょう。

「1.17市民追悼のつどい」 10時より 神戸勤労会館 2階 多目的ホール
阪神淡路大震災から22年。 福島原発事故、今とこれからを話す会
僧侶3名による「声明(しょうみょう)と琵琶(筑前琵琶奏者 川村旭芳) の音楽法要」はこの「市民追悼のつどい」でしか観ることはできません。
是非ともご参列下さいますようお待ちしております。

「第4回 1.17と3.11をつなぐ会 」

13時より
◇ 関西への避難者 と 1.17被災者の住宅事情、避難ママの心からの叫びなど、
そして支援者も含め、全ての参加者と交流します。

全ての被災者がつながる事により、
更なるステップを踏んで歩んで行く希望へとつないで行く場にしたいと思っています。

たくさんの方の参加をお持ちしています。


◇ミュージックセラピー 15時ごろの予定
阪神淡路大震災をきっかけに22年継続している活動です。音楽には心を開く力がある事を活動してきた中で確信しています。
参加された皆さんと一緒にセッションを行うことで心ひとつになって戴ければと思っています。

1995年1月17日阪神淡路大震災から22年目の2017年1月17日 の一日を みんなで集って繋がって記念の日にしましょう。
どの時間から参加されても構いません。
避難者の方で午前の1.17市民追悼のつどい、そして午後の交流会に参加される方は岡部までお知らせ下さい。
避難者の方で参加できる方は交通費はお渡ししたいと思います。
連絡お待ちしています。

避難者の方で声を聴かせて頂ける方

maki-kunn@nifty.com  岡部パソコン
又は
090-3707-8738 岡部携帯 へご連絡下さい。

一人でもおおくの方の生の声をお聴かせ下さい。連絡をお待ちしています(_^_)

1.17と3.11をつなぐ会 岡部眞紀子

≫ Read More

| おはなし隊 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT