東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セミナー「福島県を含む汚染都県における周産期死亡の増加について」


「周産期死亡率が、福島とその近隣5県で原発事故から10か月後より、
急に15.6%増加 している」と国際的医学雑誌に論文掲載されました。

セミナーでは論文共著者のDrから周産期死亡の増加について
わかりやすく説明していただきます。
ご支援よろしくお願いします。 是非お越しください。

【セミナー】
「福島県を含む汚染都県における周産期死亡の増加について」
     [医療問題研究会Dr(論文共著者)]

【お話会】
「 福島の最近の様子 」(仮題)
     [避難後、福島に帰郷された原発事故被災者のお話](予定)

******************************
2016年11月27日(日) 13:30~15:30
京都文教大学内(恵光館1F)[宇治市槙島町千足80]
(近鉄向島駅から徒歩15分)
******************************
【参加費】一般 700 円・サポーター会員500円・避難者無料


健康相談会セミナー

| まなび隊 | 01:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者川柳No.283】「じわじわと 被曝で弱る 我が体」PN 私、もうダメかも。。 さん

【3.11避難者川柳No.283】

「じわじわと 被曝で弱る 我が体」
               PN 私、もうダメかも。。 さん

20160919


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

| 【避難者川柳5・7・5】 | 00:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者川柳No.282】「水道水 今でも出てる 放射能」PN 常に内部被曝させられている さん

【3.11避難者川柳No.282】

「水道水 今でも出てる 放射能」
               PN 常に内部被曝させられている さん

20160919


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

| 【避難者川柳5・7・5】 | 00:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者の感想】10.29菅谷昭さん(医師・現松本市長)講演会を聞いて

20161029 菅谷市長

10月29日(土)「子どもたちを守るために ~チェルノブイリの30年とフクシマのこれから~」
菅谷昭さん(医師・現松本市長)講演会@尼崎市立小田公民館


会場には関西圏に避難した避難者もたくさん参加していました。
会場は溢れんばかりの人、人、人!
ご企画くださった尼崎市民はじめ関西の皆様に感謝です。

地区病院長の男性医師:「ベラルーシでは汚染地の子どもたち
毎年1か月程度の健康保養を、
国の責任として
無料で実施
しています。

日本では何故そのような国家的プロジェクトを実施していないのか


・・・全く同感!!ずっと被災当事者である私も訴え続けていますが、
まだ国策で保養のシステム的導入はなされていませんね。。。

『「国家は人々に対して背を向けてはいけません」ときっぱり!
果して日本は一体どうでしょうか。』


ソフトリーな語り口の菅谷市長ではありますが、
きちんというべきことは言う、ぶれない視点で示唆に富む数々のご発言に感銘を受けました。
言うべきことを臆することなく発言し、
向かう方向性が明確であれば、
住民の命や健康はより守られる・・・
そのように感じました。

講演会では放射能汚染地からの避難者が2名質問もしました。菅谷市長の真摯なお応えにも心打たれました。
講演会後の意見交流会にも参加させていただき、
東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)のブックレットをぜひお読みくださいとお願いしてお渡ししたら、
しっかり読みますと快く受け取ってくださいました。

安定ヨウ素剤の配布について参加者からの質問もあり
関西周辺の住民の皆様の関心の高さにも感動しました。

尼崎市長にも「具体的に災害時に何が起こるのか具体的に書いてあります」と
あいさつだけでなく講演を最後まで聞かれていた尼崎市長にも献本させていただきました。

自治体のトップ同士がこうして具体的に意見交換を開かれた空間かつ市民の目の前でなされることは、
防災の観点からも非常に心強い事だと思いました。
一般市民に近いところで声を聴いてくださる姿勢を示され続ける両市長に感謝と敬意を表します。

講演後も
市民に近いところで、より多くの人々の声に真摯に耳を傾ける菅谷市長。
意見交換会での〆のご挨拶でも講演会では聞けないお話も聞かれ、
私は心底松本市民の皆さまがうらやましいなと思いました。
松本に住みたいな(市長の姿勢で人口増える!逆もまたあるということ・・・)
菅谷市長のような方が福島県知事であったら、
きっと県主導で国家プロジェクトとして、避難・保養が制度化され、
不平等なく住民は被ばくを避けられるだろうと思いました。

「避難」は「保養」の最たるものだと私は思っています。
どうか避難を続けたい人々が避難を続けられますよう、
全国民の皆さまのお力をお貸しください。

【3.11避難者の感想】 森松明希子(福島→大阪・母子避難)

| まなび隊 | 23:59 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月29日「さよなら-みちのくだんわ室」のご案内

20161029 さようならみちのくだんわ室

暮らしサポート隊さまよりご案内です。

忙しく秋になりました。

10月29日に「さよなら-みちのくだんわ室」を開催いたします。
開催案内を添付いたします。

会場( 神戸市庁舎24階の展望喫茶・UCCカフェコンフォート )に

少し余裕がありますので、非避難者の方も、ご参加ください。

★『 みちのくだんわ室 記録誌3
― 震災から6年めを迎えての想い
総集編2011.6.~2016.5. 』
( B5 サイズ 250頁 総カラー版 )


が、完成いたします。

当日、ご覧ください。

| ささえ隊 | 02:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月29日(土)「子どもたちを守るために ~チェルノブイリの30年とフクシマのこれから~」菅谷昭さん(医師・現松本市長)講演会@尼崎市立小田公民館

20161029菅谷医師講演会

日時 10月29日(土曜日) 午後2時~午後4時30分まで

会場 尼崎市立小田公民館 1階多目的ホール

参加費 1,000円(ただし、学生・避難者は半額

主催 さいなら原発尼崎住民の会

| まなび隊 | 00:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者川柳No.281】「成人病 福島キッズ 増えていく」PN 外で遊べないから さん

【3.11避難者川柳No.281】

「成人病 福島キッズ 増えていく」
               PN 外で遊べないから さん

20160919


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

| 【避難者川柳5・7・5】 | 00:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3.11避難者川柳No.280】「線量計 3割り減で 表示する」PN 本当の数値をちゃんと表示してください さん

【3.11避難者川柳No.280】

「線量計 3割り減で 表示する」
               PN 本当の数値をちゃんと表示してください さん

20160919


こちらのフォームから受付ています。
(コチラをクリックしたらフォーム画面になります。)
↓↓↓
避難者あるある575へ投稿する!

※お名前・メールアドレス・ペンネーム・575を書いて確認を押してくださいね!

なお、投稿された内容は「575」と「ペンネーム」のみを公開いたします。
お名前は厳重にこちらで管理させていただきます。

ブログはもちろん、ブースや展示会、発行物等で 5・7・5 の避難者アピールができたらと思っております。

ご協力よろしくお願いいたします。

避難させているご家族、避難したいと思っている方でももちろん大歓迎です!

趣旨をご理解下さいまして、ふだん伝えることのできない声なき声を、
届けてみませんか?

お問い合わせはこちらまで

サンドリ・避難者あるある5・7・5係
sandori2014@gmail.com

避難者あるある画像a

| 【避難者川柳5・7・5】 | 00:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【動画】20161026 UPLAN 原発事故被害者とともに立ち上がろう!;原発事故被害者の救済を求める全国運動請願署名提出集会


【動画】20161026 UPLAN 原発事故被害者とともに立ち上がろう!;原発事故被害者の救済を求める全国運動請願署名提出集会
2016/10/26 に公開
【原発事故被害者救済を求める全国運動】
原発事故被害者の救済を求める全国運動では第三期請願署名を取組み以下の請願内容を国会に届け、動かすよう活動してきました。約20万筆の署名が届いています。
第三期請願署名内容
1.原発事故避難者の無償住宅支援の継続を求めます。
2.住民の意向を無視した、早期の避難指示区域の解除と賠償の打ち切り方針の撤回を求めます。最低限、国際的な勧告に基づく公衆の被ばく限度である年1ミリシーベルトを満たすまで賠償や支援を継続すべきです。
3.福島県内外における健診の充実・拡大と医療費の減免を求めます。
原発事故被害者は更に追い詰められています。
・来年3月に迫った住宅支援の打ち切りを前に、追いつめられる自主避難者たち。
・帰還困難区域を除く全ての避難指示を解除し、賠償を打ち切り、被害者を消し去ろうとしています
・福島県では、甲状腺がんまたは疑いの子どもたちが170人を超えています。それなのに、検査の縮小すらとりざたされています。
健康に安心して生きる権利をすべての被害者に!
原発事故被害者とともに、立ち上がりましょう!
国や福島県を私たちの声で動かそう!
・全国運動より運動の現状報告
・国会議員に署名提出
・各団体から発言自主避難者・賠償打ち切り関連・甲状腺検診を取組んでいる団体
・国会議員からの報告
・当事者と国会議員の討論?国会審議における取り組みを中心に


(記事引用)https://www.youtube.com/watch?v=i8GUCuzOLy8

UPLANさんの三輪記者さん、いつも動画配信、感謝ですm(__)m

2016年10月26日(水) 13:30 - 16:30原発事故被害者とともに立ち上がろう! 請願署名提出集会
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1285.html

| おはなし隊 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【動画】20161026 UPLAN 長期避難者の住宅支援制度の充実に向けて~それぞれの選択を尊重した施策の重要性~


20161026 UPLAN 長期避難者の住宅支援制度の充実に向けて~それぞれの選択を尊重した施策の重要性~

2016/10/26 に公開
【日本弁護士連合会】
福島原発事故から5年半が経過した現在、避難等対象区域以外からの避難者は、今なお3万人を超えると報道されています。
国及び福島県は、現在の住宅支援施策を2017年3月末で打ち切る方針としていますが、避難者の方々の意向調査などでは、多くの方々が避難を継続するための住宅支援に不安や悩みを抱えていることが明らかとなっています。
避難者の方々のそれぞれの選択を尊重した施策の重要性を明らかにし、あるべき長期避難者の住宅支援制度を考えます。
内容:
(1)基調報告1関弁連「一斉電話相談ウィーク」から分かること
(2)基調報告2長期避難者の実情と各自治体の取組と課題
(3)当事者からの訴え
(4)会場発言・質疑応答
(5)国会議員からの御挨拶
(6)まとめ


(記事引用)https://www.youtube.com/watch?v=pZeQuFNCOts

UPLANさんの三輪記者さん、いつも動画配信、感謝ですm(__)m

10月26日(水)午前11時30分~福島原発事故から5年半が経過・・・
日弁連主催の院内学習会『長期避難者の住宅支援制度の充実に向けて
~それぞれの選択を尊重した施策の重要性~』@衆議院第1議員会館
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1272.html

| おはなし隊 | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT