東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (サンドリと呼ばれてます)

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【東日本大震災5周年 避難者の声 NO.6 】一児の母さん     (福島県→大阪府)

【東日本大震災5周年 避難者の声 NO.6】一児の母さん
                     (福島県→大阪府)

私の子どもは様々なアレルギーがあります。

普通一般的に、蕎麦アレルギーの人は蕎麦を避け、卵アレルギーの人は卵を避けます。
なぜなら、摂取するとショック症状を起こしてしまうからです。
アレルギーの中でも、少しなら食べられるという人もいれば、微量でも死に至る人もいて程度は人それぞれです。

私の子どもは食物の他に、花粉、金属、化学物質アレルギーがあります。

今回皆さんにお伝えしたいのは、あまり知られていない放射性物質によるアレルギー症状です。
蕎麦や卵、小麦などなら誰でも知っているアレルギーですが、放射性物質に関してはなかなか世の中の人たちに知ってもらうことができません。

血液検査などで『蕎麦』『卵』『スギ・ヒノキ』…などの項目はありますが、『放射性セシウム』などの項目はありません。
放射性物質の項目があったらすぐに分かってもらえるのに…といつも思います。

我が子は、放射性物質に触れると様々な症状が出ます。
年に一度、福島に帰省する時はいつも決まって鼻血、口内炎、下痢、そして咳が止まらなくなります。リンパも腫れます。肌が露出している部分は赤い湿疹となり、次第に化膿しグジュグジュになってしまいます。
放射性物質によるアレルギー反応を起こすのです。

花粉症はよくコップの水に例えられます。個人の持つ体内のコップの大きさは大小様々ですが、それがいつの日か満タンになって溢れた時に花粉症となって症状があらわれると聞きます。

原発事故当初、今とは比にならないほどの大量の放射性物質が漏れ出し、放出されました。私たちは知らずにそれを吸い込み、浴びてしまいました。
私たちの放射性物質の体内のコップは、もうすでにいっぱいになり溢れています。

原発事故から5年になりますが、いまだ多数の避難者が存在しています。おそらくその人たちも何かしらの症状があり避難し、いまだ帰れずにいるのだと思います。

今、国は、熱心に福島に帰るよう帰還を促しています。
以前より線量が下がったとか、除染が進んだなどと説明していますが、そんなことでは済まない話です。

問題なのは『そこに放射性物質があるかどうか』なのです。本来、決して外に出てはいけないはずのものが、ほんの少しでも外に出てしまったことが大問題であり、今後それらは半永久的に消えることはありません。
量が減ったから大丈夫などと話をすり替えてはいけません。
たとえ微量であってもアレルギー症状は起こります。
微量どころか、今現在も生活空間に大量の放射性物質が存在しています。
除染したところでその汚染物質の行き場も無いのが現状です。

アレルギー症状が出た時、また、ショック症状が出たら一体どうするのでしょう?
全ては自己責任になってしまいます。

そのような状況で帰還しろということは、蕎麦アレルギーの人に蕎麦を食べろ!、卵アレルギーの人に卵を食べろ!と言っているのと同じことです。
もし私が子どもにそんなことをしたら、それは虐待にあたるのではないか?とさえ思います。

放射性物質アレルギーの人に対して福島に帰還しろ!などという殺人的な呼び掛けは、もういい加減やめにしませんか?『アナフィラキシー』キャンペーンを推し進めることは罪を犯すこととなんらかわりありません。

                    (2016年2月18日執筆)

| 【東日本大震災5周年企画】 | 15:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年4月16日(土)13:00〜「近くの原発が動き始めた・・・私たちの防災教育」小出裕章さん&守田敏也さんご講演@京都桂川3階イオンホール

たくさんの3.11避難者が頼りにしているお二方のご講演です。
より多くの方々に聞いて頂きたいお話しです。
できるだけ沢山の方々にお知らせくださいm(_ _)m

4月16日、小出裕章さん、守田敏也さんのお二人の講演会を桂川イオンのイオンホールで開催します。長年、京大原子炉実験所で研究、原発の問題を訴え続けてこられた小出さん、「原発からのいのちの守り方」という本を書かれ、原発事故だけでなく、危険に対してどう向き合えばいいのかを具体的に教えて下さる守田さんのお話は、ぜひ、皆さんに聴いていただきたいと思います。

■日 時:4月16日(土)13:00~15:00(開場12:40)

■会 場:イオンモール京都桂川 3階イオンホール

■講 師:小出裕章(こいで ひろあき)さん
     守田敏也(もりた としや)さん

■参加費:前売り/800円 当日/1000円(学生/800円・東日本大震災によって避難されている方/800円)
前売り券をご希望の方は、下記の(A)(B)どちらかの方法で指定口座に[800円]をお振込み(4/12までのご入金)の上、控えを前売り券として当日ご持参ください。

ゆうちょ銀行 口座名義 「生活協同組合コープ自然派京都」
(A)ゆうちょ口座間の送金/ 記号009102 番号299196
(B)他銀行からのお振込/ 099支店 当座 番号299196
※お振込はお申込み名義でお願いします。また、振込手数料はご負担をお願いいたします。
※お振込後のキャンセル等はお受け出来ませんのでご了承ください。

■イベントID:0616965

■主催:ミンナソラノシタ・コープ自然派京都・まこと幼稚園

----------------------------------
 お問い合わせ・お申し込み(組合員以外の方)
----------------------------------
 0120-808-900(コープ自然派京都事務局)
       受付時間/月~金 9時~19時

----------------------------------
 お問い合わせ・お申し込み(組合員の方)
----------------------------------
<24時間受付> FAX : 0742-93-4485
        mail : shizenha_kyoto@shizenha.co.jp
<月~金8:30~20:00> フリーダイアル:0120-408-300
           (携帯・IPフォン:088-603-0080)
▼お申込み時①~⑦をお伝えください。
①イベントID 
②参加者氏名 
③組合員コード 
④参加人数
⑤連絡先   
⑥託児(名前・年齢・性別)


引用記事 https://www.facebook.com/events/108395789558470/

| まなび隊 | 09:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年4月16日(土)「ふつうの暮らし 避難の権利 つかもう安心の未来」(原発倍賞関西訴訟)裁判の訴訟学習会のおしらせ@大阪弁護士会館

………… 訴訟学習会のご案内…………

KANSAIサポーターズでは、毎月第3土曜日に訴訟学習会を開催しています。
4月16日(土)の訴訟学習会は

「国らの津波対策不備に基づく法的責任について」という内容で
坂本哲弁護士にお話ししていただきます。


■日時■
2016年4月16日(土)
13時〜14時

■場所■
大阪弁護士会館 903号室
大阪市北区西天満1−12−5

■参加費■
原告の方々や避難者の方    無料
サポーター(テキスト代として) 200円

■ご予約・お問合せ■
kansaisapo☆gmail.com (←☆を@に置き換えて下さい)
上記に参加者される方の氏名をお書きの上、
お申込みください。
当日の連絡先 → 090-8191-7027(久一)

■今回の内容■
「国らの津波対策不備に基づく法的責任について」
講師:坂本哲 弁護士

| まなび隊 | 02:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月16日(土)午後2時~「福島第一原発メルトダウンまでの50年-事故調査委員会も素通りした未解明問題」著者の烏賀陽弘道さん講演会@兵庫県弁護士会

4月16日(土)午後2時~兵庫県弁護士会館にて
ジャーナリストの烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)さんによる講演会

最近発売された
「福島第一原発メルトダウンまでの50年-事故調査委員会も素通りした未解明問題」
の著者です。

烏賀陽さんには、
・事故原因(なぜメルトダウンしたのか。その原因は、ECCS起動しなかったことにあるというもの)
・原発黎明期の無法(過去50年遡る)
を中心にお話しいただくことを予定

事前申し込み不要、入場無料

主催:兵庫県弁護士会
20160416講演会

| まなび隊 | 01:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月16日14時~ふしはらのじこさんを囲むお話会@クロスパル高槻

「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本     
     一周年のつどい 

    
 ~ふしはらのじこさんを囲むお話会~

4月16日(土)高槻市立総合市民交流センター6階第6会議室 
クロスパル高槻(JR高槻駅南口東となり) 
開場 13:30
開演 14:00~17:00

第1部
14:00~14:45 報告会
    ・代表挨拶        
    ・支える会・西日本活動報告      
    ・井戸弁護士より裁判期日報告              

第二部
14:50~16:20 伏原さんのお話

第三部
16:30~17:00 原告の声
     ・原告の自己紹介と近況そして思い
     ・井戸弁護士を囲んで原告と裁判を語る     

交流会 17:20~19:00 同会場にて    
     ・交流会参加費 2000円

引用→http://kodomodatu.jugem.jp/?day=20160402

主催 「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本

20160416ふしはらのじこ

| まなび隊 | 00:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |