FC2ブログ

Entries

【神戸新聞】原発避難者の声を届けたい 県内避難者ら展示会 2016.2.15

原発避難者の声を届けたい 県内避難者ら展示会
 (神戸新聞 2016.2.15)

「私たちの5年間を知ってほしい」。福島原発事故で関西に避難した人たちの声を展示する催しが3月1日から大阪・梅田で始まる。期間中、兵庫県内の避難者を囲む座談会もある。

 避難者の自助グループ「Thanks&Dream」が主催。伊丹市出身で代表の森松明希子さん(42)は乳幼児2人を連れ、福島県郡山市から大阪市へ母子避難した。「夫と離れての二重生活など問題は山積みなのに最近は帰還政策ばかりが目につき、不安は募るばかり。現状を少しでも知って」と話す。

 会場には避難者らの切実な声や、慣れない関西での生活を短歌にした子どもたちの作品などを展示する。

 3月11日まで。連日午後1~3時に避難者を交えた座談会も。会場は阪急三番街南館地下1階のSMBCコンシューマーファイナンス梅田お客様サービスプラザ。無料。午前10時~午後6時(土日休み)。(鈴木久仁子)

 (引用記事)http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008806858.shtml

20160215 5周年 梅田トーク&展示 告知記事

【神戸新聞NEXT】愛と勇気の物語 原発避難者らがミュージカル 2016/2/15 10:57

愛と勇気の物語 原発避難者らがミュージカル

2016/2/15 10:57神戸新聞NEXT


2016/2/15 10:57神戸新聞NEXT


東京電力福島第1原発事故の避難者や、東日本大震災の津波で親を亡くした子どもたちが出演するコーラスミュージカルが4月2日、芦屋市で開かれる。「やさしい故郷の日々は今もなお心の支え~愛(いと)しいわが子よ、未来の子よ…」。5年間の思いを歌詞にのせ、練習にも熱が入っている。(鈴木久仁子)

 指導するのは芦屋市の声楽家檀美知生さん(69)と元教諭の村嶋由紀子さん(68)夫婦。東日本大震災後に「私の好きなこの街復興支援プロジェクト」を立ち上げ、岩手県陸前高田市の子どもたちとミュージカルを上演した。以来、音楽を通した交流を続けている。

 タイトルは「雪の女王」。アンデルセン原作の童話をもとに、村嶋さんが脚本にし、演出する。物語は放射能汚染をさせた人間に怒り、雪の女王が子どもをさらったところから始まる。わが子を取り戻そうとする母親たちの波乱の旅。テーマは壮大だが、コミカルな演技や美しいコーラスで誰もが楽しめる内容だ。

 昨年1月、芦屋市で開いたミュージカルに関西への避難者を招待したところ、「私たちもやってみたい」と声が上がった。出演者約50人のうち、福島などからの避難家族6組がステージに立つ。陸前高田で一緒に舞台をつくり上げた小学生の遺児ら5人も本番に合流し、声を合わせる。

 茨城県から神戸市北区に避難している橋本陽子さんは「生活は大きく変わり、孤独だった。参加できてうれしい。ここに来て友達もできた」と話す。

 村嶋さんは「母子避難している母親の強い気持ちに触れて心が動き、脚本を仕上げた。愛と勇気の物語。ぜひ見に来て」と話す。

 午後3時開演。芦屋市業平町の芦屋市民センター・ルナホール。前売り一般2500円、学生1500円(当日300円増)。避難者一般500円。小中高300円。村嶋さんTEL090・9116・8122

(引用記事)http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201602/0008806738.shtml

【The Mainichi】February 15, 2016 (Mainichi Japan)Fukushima nuclear disaster evacuees establish liaison group for lawsuit plaintiffs

Fukushima nuclear disaster evacuees establish liaison group for lawsuit plaintiffs

February 15, 2016 (Mainichi Japan)

http://mainichi.jp/english/articles/20160215/p2a/00m/0na/019000c

The plaintiffs in group lawsuits filed by Fukushima Prefecture evacuees against the national government and Tokyo Electric Power Co. in courts around the country for damages from the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant disaster met on Feb. 13 to set up a "nationwide liaison group of nuclear victim lawsuit plaintiffs" in order to establish communication.

Member plaintiffs expressed their intent to observe each other's court proceedings and submit statements to courts calling for fair hearings, as well as to conduct group negotiations with the national government and other entities that call for long-term economic policies for evacuees, such as the continuation of free-of-charge housing.

According to the liaison group, there are a total of around 30 different group lawsuits across the country calling for objectives including pain and suffering damages related to the evacuation, as well as restoring air radiation levels to those that existed prior to the nuclear disaster.

The number of plaintiffs in these cases exceeds 10,000, among which around 9,700 have joined the nationwide liaison group, representing a total of 21 different plaintiffs groups.

Around 180 people attended a meeting that was held in Tokyo on the occasion of the liaison group's establishment.

Akiko Morimatsu, 42 -- a co-organizer of the liaison group who evacuated from the city of Koriyama, Fukushima Prefecture, after the nuclear disaster to the city of Osaka, where she has continued to live with her children -- commented, "By coming together and transcending the differences in our circumstances, such as whether or not we evacuated (from Fukushima Prefecture), as well as the location of our evacuation, we plan to make our appeals known widely throughout society."


福島第1原発事故 避難者訴訟 原告団が連絡会

毎日新聞2016年2月14日 東京朝刊

東京電力福島第1原発事故による福島県の避難者らが、全国の避難先などの裁判所で国や東電に損害賠償などを求めている集団訴訟の原告団が13日、連携を図るため「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」を結成した。互いの裁判を傍聴したり適正な審理を求める声明を裁判所に提出したりするほか、避難者への住宅無償提供の継続など長期的な救済策を求め国などと団体交渉する方針。

 連絡会によると、避難に伴う慰謝料や空間放射線量を原発事故前に戻す原状回復などを求める集団訴訟は全国で約30件あり、原告の総数は1万人を超える。このうち連絡会には21原告団の約9700人が参加した。

 東京都内で開いた結成集会には約180人が出席。福島県郡山市から大阪市で母子避難を続け、連絡会の共同代表になった森松明希子さん(42)は「避難の有無や避難場所など互いの立場の違いを乗り越え団結することで、訴えを広く社会に発信していきたい」と話した。【土江洋範】

(記事引用)http://mainichi.jp/articles/20160214/ddm/041/040/094000c

Appendix

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

サンドリ2014

Extra

振込先

ゆうちょ銀行  
記号 14170 番号 58568201 加入者名  東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream (ヒガシニホンダイシンサイヒナンシャノカイサンクスアンドドリーム)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


アクセス数

まとめプラグイン

01 | 2016/02 [GO]| 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

カテゴリ一覧 最新記事一覧 コメント一覧 トラックバック一覧
[カテゴリ一覧]
WEBコンサルティングのバンブーウエイブ

検索フォーム